157件中 31 - 40件表示
  • ハビ・ゲレーロ

    ハビ・ゲレーロから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    レアル・マドリードの下部組織出身。1996-97シーズンはレアル・マドリードBでセグンダ・ディビション(2部)の24試合に出場して6得点したが、クラブはセグンダ・ディビションB(3部)に降格した。1997-98シーズンはセグンダ・ディビションのレアル・ハエンにレンタル移籍したが、ほとんど試合には出場せず、またもや降格を経験した。その後アルバセテBPに完全移籍し、2000-01シーズンにはセグンダで14得点した。2001年にはラシン・サンタンデールに移籍し、10得点でプリメーラ・ディビション(1部)昇格に貢献した。2002-03シーズンには15得点した。これが現在までの最高成績で、得点ランキング7位にはいった。ラシン・サンタンデールでは4シーズンで44得点した。2005年にはセルタ・デ・ビーゴに移籍したが、19試合中16試合が途中出場で、シーズン無得点に終わった。その後加入したレクレアティーボ・ウエルバでは、途中出場がメインながらも2006-07シーズンは7得点、2007-08シーズンは5得点とまずまずの成績を残した。2008-09シーズンはハビエル・カムーニャスらの控えとして2得点したが、20位でセグンダ・ディビションに降格した。2009年夏、セグンダ・ディビションのUDラス・パルマスへ移籍した。ハビ・ゲレーロ フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・ピニジョス

    パブロ・ピニジョスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2005年夏、レバンテUD時代の恩師マヌエル・プレシアード監督が率いるラシン・サンタンデールに移籍。守備陣に不可欠な選手となり、キャプテンも任された。2007-08シーズンにはリーグ戦でディフェンダー最多の32試合(2716分)に出場し、6位となって歴史的なUEFAカップの出場権獲得に携わった。2008-09シーズン、34歳のピニージョスはリーグ戦で29試合に出場し、UEFAカップでは3試合に出場した。2009年4月のアスレティック・ビルバオ戦(1-2)でプリメーラ・ディビション初得点となるPKを決めた。2009-10シーズンは23試合に出場し、2010-11シーズンはリーグ戦20試合に出場(先発は19試合)した。2010年9月23日のセビージャFC戦(1-1)では開幕から3連勝の相手に対して引き分けに持ち込む同点弾を決め、2011年2月のヘタフェCF戦(1-0)では決勝点となるPKを決めた。ラシン・サンタンデールでは6シーズンで公式戦通算189試合に出場し、全クラブ通算ではプリメーラ・ディビシオンとセグンダ・ディビシオン合わせて354試合に出場した。2011年7月上旬、37歳にして現役引退を発表し、同時にラシン・サンタンデールのコーチ就任を発表した。パブロ・ピニジョス フレッシュアイペディアより)

  • ビクトール・サンチェス

    ビクトール・サンチェスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    1998-99シーズンにラシン・サンタンデールに移籍し、35試合に出場して12得点を記録した。1999年、ハビエル・イルレタ監督のいたデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍し、2006年まで在籍した。初年度の1999-2000シーズンはリーグタイトルとスーペルコパを獲得した。2001-02シーズンは決勝でレアル・マドリードを破ってコパ・デル・レイのタイトルを獲得し、さらにスーペルコパでも優勝した。デポルティーボでは7シーズンで210試合に出場した。ビクトール・サンチェス フレッシュアイペディアより)

  • クマ・エルハジ・ババカル

    クマ・エルハジ・ババカルから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2012年1月31日、ラシン・サンタンデールにレンタル移籍した。クマ・エルハジ・ババカル フレッシュアイペディアより)

  • CDミランデス

    CDミランデスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2011-12シーズンは開幕から833分間失点を許さず、17節までシーズン無敗を継続した。同シーズンのコパ・デル・レイではラウンド32でプリメーラ・ディビシオン(1部)のビジャレアルCFを倒すと、ラウンド16では同じくプリメーラ・ディビシオンのラシン・サンタンデールを、準々決勝ではやはりプリメーラ・ディビシオンのRCDエスパニョールを撃破し、準決勝に駒を進めた。セグンダ・ディビシオンB所属のクラブが準決勝に到達するのは2001-02シーズンのUEフィゲラス以来であり、大会史上2度目の快挙だった。CDミランデス フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・バラル

    ダビド・バラルから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2011年10月22日、2011-12シーズン第9節のラーヨ・バジェカーノ戦(2-0)では試合開始早々に得点し、シーズン初白星獲得に貢献した。2012年2月25日のラシン・サンタンデール戦ではゴール正面からの直接フリーキックを豪快に叩きこんだ。ダビド・バラル フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサーロ・コルサ

    ゴンサーロ・コルサから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    1997-98シーズンにラシン・サンタンデールでデビューし、このシーズンは1試合に出場した。1999年にはセグンダ・ディビシオンのCDログロニェスにレンタル移籍し、5試合に出場した。ラシンに復帰して2年目の1999-2000シーズンはリーグ戦の半分近くの試合に先発出場し、2000-01シーズンは途中出場が多いながらも3得点した。このシーズンでチームが降格してしまい、2001-02シーズンはセグンダ・ディビシオンのアトレティコ・マドリードでプレーした。アトレティコからレンタル移籍したレアル・バリャドリード、RCDマヨルカではいずれも30試合以上に出場し、チームの中心を担った。2006年にラシン・サンタンデールに復帰し、2007-08シーズンは全38試合に出場した。2008-09シーズンは34試合に出場した。ゴンサーロ・コルサ フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ジェステ

    フランシスコ・ジェステから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    ビスカヤ県・バサウリに生まれ、アスレティック・ビルバオの下部組織(レサマ)で育った。サードチームであるCDバスコニア、セカンドチームであるビルバオ・アスレティックと昇格していき、1999年2月7日のラシン・サンタンデール戦でフル出場してトップチームデビューした。1998-99シーズンはトップチームで計14試合に出場したが、1999-2000シーズンは主にビルバオ・アスレティックの試合に出場。1999年4月にはナイジェリアで開催されたFIFAワールドユース選手権に出場した。クラブでもともに戦うダニエル・アランスビアやパブロ・オルバイスらとともに参加し、決勝でU-20日本代表を破って優勝した。2000-01シーズンにはトップチームでレギュラーの座を獲得し、2000年12月10日のレアル・オビエド戦(4-0)での2得点を含む6得点を挙げた。2003-04シーズンは自己ベストのリーグ戦11得点を挙げ、UEFAカップ出場権を得る5位でシーズンを終えた。2004-05シーズン途中にスペイン代表に初招集されたが出場機会はなかった。この頃は負傷することも多かったが、顕著に出場し続け、2006-07シーズンはリーグ戦全38試合出場5得点の成績で17位での降格回避に携わった。フランシスコ・ジェステ フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・アロンソ・メンドーサ

    マルコス・アロンソ・メンドーサから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    レアル・マドリードの下部組織出身であり、2008年にレアル・マドリード・カスティージャの一員となる。2010年4月4日、ラシン・サンタンデール戦にてトップチームデビューを果たした。マルコス・アロンソ・メンドーサ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリオ・バティスタ

    ジュリオ・バティスタから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2003年8月3日、175万ユーロ(375万ドル)の移籍金でリーガ・エスパニョーラのセビージャに移籍。背番号19のユニフォームを受け取り、攻撃的ミッドフィールダーのポジションで起用された。すぐにチームになじみ、アウェーでのラシン・サンタンデール戦 (4-0) では2得点を挙げた。シーズンが進んでも好調を維持し、レバンテ戦でも2得点を挙げ、ホームでのラシン・サンタンデール戦 (5-2) では4得点と爆発した。2003-04シーズンは25得点で得点王になったロナウドに次ぐ20得点を叩き出し、アーセナルなどいくつかのビッグクラブの興味を引いたが、2004年夏はセビージャに残留した。2004-05シーズンは得点ランク5位の18得点(公式戦通算25得点)を挙げ、再び自らの価値を示した。2003年の加入から2005年の間に公式戦81試合に出場して50得点を挙げ、2005年夏にはレアル・マドリードとアーセナルが争奪戦を繰り広げた。ジュリオ・バティスタ フレッシュアイペディアより)

157件中 31 - 40件表示

「ラシン・サンタンデール」のニューストピックワード