157件中 41 - 50件表示
  • マルク・トレホン

    マルク・トレホンから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2009年7月19日、移籍金150万ユーロ(約2億円)の4年契約でラシン・サンタンデールへ移籍した。2009-10シーズンは同い年のエンリケと主にコンビを組み、チームのセンターバック陣最多の27試合に出場した。2010-11シーズンも引き続きDFラインの主軸として36試合に出場。10月31日のCAオサスナ戦では移籍後初ゴールを決めた。マルク・トレホン フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ベルメホ

    マリオ・ベルメホから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    1996年にプリメーラ・ディビシオン(1部)のラシン・サンタンデールでデビューし、そのシーズンは1試合に出場した。1996-97シーズンはBチームで過ごし、父親がバスク人であったためにアスレティック・ビルバオに完全移籍した。1997-98シーズンのリーグ戦は1試合に出場し、UEFAカップのUCサンプドリア戦にも出場した。1998-99シーズンはセグンダ・ディビシオン(2部)のSDエイバルでプレーし、プロ初得点を決めた。その後3シーズンはセグンダ・ディビシオンB(3部)以下のリーグでプレーし、2002年、プリメーラ・ディビシオン昇格組のレクレアティーボ・ウェルバに完全移籍した。2002-03シーズンは28試合に出場したが、18位でセグンダ・ディビシオンに降格した。2003-04シーズンもチームに残ったが出場機会は減少し、結局レクレアティーボの2シーズンは無得点に終わった。マリオ・ベルメホ フレッシュアイペディアより)

  • ステファヌ・ダルマ

    ステファヌ・ダルマから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2000年、イタリアの強豪・インテルへと移籍。インテルでは度重なる怪我と選手層の厚さから出場機会に恵まれず、2度のレンタル(トッテナム・ホットスパーFCとトゥールーズFC)移籍を経験。2005年には活躍の場を求めてスペインのラシン・サンタンデールへ移籍。しかしラシンでもインパクトを残せず、2006年8月14日にFCジロンダン・ボルドーに移籍して母国へ復帰。しかしボルドーでも満足のいく結果は得られなかった。2007年7月27日にFCソショーへ移籍。ソショーではポジションを確保し、司令塔として復活。チームの攻撃を支えた。ステファヌ・ダルマ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・エミリオ・アマビスカ

    ホセ・エミリオ・アマビスカから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    カンタブリア州、ラレドで生まれたアマビスカは、地元のクラブであるSDラレドに入団、1988-89シーズンにテルセーラ・ディビシオン優勝を経験。翌年にレアル・バリャドリードへと移籍した。1992-93シーズンにUEリェイダへレンタル移籍した後、1994年夏にレアル・マドリードに加入した。移籍初年度は10得点を挙げ、4年ぶりにプリメーラ・ディビシオンを制覇し、その後も多くのタイトルを獲得した。その年、アマビスカはドン・バロン・アワードの最優秀スペイン人選手に選ばれた。1999年1月、地元カンタブリア州に本拠地を置くラシン・サンタンデールに移籍。2001年から所属したデポルティーボ・ラ・コルーニャでは、プリメーラ・ディビシオン2位となったほか、カップやスーパーカップも手にした。しかし、続く2年はフランやアルベルト・ルケなどの存在もあって、出場機会は限られるものとなった。2004年から1年間RCDエスパニョールでプレーした後、引退した。ホセ・エミリオ・アマビスカ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・アキーノ・ピントス

    ダニエル・アキーノ・ピントスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2006-07シーズン、セグンダ・ディビシオンのCDテネリフェ戦において、16歳でプロデビューした。そのシーズンの出場は1試合にとどまった。プリメーラ・ディビシオンデビューは2008年1月20日のレアル・サラゴサ戦である。ラシン・サンタンデール戦ではプリメーラでの初得点を記録した。ダニエル・アキーノ・ピントス フレッシュアイペディアより)

  • フェデリコ・ファシオ

    フェデリコ・ファシオから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2007-08シーズンもセビージャ・アトレティコに登録されたが、トップチームのハビ・ナバーロが膝の負傷で離脱し、ジュリアン・エスキュデも恥骨炎でチームを離れたため、2007年8月25日のシーズン開幕戦・ヘタフェ戦(4-1)でトップチームデビューし、その後もトップチームで起用されて重要な役割を果たした。2008年5月7日のラシン・サンタンデール戦(3-0)で初得点を含む2得点を決め、ラシン戦から3週間後のレアル・ベティス戦(2-0)でシーズン3点目を決めた。本来はセンターバックであるが、どちらの試合も守備的ミッドフィールダーとして起用されている。2008-09シーズンはリーグ戦で3位に入ったが、わずかな出場機会しかなく、ポジションも定まらなかった。2009-10シーズンは負傷で離脱していた期間が長く、リーグ戦の出場は10試合にとどまったが、ホームでのデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(1-1)でヘディングシュートを決めている。リーグ戦は4位に入り、コパ・デル・レイでは優勝したが、決勝には出場していない。フェデリコ・ファシオ フレッシュアイペディアより)

  • ピースカップ (サッカー)

    ピースカップ (サッカー)から見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    6月12日付けの韓国連合ニュースによると、主力選手の移籍のため、ウディネーゼが出場をキャンセルし、代わりにラシン・サンタンデールが出場すると報道。ピースカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・リエラ

    アルベルト・リエラから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2001年2月25日のラシン・サンタンデール戦でルイス・アラゴネス監督に抜擢されてデビューを果たし、リーグ戦をクラブ史上最高の3位で終えたチームで3試合に出場して1得点した。2001-02シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグに初出場した。デビュー後の1シーズン半で11試合しか出場することができなかったが、2002-03シーズンはグレゴリオ・マンサーノ監督の下でレギュラーポジションを確固たるものとし、リーグ戦では35試合に出場して4得点した。このシーズン、レオ・フランコ、アリエル・イバガサ、ワルテル・パンディアーニ、サミュエル・エトオなど質の高い選手が揃ったマジョルカはコパ・デルレイで優勝した。アルベルト・リエラ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・カペル

    ディエゴ・カペルから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2007-08シーズンの大活躍を受け、2008-09シーズン以降は対戦相手にドリブルを徹底研究された。縦への爆発的なスピードを生かした突破が特徴で、内に切れ込む事が少ないため、相手ディフェンダーが縦ラインのみをカバーする作戦を採用すると、突破に苦労した。2008-09シーズンは2年目の壁にぶつかり、2009年1月10日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(3-1)と4月26日のレアル・マドリード戦(2-4)で得点したが、出場した33試合のうち18試合は途中出場であった。2009年夏にはプエルタが付けていた背番号16を継承した。2008-09シーズンに背番号16はダビド・プリエトが付けていたが、2009年夏にプリエトがヘレスCDにレンタル移籍したことで番号が空き、プリエトと同じく下部組織出身のカペルが譲り受けた。2009-10シーズンには台頭してきたディエゴ・ペロッティにポジションを奪われた。それでもリーグ戦29試合に出場し、ラシン・サンタンデール戦(5-1)で1得点を挙げた。2010年5月19日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアトレティコ・マドリード戦(2-0)では先制点を挙げ、3シーズンぶりの国内カップ優勝に貢献した。2010-11シーズンはペロッティの控えとして27試合に出場(先発は17試合)したが、継続的に出場するようになって初めて無得点に終わった。ディエゴ・カペル フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ヘント

    フランシスコ・ヘントから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    ラーヨ・カンタブリアなどでユース時代を過ごし、1952-53シーズンにラシン・サンタンデールの選手としてプリメーラ・ディビシオンにデビューした。その翌シーズンにはレアル・マドリードと契約を結んだ。フランシスコ・ヘント フレッシュアイペディアより)

157件中 41 - 50件表示

「ラシン・サンタンデール」のニューストピックワード