157件中 51 - 60件表示
  • エリゼウ・ペレイラ・ドス・サントス

    エリゼウ・ペレイラ・ドス・サントスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2010年夏、移籍金150万ユーロで古巣マラガCFに完全移籍した。2010-11シーズンは序盤からレギュラーに固定され、9月27日のビジャレアルCF戦では開始早々に25mの距離からミドルシュートを決めたが、前半終盤にはカルロス・マルチェナの挑発に乗ってマルチェナに殴りかかり、退場処分を受けた上に、試合にも2-3で敗れた。出場停止処分を受ける予定であったが、処分が見直され、ビジャレアルCF戦の次のUDアルメリア戦に出場できることになった。しかし、その試合(1-1)でフアン・マヌエル・オルティスに肘打ちを見舞い、再びレッドカードを受けた。その出場停止処分が明けてからは絶対的なレギュラーに戻り、12月5日のラシン・サンタンデール戦(4-1)では見事なボレーシュートを決めたほか、ベネズエラ代表のサロモン・ロンドンの得点を2回もアシストした。11月にジェズアウド・フェレイラ監督が解任され、新たにマヌエル・ペジェグリーニ監督が就任すると、主に左サイドバックで起用されている。エリゼウ・ペレイラ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・チテ

    モハメド・チテから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2007年8月31日、移籍市場の最終日にスペインのラシン・サンタンデールと契約した。ラシンはバレンシアCFに移籍したニコラ・ジギッチの代役を探していた。移籍金は750万ユーロ(約11億8000万円)であり、アンデルレヒトのクラブ史上最高額となった。11月11日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(1-0)で決勝点を挙げ、2008年2月24日のUDアルメリア戦(1-0)でも決勝点を挙げるなど、2007-08シーズンはチームトップの7得点を挙げた。2008年11月1日、エスタディオ・デ・メスタージャで行われたバレンシアCF戦(4-2)でハットトリックを達成し、バレンシアCFに2008-09シーズン初黒星を付けた。リーグ戦の出場機会ははっきりと減少したが、2008-09シーズンは前シーズンと同数の得点を挙げ、UEFAカップではシャルケ04戦(1-1)で得点した。2009-10シーズン序盤はほとんどの試合で先発出場の機会を与えられながら、前半戦4得点(このうち1点はPK)しかできずに苦しんだ。しかし、2010年4月のRCDエスパニョール戦(3-1)とヘレスCD戦(2-2)では2戦連続で2得点(このうち3点はPKによる得点)し、5月16日のスポルティング・ヒホン戦(2-0)で2得点し、リーグ戦での得点数を自己最高の11得点まで伸ばした。モハメド・チテ フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ヴァス・テ

    リカルド・ヴァス・テから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    そして迎えた2007-2008シーズン。ボルトンは開幕戦で前監督アラダイス率いるニューカッスル・ユナイテッドと対戦。当時新監督だったサミー・リーの信頼を得てスタメン出場を飾るも前半終了間際に靭帯損傷の重傷を負いシーズンを棒に振ってしまった。2008-09シーズンはエビ・スモラレクとのトレードで、スペインのラシン・サンタンデールに移籍と報じられたが残留した。リカルド・ヴァス・テ フレッシュアイペディアより)

  • エスタディオ・エル・サルディネーロ

    エスタディオ・エル・サルディネーロから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    エスタディオ・エル・サルディネーロ(Estadio El Sardinero)は、スペイン・サンタンデールにあるサッカースタジアム。ラシン・サンタンデールのホームスタジアム。収容人数は22,271人。エスタディオ・エル・サルディネーロ フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・フェルナンデス・イグレシアス

    アレハンドロ・フェルナンデス・イグレシアスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    8月29日のコルーショFC戦でレアル・マドリード・カスティージャでのリーグデビューを果たした。2011年3月6日のラシン・サンタンデール戦でトップチームからの招集を受けたアレックスは、後半終了間際にメスト・エジルとの交代で出場、プリメーラ・ディビシオンデビューを飾った。2011年に開催されたU-19欧州選手権ではスペイン代表の優勝に貢献、大会最優秀選手に選ばれた。アレハンドロ・フェルナンデス・イグレシアス フレッシュアイペディアより)

  • デヤン・ペトコヴィッチ

    デヤン・ペトコヴィッチから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    ラドニツキ・ニシュ、レッドスター・ベオグラードを経て、スペインのレアル・マドリードに移籍。レアル・マドリードからセビーリャやラシン・サンタンデールに貸し出されたこともあったが、どのクラブでも目立った活躍は出来なかった。1997年にブラジルのヴィトーリアに移籍すると、スペインでの不遇の日々から一転して成功を収めた。デヤン・ペトコヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • メスト・エジル

    メスト・エジルから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    RCDマヨルカとのリーグ開幕戦は途中出場だったものの、ホーム初戦である第2節のCAオサスナ戦では先発に名を連ねて質の高いプレーを披露、交代の際には観客からスタンディングオベーションを浴びた。デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦では移籍後初ゴールも挙げた。初のコパ・デル・レイとなった12月22日のレバンテUD戦でも得点を挙げ、8-0での勝利に貢献した。2011年3月6日のラシン戦では2つのアシストを記録し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。この試合後、母国ドイツを始め欧州や南米のメディアから「フットボールのモーツァルト」と高い評価を受けた。シーズンを通してプレーし、計53試合に出場し10得点を記録。特にアシストではリオネル・メッシを抑えて欧州最多となる26アシストを記録した。メスト・エジル フレッシュアイペディアより)

  • ドミトリー・ポポフ

    ドミトリー・ポポフから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    1967年、現ロシア・ヤロスラヴリ州の州都ヤロスラヴリにて生まれる。サッカーを始めたのは15歳からと遅かったものの、その才能を認められて、1984年にFCシンニク・ヤロスラヴリに入団を果たした。シンニク在籍時には、兵役で徴兵されたために、2年半はサッカーをする事が出来なかった。徴兵期間が終了した後にシンニク・ヤロスラヴリに復帰し、レギュラーとして試合に出場した。1988年、オレグ・ロマンツェフが率いるFCスパルタク・オルジョニキーゼ(現在のFCアラニア・ウラジカフカス)との試合ではアシストを記録するなど印象的なプレーをした。そして翌年、スパルタク・オルジョニキーゼの監督をしていたロマンツェフは強豪FCスパルタク・モスクワに引き抜かれ、ポポフはロマンツェフから招待されスパルタク・モスクワに移籍を果たした。スパルタクでは1年以上トレーニングに費やされ試合の時には専らベンチで過ごしたが後にレギュラーとして試合に出場。1993年にスペインのラシン・サンタンデールへ移籍をして、ドミトリー・ラドチェンコらと共にプレーをした。1996年にはサンティアゴ・デ・コンポステーラに本拠地を置くSDコンポステーラに移籍して3シーズンプレーをした。1999年、32歳の頃にイスラエルのマッカビ・テルアビブFCに移籍するも4試合の出場に留まり、2000年にスペインのCDトレドにて現役引退をした。ドミトリー・ポポフ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ2002-2003

    リーガ・エスパニョーラ2002-2003から見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    セグンダ・ディビシオン2001-2002で1部リーグ昇格を決め、本季よりプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、「アトレティコ・マドリード」、「ラシン・サンタンデール」、「レクレアティーボ・ウェルバ」の3チーム。リーガ・エスパニョーラ2002-2003 フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・メロ

    フェリペ・メロから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2004年、リーガ・エスパニョーラのRCDマジョルカにレンタル移籍した。シーズン途中にラシン・サンタンデールに完全移籍したが、不慣れな左ウイングで起用されたため、思うような活躍はできなかった。2007年、プリメーラ・ディビシオン(1部)に昇格したばかりのUDアルメリアに移籍した。ウナイ・エメリ監督の指導の下、ボランチにコンバートされ、2007-08シーズンは8位という好成績で終えた。フェリペ・メロ フレッシュアイペディアより)

157件中 51 - 60件表示

「ラシン・サンタンデール」のニューストピックワード