157件中 61 - 70件表示
  • レアル・オビエド

    レアル・オビエドから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    1926年、スタディウム・オベテンセ(Stadium Ovetense)と合併してレアル・オビエド・クルブ・デ・フトボル(Real Oviedo Club de Fútbol)が設立され、7年後の1933年に初めてプリメーラ・ディビシオン(1部)に到達した。当時としては画期的な、鋭いパスやワンタッチパスなどを用いて試合の主導権を握る戦術を採用し、1933-34シーズンからの3シーズンはリーグ戦上位に入る成功を収めた。攻撃陣はエミリン、ガレ、エドゥアルド・エレーラ・ブエノ、イシドロ・ランガラの4選手(いずれもスペイン代表であった)で構成され、他にはカスコやリカルド・ガリャルトらがいた。イングランド人のフレッド・ペントランド(Fred Pentland)監督時代に初めてハードな練習や体調管理などが行われ、1930年代から1940年代の攻撃陣はデランテラス・エレクトリカス(Delanteras Eléctricas、電撃フォワード)と呼ばれた。ランガラはスペイン内戦でリーグ戦が中断する前に3シーズン連続でリーグ得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得。クラブはこの3シーズンの計62試合で174得点を挙げ、あらゆる得点記録を塗り替えた。しかしその後、クラブと選手が衝突してチームは崩壊。ランガラは南米に渡り、エレーラとエミリンはFCバルセロナに、ガレはラシン・サンタンデールに、ガリャルトはラシン・フェロルに移籍した。1936年に勃発したスペイン内戦中にはグラウンドはプレーできない状態とみなされ、フランシスコ・フランコの軍隊はスタジアムを軍用廃棄場として使用した。1939年4月に内戦が終結し、同年にリーグ戦が再開されたが、1939-40シーズンはリーグ戦に参加しなかった。レアル・オビエド フレッシュアイペディアより)

  • レクレアティーボ・ウェルバ

    レクレアティーボ・ウェルバから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2006年12月20日、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われるレアル・マドリード戦観戦のためウエルバを出発したレクレアティーボのサポーターバスが大型トラックと衝突し、運転手を含め4人が死亡する事故が起こった。クラブは試合の延期をスペインサッカー連盟(RFEF)に要請したが、RFEFはこれを拒否し、試合は予定通り行われた。試合は3-0でレクアティーボが完勝。プリメーラ在籍年数がたった3シーズンのレクレアティーボが、一度たりともセグンダに降格したことのないレアル・マドリードを大差で下すという歴史的な結果に終わり、亡くなったファンの墓前に花を添えることとなった。トップリーグでの新シーズンは期待以上の成果を上げた。バレンシアCFにも2-0で勝利を収めるなど、2006-07シーズンはクラブ史上最高の勝ち点54を獲得して8位に躍進し、3度目の挑戦で初めてプリメーラ残留に成功した。フロラン・シナマ=ポンゴルはチームトップの12得点を挙げ、サンティ・カソルラはドン・バロン誌が選出するスペイン人最優秀選手賞を受賞した。2007年夏、マルセリーノ監督はレクレアティーボ監督を退任してラシン・サンタンデール監督に就任した。レクレアティーボ・ウェルバ フレッシュアイペディアより)

  • ルベン・カストロ

    ルベン・カストロから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2004年にラス・パルマスを離れてデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍。カストロとの交換という形でラス・パルマスにウインガーのモモが加入しており、また前年にデポルティーボからラス・パルマスに移籍したガブリエル・シュレールの移籍金360万ユーロは帳消しにされた。すぐにアルバセテ・バロンピエにレンタル移籍したが、自身3度目・2シーズン連続の降格という苦い結果に終わった。2005-06シーズンはデポルティーボに復帰し、前シーズンと同じ3得点を記録。2006-07シーズン前半戦はカンタブリア州のラシン・サンタンデールにレンタル移籍したが出場機会を得られず、2007年1月にはカタルーニャ州のジムナスティック・タラゴナにレンタル移籍した。デビューから3試合で3得点を挙げる好スタートを切ったものの、再びセグンダ降格の悲哀を味わった。ルベン・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • セグンダ・ディビシオン

    セグンダ・ディビシオンから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    ラシン・サンタンデール 20位(自動降格)セグンダ・ディビシオン フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・サラビア

    パブロ・サラビアから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2004年からレアル・マドリードの下部組織出身。2009年からレアル・マドリード・カスティージャの試合に出場している。2010年1月3日、ADアルコルコン戦でデビューを果たした。2週間後のラシン・サンタンデールB戦で初ゴールを決めた。2010-11シーズンのUEFAチャンピオンズリーググループステージ、オセール戦にて途中出場し、トップチームデビューした。カスティージャ2年目は、アルベルト・トリル監督のもとMFのポジションでプレー。リーグ戦12得点を挙げた。パブロ・サラビア フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・ルイス

    ビクトル・ルイスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    バルセロナの下部組織退団はUEコルネリャーの下部組織を経て、2006年にRCDエスパニョールの下部組織に入団した。2008-09シーズンはRCDエスパニョールBのメンバーとしてテルセーラ・ディビシオン(4部)で優勝し、セグンダ・ディビシオンB(3部)昇格を果たした。マウリシオ・ポチェッティーノ監督によってトップチームに招集され、2009年12月6日のラシン・サンタンデール戦でプリメーラ・ディビシオン(1部)デビューした。不振に喘いでいたファクンド・ロンカリアに代わってレギュラーに定着し、2009-10シーズンはリーグ戦22試合に出場した。ハビ・マルケスやディダク・ビラなど下部組織出身の同世代の選手たちの活躍もあり、11位でシーズンを終えた。2010-11シーズンは15試合に出場した。ビクトル・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • イバン・サンチェス・リコ・ソト

    イバン・サンチェス・リコ・ソトから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2008-09シーズンはセンターフォワードのレギュラーが定まらず、FW中最多の28試合に出場しながら先発は7試合だけだったが、FW陣最多の6得点を決めた。レアル・マドリード戦でハムストリングを負傷した。2009年3月のラシン・サンタンデール戦では1試合2得点を記録した。2009-10シーズンは完全なレギュラーとはいかなかったが、チームトップの8得点を決めた。29節から最終節までの10試合はチーム全体で4得点(17失点)のみと苦しんだが、彼が全得点(4点)を決めた。イバン・サンチェス・リコ・ソト フレッシュアイペディアより)

  • FIFA 08

    FIFA 08から見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    ポーランド: エウゼビウシュ・スモラレク (ラシン・サンタンデール)FIFA 08 フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・アントニオ・ド・サントス・ダ・シルヴァ

    ジョゼ・アントニオ・ド・サントス・ダ・シルヴァから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    地元のSCUトーレーンセから1998年にFCポルトに移籍したが、トップチームでの出場は1試合もなく、下部リーグのクラブにレンタルされた。2002-03シーズンにはヴァルジムSCで降格を経験し、アカデミカ・コインブラに移籍した。アカデミカではトネルとコンビを組んだ。14位でトップリーグ残留を決めた彼は、フリーでボルシアMGに移籍した。2006-07シーズンに降格した後もチームに残ったが、2008年1月にトルコのマニサスポルにレンタル移籍した。2008年夏、2年契約でラシン・サンタンデールに移籍したが、2008-09シーズンは1試合も出場しなかった。ジョゼ・アントニオ・ド・サントス・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • アンドリヤ・カルジェロヴィッチ

    アンドリヤ・カルジェロヴィッチから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    アンドリヤ・カルジェロヴィッチ(、、1987年7月5日 - )は、ユーゴスラビア(現・セルビア)出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード。ラシン・サンタンデール所属。アンドリヤ・カルジェロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

157件中 61 - 70件表示

「ラシン・サンタンデール」のニューストピックワード