157件中 81 - 90件表示
  • アドリアン・ゴンサレス

    アドリアン・ゴンサレスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2009-10シーズン始め、同ポジションのハイメ・ガビランの負傷により出場機会に恵まれるも良いパフォーマンスを披露する事が出来ず、ガビランの復帰と共に出場機会が減少した。そして、2010年夏の移籍市場でラシン・サンタンデールの一員となった。アドリアン・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ホセ・エスポシト・ルイス

    フアン・ホセ・エスポシト・ルイスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2004-05シーズン、地元サンタンデールのクラブ、ラシン・サンタンデールでプロデビューした。その後の2シーズンは、控え選手としてラシンに在籍した。2007-08シーズンはセビージャFCへレンタル移籍した。その後、2008年7月にラシンに復帰したが、ニコラ・ジギッチの存在により出場機会をなかなか得られず、2009年1月にセグンダ・ディビシオンのデポルティーボ・アラベスにレンタル移籍した。アラベスは19位でセグンダ・ディビシオンBに降格した。フアン・ホセ・エスポシト・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マヌエル・オチョトレーナ

    ホセ・マヌエル・オチョトレーナから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    1988年夏にバレンシアCFに移籍し、1988-89シーズンには最少失点率を誇ったゴールキーパーに与えられるサモラ賞を受賞した。3シーズンの間堅実なプレーを続けたが、レアル・マドリード戦で退場処分を受けると、その後バレンシアCFでは二度と公式戦で出場機会を与えられなかった。1992年にはCDテネリフェに移籍し、1994-95シーズンはCDログロニェスでプレーしたが、セグンダ・ディビシオン(2部)降格となった。1995-96シーズンはラシン・サンタンデールに在籍したが、1試合の出場にとどまり、1996年に現役引退した。ホセ・マヌエル・オチョトレーナ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ラモン・ロペス・ムニス

    フアン・ラモン・ロペス・ムニスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2008年夏、マルセリーノ・ガルシア・トラルの後任としてラシン・サンタンデールの監督に就任した。ラシンとの契約は2年であったが、2009年夏に契約解除に両者が合意し、マラガの監督へと復帰した。2009-10シーズン前半戦は2節から14節まで13試合未勝利が続き、降格圏内が定位置だった。一時は12位まで順位を上げたが、3月後半から再び勝ち星に恵まれなくなり、最終節を前に降格圏内の18位に転落した。最終節は相手はそれまでに37戦31勝を挙げていたレアル・マドリードだったが、ホームで1-1の引き分けに持ち込み、降格したレアル・バリャドリードと勝ち点1差の17位で辛くも残留を決めた。シーズン終了後に解任。フアン・ラモン・ロペス・ムニス フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・フェルナンデス

    クリスティアン・フェルナンデスから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    地元のサッカークラブであるラシン・サンタンデールの下部組織出身で、2007年1月7日、レバンテUD戦でデビューした。そのシーズンは9試合に出場した。初得点は、5-4で勝利したホームでのアスレティック・ビルバオ戦である。2008年1月、UDラス・パルマスにレンタル移籍した。2008-09シーズンはラシン・サンタンデールに復帰し、開幕から5試合は先発出場したが、結局10試合の出場に終わった。クリスティアン・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • ヘロニモ・フィゲロア

    ヘロニモ・フィゲロアから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2002-03シーズン、セグンダ・ディビシオンに所属していた故郷のUDラス・パルマスからデビューした。2年目となる2003-04シーズンは36試合に出場したが、セグンダ・ディビシオンBに降格した。2004年夏にデポルティーボ・ラ・コルーニャに完全移籍し、そのシーズンはアルバセテBPにレンタル移籍してプリメーラ・ディビシオン初挑戦となったが、またもや降格となった。2005-06シーズンはデポルティーボに復帰したが、ほとんど出場機会を与えられなかった。2006-07シーズンにプレーしたラシン・サンタンデールと合わせて、プリメーラ3シーズンで1得点に終わった。2008年、デポルティーボとの契約が切れたために、レンタル移籍してプレーしていたヘレスCDに完全移籍した。2009年1月から2月にかけて7試合連続得点を記録し、最終的に2008-09シーズンは17得点して得点ランキング5位にはいった。モモが得点した試合は12勝2分と負け知らずで、クラブ初のプリメーラ昇格に大きく貢献した。ヘロニモ・フィゲロア フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ファクンド・コスタ

    アルベルト・ファクンド・コスタから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    2010年7月、移籍金650万ユーロの4年契約でリーガ・エスパニョーラのバレンシアCFへ移籍。9月11日のラシン・サンタンデール戦で途中出場しリーガ・エスパニョーラデビューを飾ると、続く9月14日のブルサスポル戦に先発出場しUEFAチャンピオンズリーグデビューを果たした。この試合でコスタはミドルシュートから移籍後初ゴールとなる先制点を挙げると、2点目のアリツ・アドゥリスの得点に繋がるポスト直撃の直接フリーキックを放つなど活躍。大会選定のマンオブザマッチに選出された。アルベルト・ファクンド・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・ペレス・クエスタ

    ミゲル・ペレス・クエスタから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    セルタとの契約が満了したため、2011年7月27日、プリメーラ・ディビシオンに昇格したばかりのラーヨ・バジェカーノと2年契約を結んだ。8月28日のアスレティック・ビルバオ戦(1-1)でデビュー。移籍後は得点力が格段に向上し、レアル・ソシエダ戦(4-0)やラシン・サンタンデール戦(4-2)やCAオサスナ戦(6-0)で1試合2得点を達成し、結果的に優勝したレアル・マドリード戦(2-6)でも得点するなど、ミッドフィールダーとしてはリーグ最多の16得点をマークして残留の立役者となった。ミゲル・ペレス・クエスタ フレッシュアイペディアより)

  • マルセリーノ・ガルシア・トラル

    マルセリーノ・ガルシア・トラルから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    U-18代表から各年代の世代別スペイン代表に選出され、1985年にはFIFAワールドユース選手権に出場して準優勝した。スポルティング・ヒホンの下部組織出身で、1985年12月22日、セルタ・デ・ビーゴ戦(1-1)でトップチームデビューし、1986-87シーズンにはプリメーラ・ディビシオン(1部)4位となったチームでキャリアハイの33試合に出場した。ともにセグンダ・ディビシオン(2部)のラシン・サンタンデールとレバンテUDにも在籍したが、どちらのクラブでもセグンダ・ディビシオンB(3部相当)降格を経験し、26歳だった1991年に現役引退した。マルセリーノ・ガルシア・トラル フレッシュアイペディアより)

  • ファン・ベルナト

    ファン・ベルナトから見たラシン・サンタンデールラシン・サンタンデール

    バレンシア県クリェーラ(Cullera)出身で、2000年にバレンシアCFの下部組織に6歳で加入した。2011年のプレシーズンでトップチームに帯同し結果を残すと、2011-12シーズンの開幕戦となったラシン・サンタンデール戦に18歳でスタメンとして公式戦デビューを果たした。ファン・ベルナト フレッシュアイペディアより)

157件中 81 - 90件表示

「ラシン・サンタンデール」のニューストピックワード