前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
122件中 1 - 10件表示
  • サンリオ

    サンリオから見たやなせたかし

    代表的なサンリオ映画には、『キタキツネ物語』、『シリウスの伝説』、『くるみ割り人形』、『おしん』、『星のオルフェウス』、『小さなジャンボ』(やなせたかし作)、『ユニコ』、『映画:伝説巨神イデオン 接触篇』、『映画:伝説巨神イデオン 発動篇』、『親子ねずみの不思議な旅』、『チリンの鈴』(やなせたかし作)、『妖精フローレンス』、『想い出を売る店』などがある。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たハローキティ

    ハローキティなど様々なファンシーキャラクターグッズが有名で、自社開発のキャラクター総数は400種を超える。その他に映画製作、出版事業も行っている。外食産業にも参入しており、埼玉県などの一部の地域で、ケンタッキーフライドチキンのフランチャイズ店を出店している。このほか、サンリオピューロランド(東京都)、ハーモニーランド(大分県)などのテーマパーク事業も手がけている。グリーティングカード事業では日本最大手である。2002年(平成14年)、グリーティング事業に関して、ウォルト・ディズニー・カンパニーと提携を結んだ。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見た小椋佳

    やっぱりおめでとう(作詞・作曲:小椋佳、1977年)サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見た山根一眞

    山梨の王になるという思いで山梨王(サンリオ)になったという説については、山根一眞の「変体少女文字の研究」の中で辻の言葉としてあげられているが、『これがサンリオの秘密です』、『サンリオの奇跡 ?世界制覇を夢見る男達』、西沢正史『サンリオ物語 こうして一つの企業は生まれた』(サンリオ出版、1990年)のいずれもが否定している。また、フジテレビ『トリビアの泉』にて、視聴者から『山梨の王→サンリオ』の説が投稿されたが、フジテレビはサンリオの現在の説明(前述の「聖なる河」説)を正しいものとして、この番組の1コーナーである『ガセビアの沼』にて、「ガセ」として否定した。ちなみに2007年10月に多摩市内で開催された、サンリオ創始の関係者による講演会の中で、オフレコではあるが「サンリオの由来は『山梨王』から『サン・リ・オウ』→『サンリオ』と辻氏が考案した」と明言している。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たディック・ブルーナ

    10月 - 「キャシー」がうさこちゃんに酷似しているとしてディック・ブルーナから著作権侵害で提訴される。11月2日、アムステルダムの裁判所はブルーナの主張を認め、ベネルクス3国での製造販売差し止めと、判決に従わない場合の間接強制(製造販売を取り止めるまでの間、1日につき2万5千ユーロ)を言い渡される。サンリオでは「裁判を通じて、原告の権利を侵害していないと主張していく。」としていたが、2011年6月7日に訴訟にかかる費用を東日本大震災の復旧・復興のために寄付することで和解。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見た水森亜土

    山梨県の職員だった辻信太郎が、同県の物産である絹製品を販売する同県の外郭団体だった山梨シルクセンターを株式会社化。社名をそのまま引き継いで、創業したのが始まりである。だがその本業で同社は早々に失敗し、小物雑貨の販売に転じた。最初の成功は花柄を付けたゴム草履だったという。きれいでかわいいイラストを付けることで売れ行きが大きく伸びることを知った辻は、キャラクター商品の開発に乗り出した。当初は水森亜土・やなせたかし・トシコ・ムトー等、外部のイラストレーターや漫画家にデザインを依頼していたが、やがて自社が著作権を持つキャラクターの開発を目指すようになった。この方針のもとで、山梨シルクセンターは、1973年(昭和48年)に国際的に通用しやすい名前を求めて「サンリオ」に変更し、本社を甲府から東京の五反田に移転した。サンリオという社名は、もともと山梨シルクセンター時代に作られた小物雑貨ブランドが起源とされている。また、「いちご新聞」2015年8月号によると、サンリオの創業目的は、「友情と助け合いによる世界平和の実現」とされ、サンリオの事業目的は、「お互いのコミュニケーションのきっかけとなる小さな贈り物」を生産することとされている。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たNTTデータ

    マグネット (ウェブサイト) - NTTデータとの共同運営によるインターネットコミュニティサイト・ブログサービスサイト。2007年閉鎖。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たセガトイズ

    ジュエルペット(セガトイズとの共同開発)サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たウォルト・ディズニー・カンパニー

    ハローキティなど様々なファンシーキャラクターグッズが有名で、自社開発のキャラクター総数は400種を超える。その他に映画製作、出版事業も行っている。外食産業にも参入しており、埼玉県などの一部の地域で、ケンタッキーフライドチキンのフランチャイズ店を出店している。このほか、サンリオピューロランド(東京都)、ハーモニーランド(大分県)などのテーマパーク事業も手がけている。グリーティングカード事業では日本最大手である。2002年(平成14年)、グリーティング事業に関して、ウォルト・ディズニー・カンパニーと提携を結んだ。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たディズニー

    ディズニーもの(ミッキーマウス、くまのプーさん、マリー他)サンリオ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
122件中 1 - 10件表示

「サンリオ」のニューストピックワード