122件中 31 - 40件表示
  • サンリオ

    サンリオから見たキャラクターグッズ

    ハローキティなど様々なファンシーキャラクターグッズが有名で、自社開発のキャラクター総数は400種を超える。その他に映画製作、出版事業も行っている。外食産業にも参入しており、埼玉県などの一部の地域で、ケンタッキーフライドチキンのフランチャイズ店を出店している。このほか、サンリオピューロランド(東京都)、ハーモニーランド(大分県)などのテーマパーク事業も手がけている。グリーティングカード事業では日本最大手である。2002年(平成14年)、グリーティング事業に関して、ウォルト・ディズニー・カンパニーと提携を結んだ。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見た東北地方太平洋沖地震

    2011年6月23日 - 東北地方太平洋沖地震による計画停電が心配されたなか行われた第51期株主総会でも、ピューロランドの特別運営は実施された。ただし運営時間は短縮された。計画停電が実施された場合は特別運営の中止や打ち切りも案内され、計画停電が実施された場合、株主総会の開催を時間を繰り下げピューロランドで実施するとされた。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見た浙江省

    1月1日 - 中国浙江省安吉にキャラクターのライセンスを付与して建設された海外初の「ハローキティ」の屋外型テーマパークである「ハローキティパーク」が開園する。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たバレンタインデー

    1969年12月11日 - 平凡社・日本クロス工業・山梨シルクセンターの出資で、サンリオグリーティング株式会社を設立。アメリカのグリーティングカード大手 ホールマーク社の日本代理店であるJPCの業務を引き継ぎ、翌年からメッセージが印刷された暑中見舞い・年賀状、バレンタインデーのメッセージカードの販売を始める。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見た大阪市

    サンリオ系以外でもユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪府大阪市此花区)やリナワールド(山形県上山市)、西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)にもサンリオのキャラクターが使用されているゾーンがある。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たキャラクター

    山梨県の職員だった辻信太郎が、同県の物産である絹製品を販売する同県の外郭団体だった山梨シルクセンターを株式会社化。社名をそのまま引き継いで、創業したのが始まりである。だがその本業で同社は早々に失敗し、小物雑貨の販売に転じた。最初の成功は花柄を付けたゴム草履だったという。きれいでかわいいイラストを付けることで売れ行きが大きく伸びることを知った辻は、キャラクター商品の開発に乗り出した。当初は水森亜土・やなせたかし・トシコ・ムトー等、外部のイラストレーターや漫画家にデザインを依頼していたが、やがて自社が著作権を持つキャラクターの開発を目指すようになった。この方針のもとで、山梨シルクセンターは、1973年(昭和48年)に国際的に通用しやすい名前を求めて「サンリオ」に変更し、本社を甲府から東京の五反田に移転した。サンリオという社名は、もともと山梨シルクセンター時代に作られた小物雑貨ブランドが起源とされている。また、「いちご新聞」2015年8月号によると、サンリオの創業目的は、「友情と助け合いによる世界平和の実現」とされ、サンリオの事業目的は、「お互いのコミュニケーションのきっかけとなる小さな贈り物」を生産することとされている。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たユニバーサル・スタジオ・ジャパン

    サンリオ系以外でもユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪府大阪市此花区)やリナワールド(山形県上山市)、西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)にもサンリオのキャラクターが使用されているゾーンがある。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見た輪番停電

    2011年6月23日 - 東北地方太平洋沖地震による計画停電が心配されたなか行われた第51期株主総会でも、ピューロランドの特別運営は実施された。ただし運営時間は短縮された。計画停電が実施された場合は特別運営の中止や打ち切りも案内され、計画停電が実施された場合、株主総会の開催を時間を繰り下げピューロランドで実施するとされた。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見た人種差別

    1988年 - サンリオの黒人をモチーフとしたキャラクターが黒人差別の実例として1988年7月22日付のワシントン・ポストに掲載されるなどアメリカで問題になり、サンリオは記事が掲載された即日に発売中止・回収を決定し、米国Sanrio Inc.も対応策を取った。その後社会福祉・文化交流の計画を具体的に打ち出したこともあり、結果的にアメリカのマスコミ・黒人団体から対米進出企業の模範と賞賛され、サンリオのイメージアップに繋がった。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見た平凡社

    1969年12月11日 - 平凡社・日本クロス工業・山梨シルクセンターの出資で、サンリオグリーティング株式会社を設立。アメリカのグリーティングカード大手 ホールマーク社の日本代理店であるJPCの業務を引き継ぎ、翌年からメッセージが印刷された暑中見舞い・年賀状、バレンタインデーのメッセージカードの販売を始める。サンリオ フレッシュアイペディアより)

122件中 31 - 40件表示

「サンリオ」のニューストピックワード