122件中 81 - 90件表示
  • サンリオ

    サンリオから見た中華人民共和国

    1月1日 - 中国浙江省安吉にキャラクターのライセンスを付与して建設された海外初の「ハローキティ」の屋外型テーマパークである「ハローキティパーク」が開園する。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たチリンの鈴

    代表的なサンリオ映画には、『キタキツネ物語』、『シリウスの伝説』、『くるみ割り人形』、『おしん』、『星のオルフェウス』、『小さなジャンボ』(やなせたかし作)、『ユニコ』、『映画:伝説巨神イデオン 接触篇』、『映画:伝説巨神イデオン 発動篇』、『親子ねずみの不思議な旅』、『チリンの鈴』(やなせたかし作)、『妖精フローレンス』、『想い出を売る店』などがある。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たインターネットコミュニティ

    マグネット (ウェブサイト) - NTTデータとの共同運営によるインターネットコミュニティサイト・ブログサービスサイト。2007年閉鎖。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たロサンゼルス

    2013年11月20日 - 辻邦彦代表取締役副社長が出張先のアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで急性心不全のため死去。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見た少女漫画

    定期刊行物として、『いちご新聞』(1975年創刊、最盛期には35万部を発行)、『詩とメルヘン』(やなせたかし編集。季刊→月刊。1973年春の号 - 2003年8月特別号)、『月刊いちごえほん』(『詩とメルヘン』のジュニア版。1975年1月号 - 1982年7月号)、『リリカ』(少女漫画雑誌。1976年11月号 - 1979年3月号)、『サンリオ』(1977年3月創刊)、『あそびの国』(1979年 - 1993年)、『なかよし・ぶっく』(ムック扱い)などを発行。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たブログ

    マグネット (ウェブサイト) - NTTデータとの共同運営によるインターネットコミュニティサイト・ブログサービスサイト。2007年閉鎖。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たミスターメン

    12月 - 欧州で人気のキャラクター「ミスターメン」を買収。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見た漫画家

    山梨県の職員だった辻信太郎が、同県の物産である絹製品を販売する同県の外郭団体だった山梨シルクセンターを株式会社化。社名をそのまま引き継いで、創業したのが始まりである。だがその本業で同社は早々に失敗し、小物雑貨の販売に転じた。最初の成功は花柄を付けたゴム草履だったという。きれいでかわいいイラストを付けることで売れ行きが大きく伸びることを知った辻は、キャラクター商品の開発に乗り出した。当初は水森亜土・やなせたかし・トシコ・ムトー等、外部のイラストレーターや漫画家にデザインを依頼していたが、やがて自社が著作権を持つキャラクターの開発を目指すようになった。この方針のもとで、山梨シルクセンターは、1973年(昭和48年)に国際的に通用しやすい名前を求めて「サンリオ」に変更し、本社を甲府から東京の五反田に移転した。サンリオという社名は、もともと山梨シルクセンター時代に作られた小物雑貨ブランドが起源とされている。また、「いちご新聞」2015年8月号によると、サンリオの創業目的は、「友情と助け合いによる世界平和の実現」とされ、サンリオの事業目的は、「お互いのコミュニケーションのきっかけとなる小さな贈り物」を生産することとされている。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見たキティズパラダイス

    キティズパラダイス - サンリオキャラクターの大半が出演するテレビ番組。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • サンリオ

    サンリオから見た松戸サンリオシアター

    1980年(昭和55年)10月、千葉県松戸市に、松戸サンリオ劇場(1スクリーン、のち2スクリーン)を開業、のちに移転して松戸サンリオシアター(4スクリーン)となったが、2006年(平成18年)に松戸シネマサンシャインに統合された。サンリオ フレッシュアイペディアより)

122件中 81 - 90件表示

「サンリオ」のニューストピックワード