940件中 121 - 130件表示
  • 棚卸資産

    棚卸資産から見たサービスサービス

    棚卸資産(たなおろししさん、)は、会計用語の一つ。販売目的と何らかの形で結びついている財、またはサービスを指す。有形のものもあり、無形のもの(サービスなど)もある。販売を意図して保有しているものも、そうでないものもある。正常営業循環基準により、必ず流動資産となる。棚卸資産 フレッシュアイペディアより)

  • 印刷通販

    印刷通販から見たサービスサービス

    印刷通販(いんさつつうはん)は、インターネット上でオフセット印刷、あるいはオンデマンド印刷を発注できるインターネットサービスである。通販印刷、インターネット印刷ともいう。印刷通販 フレッシュアイペディアより)

  • 国家基幹技術

    国家基幹技術から見たサービスサービス

    次世代スーパーコンピュータの事業仕分けの際の行政刷新会議の評価コメントにも『一旦総合科学技術会議なりに戻して、何を実現するために何が必要かを見直すべき。ハードの戦いではなく、ソフトの戦いをするべき』とあるように、なぜ現在米国に大きく立ち遅れているソフト・サービス分野が国家基幹技術に選ばれないまま次世代スーパーコンピュータ開発なのか、という説明はない。総合科学技術会議において、次世代スーパーコンピュータの開発を国家基幹技術と判断したことに対し、きちんと評価が行われ、それがフィードバックされているかどうかどうかについては不明である。国家基幹技術 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ベヴァリッジ

    ウィリアム・ベヴァリッジから見たサービスサービス

    ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジ(William Henry Beveridge、1879年3月5日 - 1963年3月16日)は、イギリスの経済学者、政治家。1942年に発表された「社会保険と関連サービス」(ベヴァリッジ報告として知られる)と題された報告書は、第二次世界大戦後のイギリスだけでなく、日本を含む先進諸国の社会保障制度の構築に多大な影響を与えた。ウィリアム・ベヴァリッジ フレッシュアイペディアより)

  • チャチャク

    チャチャクから見たサービス業サービス

    チャチャク自治体の産業構造は農業、工業、商業、サービス業からなる。農業以外には製紙、家電、金属・非金属・木材加工用刃具、化学製品、家庭用熱機器、木・金工、医薬品・医療用品、木材加工などが代表的である。民間企業には19世紀からの伝統があり、自治体の経済をまさに特徴づけている。多くの民間企業は従業員数80?270人の中堅企業であり、幅広い分野の製品が手がけられている。。チャチャク フレッシュアイペディアより)

  • アップクオリティ

    アップクオリティから見たサービス業サービス

    株式会社アップクオリティ(Up-quality, Inc.)は、流通・サービスに特化した人的戦略によるセールスプロモーション企画・運営を行う企業である。アップクオリティ フレッシュアイペディアより)

  • ボリュームゾーン

    ボリュームゾーンから見たサービスサービス

    ボリュームゾーン(Volume zone)は、マーケティング用語や経済用語の1つであり、商品やサービスが最も売れる価格帯や普及価格帯という意味の他に、中間所得層を指すこともある。ボリュームゾーンにある商品は「ボリュームゾーン商品」と呼ばれる。ボリュームゾーン フレッシュアイペディアより)

  • タダコピ

    タダコピから見たサービスサービス

    2006年4月にサービスを開始し、2013年1月現在では167大学201キャンパスで実施している。タダコピ フレッシュアイペディアより)

  • 国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律

    国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律から見たサービスサービス

    国や独立行政法人等に対し、製品やサービスの契約を締結する際に、競争を促しつつ、価格だけではなく温室効果ガス等の排出の削減に配慮した環境性能を総合評価した上で、最善の環境性能を供給する契約者を選定する仕組みを作り、もって、環境への負荷の少ない持続的発展が可能な社会の構築に資することが長期的に見て政府の出費が抑制されるとした。国及び独立行政法人等は法的に義務付けられ、地方公共団体は努力の義務となる。国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 経済現象

    経済現象から見たサービスサービス

    松下幸之助によると、経済現象というのは人為現象ということであり、人間がどのような経済を作り上げたいかということを望み、その望んだとおりに経済を動かしていこうとすることでその通りになるためである。好況というのも不況というのも人間の考え方次第ということであり、好況を続けようとすることで不況は無くなり、このことから不況という言葉は無くなり同時に好況という言葉も無くなるわけである。そして好況である状態が経済の常となる。つまり不況とされる時期というのは客は商品やサービスを購入する場合に吟味し勉強するようになるため、このことから客を大事にする会社ほど仕事が増え、不況の方が好況の時よりも更に発展すると考えられるからである。経済現象 フレッシュアイペディアより)

940件中 121 - 130件表示

「サービス業」のニューストピックワード