388件中 41 - 50件表示
  • 齋藤竜

    齋藤竜から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    2005年4月27日、ザスパ草津に期限付き移籍。同年4月30日のJ2第9節・対サガン鳥栖戦にてデビューするも、前半に負傷交代。その後6月11日に行われたJ2第16節・対サガン鳥栖戦で復帰。DFラインをまとめ、勝利に貢献し、その後はディフェンスの中核を担う。シーズン終盤にはレンタル移籍ながら、ゲームキャプテンを務め、チームの中心となる。翌年、完全移籍。2006年9月30日の対ベガルタ仙台戦にて、J2初ゴールを記録。齋藤竜 フレッシュアイペディアより)

  • 都倉賢

    都倉賢から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    川崎で出場機会を得られず、2008年シーズン途中にザスパ草津に期限付き移籍しレギュラーとしてプレーし、同2009年シーズンからは草津へ完全移籍した。2009年は香川真司に次ぎリーグ2位となる23得点をあげ、低迷するチームの中でひとり気を吐いた。同年オフに複数のクラブからのオファーを受けヴィッセル神戸へ完全移籍した。4月17日のベガルタ仙台戦で移籍後初得点を記録。しかし、チームが低迷し監督が交代して以降はスタメンから外れることも増え、シーズン終盤はメンバー入りもかなわなかった。2011年は開幕当初は流れを変える切り札的な起用をされていたが11節の清水エスパルス戦で2得点をあげ、その後はスタメンに定着したが、17節鹿島アントラーズ戦で試合終盤に中足骨を骨折し、シーズンをほぼ棒に振ることとなった。2012年はタイプが似た元日本代表FW田代有三の加入で立場が危ぶまれたが、大きな故障もなく、6月30日の古巣川崎戦では強烈なミドルシュートを叩きこんだ後イタリア代表でマンチェスター・シティ所属のマリオ・バロテッリがEURO2012で披露したゴールセレブレーションを披露し話題となった。J1では自己最多の25試合に出場し、自己最多の6得点をあげた。都倉賢 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原剛

    桑原剛から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    筑陽学園高等学校時代にエースとして活躍、第82回全国高校サッカー選手権大会では同校が福岡県代表として初出場ながら準優勝を飾る原動力となった。2004年にコンサドーレ札幌に新加入。若返りを図るチーム事情もあって高卒ルーキーながら10試合以上に出場した。しかし、翌2005年は一転して出場機会に恵まれず、2006年に水戸ホーリーホックへ期限付き移籍。水戸では得意のフリーキックを直接決めるなど主力として活躍、2007年にはザスパ草津へ期限付き移籍した。しかし、開幕当初は出場を重ねていたものの後半になるにつれて出場機会が減少し、2007年限りでの退団が決定。保有権を持つコンサドーレ札幌も契約を更新しないことを決めた。2008年1月、ザスパ草津と所属元のコンサドーレ札幌から将来のJリーグ入りを目指す東北社会人2部南リーグ・福島ユナイテッドFCへの完全移籍が相次いで発表された。福島で2シーズンプレーし、2009年12月13日、現役引退を発表。桑原剛 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健介

    福田健介から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    中学・高校時代を横浜F・マリノスの下部組織でプレーし、明治大学を経て2007年に東京ヴェルディに入団。明大では同期に小川佳純、森賢一、2期下に長友佑都がチームメイトにいた。また大学時はサイドハーフとしてプレーした事もある。草津との開幕戦では海本幸治郎を押しのけて開幕スタメンの座を勝ち取った。その後も海本と熾烈なポジション争いを繰り広げ、新人ながら15試合に出場した。背番号を2に変更した2008年は海本がグロインペイン症候群と診断され戦線を離脱。和田拓三と右サイドバックのポジションを争い17試合に出場した。その後、2009年も18試合に出場したがレギュラー定着には至らなかった。2010年は服部年宏と那須川将大の2人が退団した左サイドバックのレギュラーに定着。自己最多の35試合に出場した。2011年は川崎フロンターレから加入した森勇介が加入し、さらに和田拓也や高橋祥平の台頭もあって出番を減らし、シーズン終了後に退団した。福田健介 フレッシュアイペディアより)

  • 高木貴弘

    高木貴弘から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    1998年、千葉の敬愛学園高校に進学と同時にジェフユナイテッド市原ユースに入団。2001年にトップチームへの昇格を果たしたが、出場機会に恵まれず、出場機会を求めて2003年10月にザスパ草津に期限付き移籍。高木貴弘 フレッシュアイペディアより)

  • アブラゥン・リンコン・マルチンス

    アブラゥン・リンコン・マルチンスから見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    2010年1月24日、契約満了により湘南を退団した。2010年はパウリスタFCでプレーし、2011年からはザスパ草津へ移籍するも2012年8月18日付けで契約解除となる。アブラゥン・リンコン・マルチンス フレッシュアイペディアより)

  • ハファエル・ドス・サントス・デ・オリベイラ

    ハファエル・ドス・サントス・デ・オリベイラから見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    ユース時代からサンパウロ州のナシオナルACの下部組織で育つ。2007年にJリーグ・アビスパ福岡にC契約外国籍選手として期限付き移籍で加入するも、わずか2試合の出場に終わり退団。その後、ブラジルに戻りパウリスタFC、CAジュベントスなど複数のクラブを渡り歩き、2010年に再び来日しJ2・ザスパ草津に2年間の期限付き移籍で加入。約1シーズン半の間、スピードとテクニックを併せ持つ左利きのドリブラーとして活躍した。ハファエル・ドス・サントス・デ・オリベイラ フレッシュアイペディアより)

  • 小林亮太

    小林亮太から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    2006年に特別指定選手として登録され、2007年にザスパ草津に加入。サッカーを始めたのは兄の影響。2011年よりアルテ高崎に移籍。小林亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 本谷祐一

    本谷祐一から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    久保允誉エディオン社長の側近中の側近。安芸高田市の高宮カントリークラブや後述のサンフレッチェ広島やザスパ草津で経営再建を進めた、「立て直し屋」との異名もある。本谷祐一 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・エンリケ・ジョゼ

    アレックス・エンリケ・ジョゼから見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    2010年6月に再び来日しザスパ草津へ期限付き移籍で加入。アレックス・エンリケ・ジョゼ フレッシュアイペディアより)

388件中 41 - 50件表示