388件中 61 - 70件表示
  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    川勝体制3年目。17年在籍していた菅原智が引退。富澤清太郎が横浜F・マリノス、河野広貴がFC東京、菊岡拓朗が栃木SC、井上平がFC岐阜、福田健介がヴァンフォーレ甲府、吉田正樹が松本に完全移籍、北九州にレンタル移籍していた福井諒司が柏に完全移籍、平繁龍一、市川雅彦がレンタル移籍期間満了となった。一方、千葉から昨シーズンC大阪にレンタル移籍していた中後雅喜、愛媛からジョジマール、吉弘充志、草津からアレックス、磐田から西紀寛、京都から鈴木慎吾、水戸から小池純輝、大分から刀根亮輔、G大阪から太洋一を完全移籍で獲得。仙台から島川俊郎を期限付き移籍で獲得した。さらに昨シーズン特別指定選手だった梶川諒太が加入した。また杉本竜士、南秀仁、舘野俊祐、田中貴大がユースから昇格した。2年連続ユースから4人昇格したことになる。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • 柿谷曜一朗

    柿谷曜一朗から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    2007年8月に行われたU-17ワールドカップ・ナイジェリア戦で、出場時間900分に達し、プロA契約を締結。チームは予選敗退に終わったが、フランス戦ではセンターサークル内からキーパーの頭上を抜くループシュートを決めるなど、印象に残る活躍を見せた。年代別代表では結果を残した一方、チームにおいては、J2第12節ザスパ草津戦で当時のJ2最年少得点記録(17歳3ヶ月25日)となる得点を決めたものの、同期入団の香川真司がレヴィー・クルピ監督に見出されレギュラーとして活躍する中、21試合2得点と目立った成績は残せなかった。柿谷曜一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 大西忠生

    大西忠生から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    晩年はザスパ草津のゼネラルマネージャーを務め、肺がんを患いながら草津のJリーグ昇格に尽くした。大西忠生 フレッシュアイペディアより)

  • 佐田聡太郎

    佐田聡太郎から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    2004年、当時JFLのザスパ草津(現 ザスパクサツ群馬)にレンタル移籍。JFLリーグで19試合に出場。チームのJ2昇格の原動力となる。2005年は故障の影響で出遅れるも、後半戦から活躍。26試合で2得点をあげた。2011年、草津より戦力外通告を受け退団。佐田聡太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    6月21日には箕輪義信を札幌へ期限付きで放出するも、7月8日にはサントスFCのMFヴィトール・ジュニオールを期限付移籍で獲得。7月29日にはFW都倉賢を草津に期限付きで放出するも、8月5日にはサントスのFWレナチーニョを期限付き移籍で獲得した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 熊林親吾

    熊林親吾から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    仙台での応援歌は当初「金萬・ババヘラ・熊林」と秋田名物を並べたユニークなものであったがその後氣志團の『スウィンギン・ニッポン』を原曲とする歌に変わった。しかし、この曲は熊林の移籍後熊林個人の応援歌ではなく、仙台のチーム応援歌となり、ザスパ草津の一員として初めてユアテックスタジアムに凱旋した際に新曲として披露された。後に熊林はラジオ番組で「自分の歌を歌ってもらえるのかと思ったら、歌詞が熊林の部分が仙台に変わっていてショックだった」と語っている。しかし、このチーム応援歌となったスウィンギン・センダイは東日本大震災後にスタンディング・センダイとしてベガルタ仙台と氣志團の交流のきっかけになるなどしている。熊林親吾 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    新加入19名、残留8名、レンタル1名の計28名でスタート。11月16日のアルテ高崎戦に勝利してJリーグ加盟条件となるJFL4位以内を確定。12月1日のJリーグ臨時理事会にて、2009年度からのJリーグ ディビジョン2(J2)への加盟(昇格)が決定した。これにより北関東で鹿島、水戸、草津に次ぐJリーグチームになり、関東地方一都七県の全てにJリーグチームが揃った。また、教員チームを前身とした初のJリーグクラブとなった。なお、シーズン終了後に柱谷が監督を退任した。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 池上礼一

    池上礼一から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    2006年にFC東京に入団。同期入団には徳永悠平、赤嶺真吾がいる。第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦のバンディオンセ神戸戦にて公式戦プロ初出場を果たした。GK以外の全ポジションに対応できるユーティリティー性、戦術眼、両足のフィードを武器にレギュラー獲得を目指したが、サイドバックおよびボランチの控えに留まり、2008年8月22日、ザスパ草津への期限付き移籍(2009年1月末まで)が発表された。同年限りでFC東京との契約は非更新となった(草津とも契約満了)。池上礼一 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    ザスパ草津が日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィッセル神戸

    ヴィッセル神戸から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    社長職が安達から叶屋宏一へ交代。三浦が監督を続投。金南一がロシアリーグに移籍した一方、草津からJ2で23得点あげた都倉賢、大分からMFエジミウソンを獲得。更に古賀誠史と内山俊彦が抜けた左サイドに大宮からDF冨田大介、柏からMFポポを獲得した。開幕戦こそ勝利したが、代表戦で負傷した大久保嘉人のコンディションが上がらなかった事や、都倉や冨田といった新加入選手が出遅れた事もあり連勝できない状態が続いた。ヴィッセル神戸 フレッシュアイペディアより)

388件中 61 - 70件表示