388件中 81 - 90件表示
  • 有薗真吾

    有薗真吾から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    有薗 真吾(ありぞの しんご、1985年12月4日 - )は、鹿児島県出身のサッカー選手。ポジションはDF。Jリーグ・ザスパクサツ群馬所属。有薗真吾 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパ草津U-23

    ザスパ草津U-23から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    ザスパ草津U-23 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパ草津チャレンジャーチーム

    ザスパ草津チャレンジャーチームから見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    ザスパ草津チャレンジャーチーム フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ

    ザスパクサツから見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ フレッシュアイペディアより)

  • ザスパ草津群馬

    ザスパ草津群馬から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    ザスパ草津群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパ群馬

    ザスパ群馬から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    ザスパ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパ草津

    ザスパ草津から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    ザスパ草津 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸市立競技場

    水戸市立競技場から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    2011年3月11日の東日本大震災により被災し、メインスタンドの屋根が曲がる、スタンドなどのひび割れ、照明塔の破損、大型スクリーン・芝生席付近の陥没などの損傷が確認された。Jリーグ、クラブも今災害の被害状況から当面開催を自粛しており、当競技場でのJリーグ再開目処は未定となっていたが、検討の末メインスタンドは修理・耐震補強工事のため客席を全面閉鎖、ゴール裏とバックスタンドのみ使用するという形を取った。なお放送席・記者席は4月-5月初めは通常通り使用されていたが、その後工事の本格化に伴いこちらも一時閉鎖された。ただし、FC東京と対戦する6月25日の試合に限り、メインスタンドは工事用の足場が組まれていない両端のコーナー部分に限り開放(中央部分は足場があるため立ち入り禁止)した。同年10月に修理が完了し、10月16日の試合(水戸対東京V戦)からメインスタンドの使用が再開された。ただし復旧後最初の2試合は工事資材の撤去作業の都合上「プレオープン」とし、その後10月30日(水戸対草津戦)にて正式にスタジアムの完全復旧となった。水戸市立競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 飛び級制度 (サッカー)

    飛び級制度 (サッカー)から見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    2003年度から実施されている飛び級制度(「Jリーグ加盟を標榜するクラブに対する優遇措置」)は、地域リーグ以下のクラスに所属しているチームで将来のJリーグ参戦を目指すものは、リーグ戦の成績に関らず地域リーグ決勝大会に出場でき、決勝リーグ2位以内に入った上で日本フットボールリーグ(以下、JFL)下位チームとの入れ替え戦にも勝てばJFL昇格が認められる、というものである。この飛び級制度の第1号は群馬県のザスパ草津である。当時関東社会人リーグ2部だったザスパにこの制度が適用され、地域リーグ決勝大会で優勝しJFL自動昇格を果たした。(この年はジヤトコFCが休部したためこの大会で1位になったチームが自動的に2004年度のJFLに昇格できた)飛び級制度 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 佐川急便東京SC

    佐川急便東京SCから見たザスパクサツ群馬ザスパクサツ群馬

    2004年は大塚製薬、Honda FCなどに2敗、更に中位グループにも星を落とすなど調子が上がらず、7位と順位を下げた。しかし、この年Jリーグ加盟を目指していたザスパ草津、愛媛FCに対しては1勝1分けと相性が良かった。この年のJFL最終戦では対戦相手の試合出場辞退により不戦勝を経験している。東京都代表として出場した天皇杯では4回戦で前年に続きジュビロ磐田と対戦、先制を許したのち竹谷英之の2ゴールで一時逆転したものの、最終的には再逆転を許して敗退した。佐川急便東京SC フレッシュアイペディアより)

388件中 81 - 90件表示