142件中 31 - 40件表示
  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見た徳島ヴォルティス

    4月2日の徳島戦でJ2初勝利を挙げたが、結局リーグ戦で5勝にとどまり、最下位に終わる。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見たモンテディオ山形

    2002年、「ザスパ草津」へ名称を変更。2003年2月、運営法人となる株式会社草津温泉フットボールクラブを設立し、指導者として元山形監督の植木繁晴を招き、元日本代表のGK小島伸幸、元鹿島のDF奥野僚右ら、元Jリーグ選手を獲得。選手が働いて得た収入をクラブ運営費に充てて、この年の群馬県社会人リーグに優勝し、関東サッカーリーグ2部へ昇格した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見たアルテ高崎

    元日本代表の戸田和幸(町田へ移籍)をはじめ7人が退団、萬代宏樹(山形へ移籍)、古林将太(湘南へ復帰)、柳川雅樹(栃木へ移籍)、アレックス(東京Vへ移籍)がレンタル移籍期間満了につき退団したが、富山から内藤圭佑、水戸から遠藤敬佑、保崎淳、アルテ高崎から土井良太、パウリスタFCからヘベルチ(セレッソ大阪へ2012年8月5日から期限付き移籍) 京都から金成勇を獲得、永田拓也のレンタル移籍期間が延長、松本浩幸、乾大知、小柳達司、横山翔平、アレックス・ラファエルが新加入した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見た栃木サッカークラブ

    元日本代表の戸田和幸(町田へ移籍)をはじめ7人が退団、萬代宏樹(山形へ移籍)、古林将太(湘南へ復帰)、柳川雅樹(栃木へ移籍)、アレックス(東京Vへ移籍)がレンタル移籍期間満了につき退団したが、富山から内藤圭佑、水戸から遠藤敬佑、保崎淳、アルテ高崎から土井良太、パウリスタFCからヘベルチ(セレッソ大阪へ2012年8月5日から期限付き移籍) 京都から金成勇を獲得、永田拓也のレンタル移籍期間が延長、松本浩幸、乾大知、小柳達司、横山翔平、アレックス・ラファエルが新加入した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見た水戸ホーリーホック

    崔成勇、氏原良二が引退、尾本敬が水戸へ、秋葉信秀がJFLのジェフリザーブズへ、廣山望、柴田慎吾、小林亮太が退団、佐藤将也、菊池大介、梅井大輝、西澤代志也がレンタル移籍期間満了により退団した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見た横浜FC

    秋葉忠宏が監督に就任。2月よりザスパクサツ群馬へクラブ名称を変更(詳細後述)。松下裕樹が横浜FC、熊林親吾がブラウブリッツ秋田、御厨貴文が富山へ完全移籍した一方、広島から平繁龍一、千葉から青木孝太、富山から加藤弘堅、山形から永田亮太らを完全移籍で獲得した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見たユニクロ

    2004年 - ユニクロ(フィールドプレーヤー)、uhlsport(ゴールキーパー)ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見た木村直樹

    2005年にJリーグに加盟後、チームをトップチームとサテライトチームの2つに分割し、サテライト側は「ザスパ草津チャレンジャーチーム」の名称でJサテライトリーグに参加した。チャレンジャーズチームはアマチュア登録を主体としたため、選手たちは草津温泉のホテル・宿泊施設での仕事の斡旋を受けながらサテライトリーグの試合・練習に臨むという形式を取った。2007年からチーム名を「ザスパ草津U-23」と改めて引き続きJサテライトリーグに参加してきた。2009年を以ってJサテライトリーグが廃止されたため2010年からは群馬県社会人サッカーリーグに参加している。公式な監督はおいておらず、「U-23コーチ」の木村直樹が指揮を執っているが、日本サッカー協会には名目上の監督を設置することが義務付けられており、「U-23コーチ」が事実上公式な監督とみなされている。試合会場には草津町本白根第3グランドが、練習場には同グラウンドをはじめ、吾妻郡・利根郡など、草津温泉に近い地域の市町村各地のグラウンドが用いられている。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見た玉乃淳

    チームを支えてきた島田が鳥栖に移籍したものの、東京Vから廣山望を、徳島から玉乃淳を完全移籍で獲得。更に浦和から小池純輝をレンタル移籍で獲得した。レンタル移籍だった都倉賢を川崎から完全移籍で獲得したものの、10位でシーズンを終えた。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見たロドリゴ・ヴィルジリオ

    FW佐藤正美が退団、DFチカがブラジルに帰国、FWカレカがC大阪に移籍したが、MF島田を大宮から期限付きで再獲得。また、元韓国代表の崔成勇や徳島からMF熊林親吾を獲得した。中盤の島田・熊林が機能していることに加えて生え抜きの4年目FW後藤涼が大きな成長を見せ、一時は昇格争いに絡んだ。また、8月途中に川崎からFW都倉賢、FC東京からMF池上礼一(いずれも期限付き移籍)、更に、2005年シーズンに当時前橋育英高等学校から特別指定選手として受け入れたFW反町一輝を再び特別強化指定選手として迎えるなど、3選手を補強する。しかし、直後にエースFW高田保則が2度目の網膜剥離により戦線離脱し、失速。J1昇格はならなかった。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

142件中 31 - 40件表示