142件中 81 - 90件表示
  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見た横浜F・マリノス

    なお同年の第84回天皇杯では、C大阪、同年のJリーグ年間王者である横浜FMに勝利して、ベスト8へ進出した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見た公式試合安定開催基金

    これらを踏まえて、Jリーグは2005年7月に創設されたばかりの公式試合安定開催基金の適用第1号として同年秋に草津温泉FCに対して5,000万円を融資した。これにスポーツ振興投票対象試合安定開催特別会計からの追加融資を加えた総額1億6,000万円を、2008年1月までに完済した。また、一連の問題への対応として、Jリーグの支援を得て業務・財務の総点検を行い、経営再生計画が策定された。それを受け、11月に臨時取締役会が開催され、取締役・監査役の増員、第三者割当による資本増強を行った。ガバナンスおよびコンプライアンスの強化を図り、ここに経営の新体制が発足した。なお、草津町からの補助金500万円、および群馬県への使用料等未納金1,730万円余についても、2005年12月までに返還・納付した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見たサガン鳥栖

    チームを支えてきた島田が鳥栖に移籍したものの、東京Vから廣山望を、徳島から玉乃淳を完全移籍で獲得。更に浦和から小池純輝をレンタル移籍で獲得した。レンタル移籍だった都倉賢を川崎から完全移籍で獲得したものの、10位でシーズンを終えた。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見たFC町田ゼルビア

    元日本代表の戸田和幸(町田へ移籍)をはじめ7人が退団、萬代宏樹(山形へ移籍)、古林将太(湘南へ復帰)、柳川雅樹(栃木へ移籍)、アレックス(東京Vへ移籍)がレンタル移籍期間満了につき退団したが、富山から内藤圭佑、水戸から遠藤敬佑、保崎淳、アルテ高崎から土井良太、パウリスタFCからヘベルチ(セレッソ大阪へ2012年8月5日から期限付き移籍) 京都から金成勇を獲得、永田拓也のレンタル移籍期間が延長、松本浩幸、乾大知、小柳達司、横山翔平、アレックス・ラファエルが新加入した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見たアビスパ福岡

    副島博志が監督に就任。元日本代表の戸田和幸、御厨貴文、柴田慎吾、前田雅文を完全移籍で、元福岡のラフィーニャ、佐藤将也、梅井大輝、菊池大介をレンタル移籍で獲得。山田晃平、杉本裕之が新加入。前半戦は最下位に沈んだが、後半戦で盛り返して12位でシーズンを終えた。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見たコンサドーレ札幌

    最終節前に31人のトップチーム登録者のうち、15人が契約満了により退団した。共に大宮からのレンタル移籍であったGK高木貴弘は札幌にレンタル移籍し、MF島田裕介は大宮へ復帰した。チームの最古参でリエゾン草津時代からの登録選手である堺陽二は引退して、ザスパ草津U23コーチに就任した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見た大宮アルディージャ

    最終節前に31人のトップチーム登録者のうち、15人が契約満了により退団した。共に大宮からのレンタル移籍であったGK高木貴弘は札幌にレンタル移籍し、MF島田裕介は大宮へ復帰した。チームの最古参でリエゾン草津時代からの登録選手である堺陽二は引退して、ザスパ草津U23コーチに就任した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見たジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ

    崔成勇、氏原良二が引退、尾本敬が水戸へ、秋葉信秀がJFLのジェフリザーブズへ、廣山望、柴田慎吾、小林亮太が退団、佐藤将也、菊池大介、梅井大輝、西澤代志也がレンタル移籍期間満了により退団した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見たガンバ大阪

    一方で、富山から橋田聡司、水戸から中村英之、浦和から林勇介、パウリスタFCから2007年チームに在籍していたリンコンを完全移籍で、浦和から永田拓也、湘南から古林将太、鳥栖から萬代宏樹をレンタル移籍で加入、星野悟、山本啓人が新加入した。一方で7月にラフィーニャがG大阪へ移籍した。リーグ戦は一時5位につけ、最終的には前年度を上回る9位でシーズンを終えた。天皇杯は初戦で敗退した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見た大分トリニータ

    開幕戦、アウェー大分戦で勝利し、その時点では4位だったものの、第2節で敗れ12位となって以降は、一度も1桁順位になることなく、第9節から第15節まで7連敗。最終3節も3連敗して、最終成績は勝点47の17位。天皇杯は3年連続で初戦敗退となった。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

142件中 81 - 90件表示