前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
372件中 1 - 10件表示
  • さらば青春の光 (映画)

    さらば青春の光 (映画)から見たザ・フーザ・フー

    『さらば青春の光』()は1973年のザ・フーによる同タイトルのロックオペラを原作とした1979年のイギリス映画である。舞台は1960年代初期のロンドンで、ダンスやパーティー、アンフェタミン、スクーター、敵対するロッカーズたちとのケンカによって郵便係の仕事を失い、活気のない生活から逃避するモッズの青年ジミーをフィル・ダニエルズが演じる。さらば青春の光 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • エディ・ヴェダー

    エディ・ヴェダーから見たザ・フーザ・フー

    1970年代中頃に、ヴェダーと3人の弟を含めた家族はカリフォルニア州のサンディエゴ郡へ引っ越した。そして、ヴェダーの12歳の誕生日のときに、母からギターをプレゼントされ、サーフィンとともに音楽に興味をもつようになった。ヴェダーが特に慰められたものは、1973年のザ・フーのアルバム『四重人格』だった。ヴェダーは次のように語っている「僕がまだ15、16歳だったとき…自分は一人ぼっちだと感じていた…僕は音楽以外はすべて孤独だった。」ヴェダーが10代後半だったとき、母とミューラーは離婚した。そのため、母と兄弟はシカゴ方面へ帰ったが、ヴェダーは通っていた高校を転校する必要がないよう、継父とカリフォルニアに残った。エディ・ヴェダー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ジャム

    ザ・ジャムから見たザ・フーザ・フー

    しかし、翌1978年にリリースされた3作目『オール・モッド・コンズ』は、ザ・フー、スモール・フェイセスやモータウンサウンドの影響を受けたR&Bが取り入れられたサウンドを創り出し、モッズとしてのアイデンティティー、独自性を前面に打ち出した傑作となった。特にウェラーのソングライティングが進境を見せ、アコースティックギターによる「イングリッシュ・ローズ」や夜の都会の風景を描く「チューブ・ステーション」等、これまでのストレートなイメージとは一線を画す楽曲を作り出している。モッズ・リヴァイヴァルの立役者ともなった『オール・モッド・コンズ』はファン、ジャーナリズムに高く支持されバンドの最初のピークとなり、これを機にジャムの快進撃が始まる。ザ・ジャム フレッシュアイペディアより)

  • 再会の街で

    再会の街でから見たザ・フーザ・フー

    作中には1970年代、1980年代の楽曲が多数登場する。映画のタイトル Reign over Me (原題)はザ・フーの曲名(アルバム『四重人格』収録)によるもの。再会の街で フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・ティー・パーティー (コンサート会場)

    ボストン・ティー・パーティー (コンサート会場)から見たザ・フーザ・フー

    当初は、もっぱら地元の出演者による演奏が行なわれていたが、程なくして多数の有名アーティストの演奏も行なわれるようになり、その中には、ニール・ヤング、J・ガイルズ・バンド、フランク・ザッパ、ピンク・フロイド、クリーム、フリートウッド・マック、オールマン・ブラザーズ・バンド、ジョー・コッカー&ザ・グリース・バンド(the Grease Band)、レッド・ツェッペリン、ジミ・ヘンドリックス、ザ・バディ・マイルズ・エキスプレス(The Buddy Miles Express)、チャーリー・マッスルホワイト、ジェフ・ベック、ザ・フー、サンタナ、タジ・マハール、テン・イヤーズ・アフター、スライ&ザ・ファミリー・ストーンらがいた。B・B・キングもザ・ボストン・ティー・パーティーで公演を行ったひとりである。ボストン・ティー・パーティー (コンサート会場) フレッシュアイペディアより)

  • ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック

    ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロックから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フー の『THE SEEKER』ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック フレッシュアイペディアより)

  • スーパーグラス

    スーパーグラスから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フーのキース・ムーン直系の激しいドラムプレイで、2004年のバンド・エイド20のドラムを担当するなど、その腕前は評価が高い。ザ・リバティーンズ周辺とも交流があり、一時期ベイビーシャンブルズにサポート加入していたこともある。2015年、「Vangoffey」としてソロデビューを果たす。スーパーグラス フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・マカロック

    ジミー・マカロックから見たザ・フーザ・フー

    ジェームズ「ジミー」マカロック(James 'Jimmy' McCulloch、1953年6月4日 - 1979年9月27日)は、スコットランドのグラスゴー出身のミュージシャンである。1974年から1977年までポール・マッカートニーのウイングスのリード・ギターを務めたことで最も知られている。それ以前、マカロックはグラスゴーのサイケデリック・バンド、「ワン・イン・ア・ミリオン」、「サンダークラップ・ニューマン」、「ストーン・ザ・クロウズ」のメンバーとして活動した。彼はまた多くのミュージシャンのアルバムに参加し、ジョン・エントウィッスルの『ウィッスル・ライム』(1972年)ではピーター・フランプトンと共に「"Apron Strings"」「"I Feel Better"」でリードギターを演奏した。マカロックはまた、ロジャー・ダルトリーの『One of the Boys』にも参加した。彼はザ・フーのメンバーやサンダークラップ・ニューマンのメンバーと大変親しかった。シャドウズのハンク・マーヴィンは11歳の彼をバックアップした。彼の兄弟、ジャック・マカロックはドラム奏者である。ジミー・マカロック フレッシュアイペディアより)

  • サイモン・フィリップス

    サイモン・フィリップスから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フーやミック・ジャガーなど数多くのミュージシャンのドラマーとして活躍。1992年から2013年まで、亡きジェフ・ポーカロの後任としてTOTOに加入していた。サイモン・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・ホワイト

    スティーヴ・ホワイトから見たザ・フーザ・フー

    幼少期に叔父から小型ドラムを与えられ、地元のボーイズ・ブリゲードへの参加と同時にテクニックを学び始める。両親からはポール・ウェラーと同じく万全のサポートを受けた。青年期はバディ・リッチやルイ・ベルソンを見習うほか、自身のドラム講師であったボブ・アームストロングに師事。アルバイトをしながら地元バンドで活動し、余ったお金はすべてジャズレコードの収集に費やした。1983年にポール・ウェラーが当時結成した無名バンド(後のスタイル・カウンシル)のオーディションを受け、17歳のドラマーでありながら、ジャズを音楽的背景として持っていることに感銘を受けたウェラーからオーディションの翌日にもう一度来るように頼まれた。ホワイトはその後数年の間バンドとともに活動し、正式にバンド加入を打診されることはなかったものの、バンドのビデオのほとんどに出演したほか、2、3の作品を除くすべての作品でレコーディングに参加した。ウェンブリーで開催された1985年のライヴエイドではステージ最年少のドラマーとなった(ハイド・パークで開催されたLIVE 8のギグではザ・フーとも共演を果たしている)。スティーヴ・ホワイト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
372件中 1 - 10件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード