前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
272件中 1 - 10件表示
  • エディ・ヴェダー

    エディ・ヴェダーから見たザ・フーザ・フー

    1970年代中頃に、ヴェダーと3人の弟を含めた家族はカリフォルニア州のサンディエゴ郡へ引っ越した。そして、ヴェダーの12歳の誕生日のときに、母からギターをプレゼントされ、サーフィンとともに音楽に興味をもつようになった。ヴェダーが特に慰められたものは、1973年のザ・フーのアルバム『四重人格』だった。ヴェダーは次のように語っている「僕がまだ15、16歳だったとき…自分は一人ぼっちだと感じていた…僕は音楽以外はすべて孤独だった。」ヴェダーが10代後半だったとき、母とミューラーは離婚した。そのため、母と兄弟はシカゴ方面へ帰ったが、ヴェダーは通っていた高校を転校する必要がないよう、継父とカリフォルニアに残った。エディ・ヴェダー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ジャム

    ザ・ジャムから見たザ・フーザ・フー

    しかし、翌1978年にリリースされた3作目『オール・モッド・コンズ』は、ザ・フー、スモール・フェイセスやモータウンサウンドの影響を受けたR&Bが取り入れられたサウンドを創り出し、モッズとしてのアイデンティティー、独自性を前面に打ち出した傑作となった。特にウェラーのソングライティングが進境を見せ、アコースティックギターによる「イングリッシュ・ローズ」や夜の都会の風景を描く「チューブ・ステーション」等、これまでのストレートなイメージとは一線を画す楽曲を作り出している。モッズ・リヴァイヴァルの立役者ともなった『オール・モッド・コンズ』はファン、ジャーナリズムに高く支持されバンドの最初のピークとなり、これを機にジャムの快進撃が始まる。ザ・ジャム フレッシュアイペディアより)

  • 再会の街で

    再会の街でから見たザ・フーザ・フー

    作中には1970年代、1980年代の楽曲が多数登場する。映画のタイトルReign over Me(原題)はザ・フーの曲名(アルバム『四重人格』収録)によるもの。再会の街で フレッシュアイペディアより)

  • エディ・コクラン

    エディ・コクランから見たザ・フーザ・フー

    代表曲は「サマータイム・ブルース」「カモン・エヴリバディ」など。特に「サマータイム・ブルース」は、ザ・フーやRCサクセションなどがカヴァーした事でも有名。エディ・コクラン フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・ホワイト

    スティーヴ・ホワイトから見たザ・フーザ・フー

    幼少期に叔父から小型ドラムを与えられ、地元のボーイズ・ブリゲードへの参加と同時にテクニックを学び始める。両親からはポール・ウェラーと同じく万全のサポートを受けた。青年期はバディ・リッチやルイ・ベルソンを見習うほか、自身のドラム講師であったボブ・アームストロングに師事。アルバイトをしながら地元バンドで活動し、余ったお金はすべてジャズレコードの収集に費やした。1983年にポール・ウェラーが当時結成した無名バンド(後のスタイル・カウンシル)のオーディションを受け、17歳のドラマーでありながら、ジャズを音楽的背景として持っていることに感銘を受けたウェラーからオーディションの翌日にもう一度来るように頼まれた。ホワイトはその後数年の間バンドとともに活動し、正式にバンド加入を打診されることはなかったものの、バンドのビデオのほとんどに出演したほか、2、3の作品を除くすべての作品でレコーディングに参加した。ウェンブリーで開催された1985年のライヴエイドではステージ最年少のドラマーとなった(ハイド・パークで開催されたLIVE 8のギグではザ・フーとも共演を果たしている)。スティーヴ・ホワイト フレッシュアイペディアより)

  • スーパーグラス

    スーパーグラスから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フーのキース・ムーン直系の激しいドラムプレイで、2004年のバンド・エイド20のドラムを担当するなど、その腕前は高く評価されている。ザ・リバティーンズ周辺とも交流があり、一時期ベイビーシャンブルズにサポート加入していたこともある。スーパーグラス フレッシュアイペディアより)

  • ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック

    ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロックから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フー の『THE SEEKER』ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック フレッシュアイペディアより)

  • 舘岡奈智子

    舘岡奈智子から見たザ・フーザ・フー

    小学生の頃は、普通の図書室の本を読むだけで満足していた。中学になると、ルパンシリーズを全部読み始めるが、何故か推理小説を読んだことで親に激しく叱られた。それをきっかけに、フランス文学に目覚め、外国の文学に興味を持ち、世界観の基盤になるデュマやゲーテ、そして作品の元になるヘッセを訳者を換えて次々と読み出す。並行して、芥川龍之介の世界を音でビジュアルアル化することを考え始める。音楽的には、テレビもラジオもマンガも禁止されていたので、布団の中で、深夜聴いたザ・フーに強い衝撃を受けて、ビートルズの完成されたポップさより、創作意欲をそそるザ・フーについての姿勢や思想を調べるうち、すっかり虜になる。そこから、洋楽一辺倒になり、ラジオで隠れて聴いたり、学校で友達に借りた音源を親に見つからないように聴くようになる。その頃 ナチコは1日に6?7時間はピアノを弾いて歌うという生活を続けており、実力が向上してきたために師事していたピアノの先生が音大のピアノ科受験を親に勧めた。しかし、親は元々見栄でピアノを習わせていたため、本意では無い音大受験という進路が見えてきたことに反対し、ナチコが高校の半ばで強引にピアノを辞めさせた。こうして、ピアノに鍵をかけられて、ピアノのない生活を余儀なくされた。その後、不本意に親に決められた大学を受験させられたが、白紙答案を出して帰ってきた。その間 ピアノのない生活を絶望の詩を書き続ける。舘岡奈智子 フレッシュアイペディアより)

  • ニッキー・ホプキンス

    ニッキー・ホプキンスから見たザ・フーザ・フー

    ホプキンスはセッション・ミュージシャンとしての経歴を1960年代初めのロンドンでスタートさせる。たちどころに当時のミュージック・シーンにおける売れっ子プレーヤーの一人となり、流暢で機敏なブギウギは多くのヒット・ナンバーのピアノ・スタイルに影響を及ぼした。彼はセッション・ピアニストとしてシェル・タルミーやミッキー・モストといった独立プロデューサーを通じてキンクス、ドノヴァン、そして1965年にはザ・フーのデビュー・アルバム『マイ・ジェネレーション』の録音に参加している。彼はビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズやジョン・レノン、ジェフ・ベックを含む60年代のトップ・アーティスツのレコーディングに参加した。ニッキー・ホプキンス フレッシュアイペディアより)

  • 甲本ヒロト

    甲本ヒロトから見たザ・フーザ・フー

    自らカスタムする程のバイク好き(ハーレー・トライアンフ乗り)。アニメ・特撮戦隊ヒーローモノも好む。アニメでは、「タイムボカンシリーズ」や「ドラえもん」、「いなかっぺ大将」を好む。『キン肉マン』も大好きで、「キン肉マン77の謎」の投稿超人コーナーに甲本が考案した超人「クアドロフェニア(名前はザ・フーのアルバム『四重人格(Quadrophenia)』から)」が掲載される。甲本ヒロト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
272件中 1 - 10件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード