272件中 91 - 100件表示
  • スパークス (バンド)

    スパークス (バンド)から見たザ・フーザ・フー

    ロン・メイル(Ron Mael、本名:ロナルド・デヴィッド・メイル Ronald David Mael、1948年8月12日 - )とラッセル・メイル(Russell Mael、1953年 or 1948年10月5日 - )のメイル兄弟はカリフォルニア州ロサンゼルス郡西部のパシフック・パリサデス(Pacific Palisades)で育った。当時はLAクラブ・シーンの「黄金時代」で、ドアーズ、ラヴ、ザ・スタンデルズ(The Standells)らがサンセット・ストリップ(Sunset Strip)のウィスキー・ア・ゴーゴーで定期的にプレイし、ザ・ビーチ・ボーイズも「Teenage Fair」の午後のイベントで演奏していた。当時のロンとラッセルの姿は、ロック映画『Big TNT Show』(1966年)の中のザ・ロネッツの観客の中に見ることができる。ともにカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に進み、ロンは映画とグラフィック・アートを、ラッセルは舞台美術と映画製作を学んだ。フォーク・ミュージック・シーンが嫌いで、「感情より知性に訴え、真面目で、そんなものにかかわっている時間はない」と思っていた。二人はザ・フー、シド・バレット時代のピンク・フロイド、キンクス、ザ・ムーブといった当時のイギリスのバンドに傾倒していき、二人は自分たちを「Anglophilias(英国びいき)」と言っている。スパークス (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ホーセス

    ホーセスから見たザ・フーザ・フー

    「グローリア」はゼムのカヴァーで、スミスのオリジナル曲「In Excelsis Deo」とのメドレーになっている。「グローリア」が1976年にシングル・カットされた際、B面に収録されたザ・フーのカヴァー「マイ・ジェネレーション」は1976年1月26日のライヴ音源で、この曲のプロデュースはアラン・レイニアによる。1996年に発売されたリマスターCDでは、この「マイ・ジェネレーション」がボーナス・トラックとして追加収録された。ホーセス フレッシュアイペディアより)

  • バック・トゥ・ジ・エッグ

    バック・トゥ・ジ・エッグから見たザ・フーザ・フー

    ピート・タウンゼント、ケニー・ジョーンズ(ザ・フー)、デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)、ジョン・ボーナム、ジョン・ポール・ジョーンズ(レッド・ツェッペリン)、ゲイリー・ブルッカー(プロコル・ハルム)、ロニー・レイン(元スモール・フェイセス)など豪華メンバーが参加したロック版オーケストラ「ロケストラ」が話題となった。バック・トゥ・ジ・エッグ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ウクレレ・オーケストラ・オブ・グレート・ブリテン

    ザ・ウクレレ・オーケストラ・オブ・グレート・ブリテンから見たザ・フーザ・フー

    メンバーはそれぞれテレビや舞台などでの音楽製作などでの長いキャリアを持ち、自らのライブではそのキャリアで得た音楽性を生かして、楽曲をリアレンジして演奏する。有名なところでは、ケイト・ブッシュの『嵐が丘』 (Wuthering Heights) をスウィング・ジャズ風に、チャイコフスキーの『金米糖の踊り』(Dance of the Sugar Plum Fairy) やセックス・ピストルズの『アナーキー・イン・ザ・UK』 (Anarchy In the U.K.) をサイモン&ガーファンクルや映画『シャフト』のテーマ曲風に、といった次第。また、デヴィッド・ボウイの『Life On Mars?』、フランク・シナトラの『マイ・ウェイ』 (My Way) 、スティーヴィー・ワンダーの『For Once in My Life』、ザ・フーの『Substitute』などの数曲を混合し、メドレーに仕立て上げるという荒業もこなす。ザ・ウクレレ・オーケストラ・オブ・グレート・ブリテン フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・ボウズ

    ダニー・ボウズから見たザ・フーザ・フー

    音楽的な影響はスティーヴィー・ワンダー、プリンス、マーヴィン・ゲイ、ポール・ロジャース、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、フリーなど、ロックからR&Bまで幅広い。中でもスティーヴィー・ワンダーとプリンスが彼のソングライターとしての2大ヒーローとなっている。シンガーとしてはポール・ロジャースに最初に憧れ、ジェイムズ・デューアやデイヴィッド・カヴァデール、グレン・ヒューズにも影響を受けたとのこと。ダニー・ボウズ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ウッド

    ロイ・ウッドから見たザ・フーザ・フー

    1960年代後半〜70年代前半のロックシーンにおける主要なギタリストの一人であり、ザ・フーのピート・タウンゼントにも通じるパワーコードを駆使した独特のギタープレーで、The Move等の楽曲を通じて後の多くのギタリストに有形無形の影響を与えた。ロイ・ウッド フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ルッソ

    アーロン・ルッソから見たザ・フーザ・フー

    ニューヨーク・ブルックリン区生まれ。24歳のときにナイト・クラブを開業し、レッド・ツェッペリンの米国初公演を興行。その後もグレイトフル・デッド、ジャニス・ジョプリン、ザ・フーなど60?70年代を代表するロック・アーティストのステージを相次いで打ち、彼らの人気確立に貢献する。アーロン・ルッソ フレッシュアイペディアより)

  • モッズ

    モッズから見たザ・フーザ・フー

    モッズは衣服や音楽に興味を示し、彼らが好んで聴いた音楽はアメリカのレアな黒人音楽、R&Bやソウル・ミュージック、ジャマイカのスカ(多くのスカのレコード出したレコードレーベル名により、ブルービートとも呼ばれる)などであった。またイギリスのグループとしてはザ・フー、スモール・フェイセス、キンクス(ただしレイ・デイヴィスはモッズを嫌っていたという説がある)、スペンサー・ディヴィス・グループやなどが好まれた。ビートルズは、デビュー前は正反対のロッカーズファッションをしていたがマネージャーの指示によりモッズファッションでデビューした。モッズ フレッシュアイペディアより)

  • ジェット (バンド)

    ジェット (バンド)から見たザ・フーザ・フー

    ニック・セスター、クリス・セスター兄弟はメルボルン郊外で父のコレクションである1960年代、1970年代のクラシック・ロック(AC/DC、ザ・フー、イージービーツ、フェイセズ、ザ・ラヴド・ワンズ、特にビートルズとローリング・ストーンズ)を聴きながら育った。他にはオーストラリアのロックバンド、ユー・アム・アイから大きく影響を受けているとニックは語っている。ジェット (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • コウダリョウイチ

    コウダリョウイチから見たThe Whoザ・フー

      Eagles、The Who、THE BEATLES、など。コウダリョウイチ フレッシュアイペディアより)

272件中 91 - 100件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード