372件中 91 - 100件表示
  • ジョイン・トゥゲザー

    ジョイン・トゥゲザーから見たザ・フーザ・フー

    「ジョイン・トゥゲザー」(Join Together)は、イギリスのロック・バンド、ザ・フーが1972年にシングルとして発表した楽曲。スタジオ・アルバムには未収録となった。また、1990年にはライヴ・ヴァージョンがシングルとして発売されている。ジョイン・トゥゲザー フレッシュアイペディアより)

  • メスカリン・ドライヴ

    メスカリン・ドライヴから見たザ・フーザ・フー

    また、マニアックな選曲のカヴァーも彼女らの魅力であり、シルヴァーヘッドの「ハロー・ニューヨーク」、パティ・スミスの「ロックンロール・ニガー」、ローリング・ストーンズの「スウェイ」「リヴ・ウィズ・ミー」、ボブ・ディランの「アブソリュートリー・スイート・マリー」「我が道を行く」「火の車」「セヴン・デイズ」、ウィルソン・ピケットの「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」、アイク&ティナ・ターナーの「リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ」、エディ・フロイドの「ビッグ・バード」、ザ・フーの「バーゲン」、トラフィックの「ミスター・ファンタジー」、P.P.アーノルドの「グルーヴィー」、オノ・ヨーコの「ムーヴ・オン・ファースト」、ザ・スミスの「アスク」などがライヴで取り上げられ、その多くは、2009年編纂のコンピレーション『アーリー・ソウル・フラワー・シングルズ』に収録されている。メスカリン・ドライヴ フレッシュアイペディアより)

  • ボズ・バレル

    ボズ・バレルから見たザ・フーザ・フー

    ボズ・バレルは1946年イギリスのリンカンシャー、ホルビーチにて生まれる。1963年にローカルバンド、ロンバード・アンド・ティー・タイム・フォーにアコースティックギターで参加し、ジャズ、ブルース、ソウルなど黒人音楽をプレイしていた。1965年春ロンドンに仲間4人で上京、「The Boz People」というバンド名に変えマーキー・クラブや各地の米軍基地等で活動、6月にはイアン・マクレガンを加え5人編成となった(10月にバンドは楽器を盗まれて解散)。ある時ロジャー・ダルトリーに代わるボーカリストとしてザ・フーに採用されそうになったが、結局お流れになったという。60年代後半ボズは多くのローカルバンドを渡り歩いている。60年代後半に数枚のシングルをBOZ名義にて発表しているが、その内のI Shall Be Released/Down In The Flood(1968)のシングル両面は、67年に急逝したジョー・ミークの配下だったデレク・ローレンスが制作を担当し、当時プロデュースしていた初期ディープ・パープルの面々が演奏している。ボズ・バレル フレッシュアイペディアより)

  • イン・ザ・シティ

    イン・ザ・シティから見たザ・フーザ・フー

    音楽的には、この曲は初期ザ・フーの影響を受けたモッズ/パンク(エネルギーと姿勢はパンク世代にアップデートされているが)で、ファーストアルバムの脈となっている。「イン・ザ・シティ」はコード進行と詞の内容をザ・フーのあまり知られていない同名曲(1966年の「アイム・ア・ボーイ」のB面曲。その後CDで再発売された『ア・クイック・ワン』にもボーナストラックで収録)から借りている。この曲のイントロの駆け降りるベースラインは、数か月後にリリースされたセックス・ピストルズの「さらばベルリンの陽」(Holidays In The Sun) に似ている。イン・ザ・シティ フレッシュアイペディアより)

  • 欲望 (1967年の映画)

    欲望 (1967年の映画)から見たザ・フーザ・フー

    ゲストとして、ヤードバーズがライブハウスのシーンで出演した。ギタリストのジェフ・ベックとジミー・ペイジが、ツイン・リードとして同バンドに参加していた時代の貴重な映像としても知られる。本来この映画では「Train Kept A Rollin'」を演奏するはずであったが、同曲の権利を保有する音楽出版社が多額の利用料を請求して来たため、やむを得ず替え歌として「Stroll On」という曲を演奏した。なお、当初はザ・フーに出演が依頼されたが、監督のギターを壊して欲しいという要望に、当時このパフォーマンスばかりが一人歩きしていることにうんざりしていたリーダーでギタリストのピート・タウンゼントが断ったという。完成した映画では、監督の要望通りベックがギターを壊す演技をしている。欲望 (1967年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • The denkibran

    The denkibranから見たザ・フーザ・フー

    ビートルズ、ザ・フーなどの60年代のイギリスのバンドや、90年代のJ-POPからの影響を色濃く受けている。ムッシュかまやつの大阪ライブでは、バックバンドをつとめた事もある。The denkibran フレッシュアイペディアより)

  • 12弦ベース

    12弦ベースから見たザ・フーザ・フー

    ジョン・エントウィッスル (ザ・フーのベーシスト)12弦ベース フレッシュアイペディアより)

  • NIKKI

    NIKKIから見たザ・フーザ・フー

    前作の雰囲気を引き継ぎつつ、ボーカル岸田繁の敬愛するビートルズやザ・フー、キンクスなどの1960年代のUKロックをベースとしたアルバムである。NIKKI フレッシュアイペディアより)

  • ドッジー

    ドッジーから見たザ・フーザ・フー

    1990年、ナイジェル・クラーク(ボーカル/ベース)、アンディ・ミラー(ギター)、マシュー・プリースト(ドラムス)の3人で結成。ビートルズやザ・フーといった往年のブリティッシュ・ロックに影響を受けた親しみやすいメロディやコーラスが特徴で、DJクラブとライヴを組み合わせたイベント「ドッジー・クラブ」を主催するなどデビュー前から独自の活動を行い、A&Mレコードと契約。ドッジー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・サミット

    ザ・サミットから見たザ・フーザ・フー

    コンサート会場としても著名なアーティストが多数利用しており、1975年11月20日のザ・フーの北米ツアー、1988年4月8日から3日間連続でマイケル・ジャクソンのバッド・ワールド・ツアー、1990年5月4日、5日には、マドンナのBlond Ambition Tourの公演が行われている。ザ・サミット フレッシュアイペディアより)

372件中 91 - 100件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード