372件中 11 - 20件表示
  • 舘岡奈智子

    舘岡奈智子から見たザ・フーザ・フー

    小学生の頃は、普通の図書室の本を読むだけで満足していた。中学になると、ルパンシリーズを全部読み始めるが、何故か推理小説を読んだことで親に激しく叱られた。それをきっかけに、フランス文学に目覚め、外国の文学に興味を持ち、世界観の基盤になるデュマやゲーテ、そして作品の元になるヘッセを訳者を換えて次々と読み出す。並行して、芥川龍之介の世界を音でビジュアルアル化することを考え始める。音楽的には、テレビもラジオもマンガも禁止されていたので、布団の中で、深夜聴いたザ・フーに強い衝撃を受けて、ビートルズの完成されたポップさより、創作意欲をそそるザ・フーについての姿勢や思想を調べるうち、すっかり虜になる。そこから、洋楽一辺倒になり、ラジオで隠れて聴いたり、学校で友達に借りた音源を親に見つからないように聴くようになる。その頃 ナチコは1日に6?7時間はピアノを弾いて歌うという生活を続けており、実力が向上してきたために師事していたピアノの先生が音大のピアノ科受験を親に勧めた。しかし、親は元々見栄でピアノを習わせていたため、本意では無い音大受験という進路が見えてきたことに反対し、ナチコが高校の半ばで強引にピアノを辞めさせた。こうして、ピアノに鍵をかけられて、ピアノのない生活を余儀なくされた。その後、不本意に親に決められた大学を受験させられたが、白紙答案を出して帰ってきた。その間 ピアノのない生活を絶望の詩を書き続ける。舘岡奈智子 フレッシュアイペディアより)

  • サブスティテュート〜ザ・ソングス・オブ・ザ・フー

    サブスティテュート〜ザ・ソングス・オブ・ザ・フーから見たザ・フーザ・フー

    『サブスティテュート〜ザ・ソングス・オブ・ザ・フー』(Substitute: The Songs of the Who)は、2001年に発売されたザ・フーのトリビュート・アルバム。ピート・タウンゼント公認のアルバムで、エグゼクティヴ・プロデューサーは、長年ザ・フーのライヴのサウンド・エンジニアを務めてきたである。主にイギリスのアーティストが中心だが、パール・ジャム、、フィッシュ、シェリル・クロウといったアメリカのアーティストも参加した。サブスティテュート〜ザ・ソングス・オブ・ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ニッキー・ホプキンス

    ニッキー・ホプキンスから見たザ・フーザ・フー

    1960年代初頭のスクリーミング・ロード・サッチ率いるサヴェージズのピアニストとして経歴をスタート、以降は当時のミュージック・シーンにおける売れっ子プレーヤーの一人となり、流暢で機敏なブギウギは、多くのヒット・ナンバーのピアノ・スタイルに影響を及ぼした。シェル・タルミーやミッキー・モストといった独立プロデューサーを通じてキンクス、ドノヴァン、そして1965年にはザ・フーのデビュー・アルバム『マイ・ジェネレーション』の録音に参加している。彼はビートルズやジョン・レノン、ジェフ・ベックなどの60年代のトップ・アーティストのレコーディングに参加した。またその頃は、シリル・ディヴィス・オール・スターズに参加する。ニッキー・ホプキンス フレッシュアイペディアより)

  • ステレオフォニックス

    ステレオフォニックスから見たザ・フーザ・フー

    「常に音楽的な進化を見せている。融合もある。初期のザ・フーに似ているよ。」──ロジャー・ダルトリー(ザ・フー)ステレオフォニックス フレッシュアイペディアより)

  • THE PINBALLS

    THE PINBALLSから見たThe Whoザ・フー

    2006年7月結成。バンド名は THE BLANKEY JET CITYの「死神のサングラス」、The Whoの「Pinball Wizard」の歌詞から取っている。THE PINBALLS フレッシュアイペディアより)

  • ライヴエイド

    ライヴエイドから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フー - この日限りの再結成。後に本格的な再結成をすることになる。序盤で中継電源が切れるトラブルによりアメリカ・イギリス両方で映像が途切れてしまった。ライヴエイド フレッシュアイペディアより)

  • マクフライ

    マクフライから見たザ・フーザ・フー

    トムがジェイムスと曲を書いている頃に出会い、2人で活動するようになった。色んなレコード会社を回って、アコースティック演奏を披露し、ユニバーサルとサインした。ハスキーな声が特徴。サッカーが好きで、チャリティーマッチに出場して、プロに混じってサッカーをしたことがある。好きな選手はイバン・カンポ。デビュー当初はストレートパーマをかけていたがアイロンをかけるのを面倒臭くなったためその後カールヘアになっている。現在はアップバングをしていることが多い。トムと共にMcFlyの曲作りの中心を担っている。デビュー当時のワイルドな歌声から、だんだんと深みのある声に変化してきている。ザ・フー、ブルース・スプリングスティーン、E・ストリート・バンドの大ファンで、5歳からギターを始めた。音楽の趣味が渋いことでも有名で、前述したThe Who、ブルース・スプリングスティーン、E・ストリート・バンドなどの古いバンドや、ケリー・ジョー・フェルプス、ジョン・メイヤーなどのジャジーなアーティストを好む。2013年に彼女と婚約している。番組の企画でオペラに挑戦したことがある。マクフライ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤ひさし

    加藤ひさしから見たザ・フーザ・フー

    ザ・コレクターズのボーカル兼リーダー。ザ・フーやピンク・フロイドに影響を受けて、1979年にモッズ・バンド「THE BIKE(元エキセントリック・ジャム)」を結成。1985年に解散し、翌年にザ・コレクターズを結成。以来、25年以上に渡って音楽活動を続けている。加藤ひさし フレッシュアイペディアより)

  • ヘルター・スケルター

    ヘルター・スケルターから見たザ・フーザ・フー

    1968年7月18日に録音開始。1968年に発売された2枚組アルバム『ザ・ビートルズ』(2枚目)に収録されている。名義は「レノン=マッカートニー」だがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。ポール・マッカートニーは「The Who のような騒がしい曲を作りたかった。」と述べている。ビートルズの楽曲の中でも極めて激しい楽曲である。"Helter Skelter"は日本盤翻訳が「しっちゃかめっちゃかだ」としているように(形容詞)「混乱している」・(名詞)(英国)らせん式すべり台などを意味する。ポールは「ザ・フーのピート・タウンゼンドが『ザ・フーの新曲・恋のマジック・アイは今までのどの楽曲よりも激しく妥協のない曲』との言葉が載っているインタビュー記事に触発されてHelter Skelter を作詞作曲した」と述べている。。ヘルター・スケルター フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ギルモア

    デヴィッド・ギルモアから見たザ・フーザ・フー

    1984年、アルバム『狂気のプロフィール』を発表。ディープ・パープルのジョン・ロード、ザ・フーのピート・タウンゼント、スティーヴ・ウィンウッドらが参加する。直後にソロ名義として初のツアーを行っている。ロンドン公演の模様はビデオ作品『David Gilmour』(※日本未発表)に収められている。デヴィッド・ギルモア フレッシュアイペディアより)

372件中 11 - 20件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード