272件中 11 - 20件表示
  • ステレオフォニックス

    ステレオフォニックスから見たザ・フーザ・フー

    「常に音楽的な進化を見せている。融合もある。初期のザ・フーに似ているよ。」──ロジャー・ダルトリー(ザ・フー)ステレオフォニックス フレッシュアイペディアより)

  • マクフライ

    マクフライから見たザ・フーザ・フー

    トムがジェイムスと曲を書いている頃に出会い、2人で活動するようになった。色んなレコード会社を回って、アコースティック演奏を披露し、ユニバーサルとサインした。サッカーが好きで、チャリティーマッチに出場して、プロに混じってサッカーをしたことがある。好きな選手はイバン・カンポ。デビュー当初はストレートパーマをかけていたがアイロンをかけるのを面倒臭くなったため現在は元通りにパーマになっている。トムと共にMcFlyの曲作りの中心を担っている。The Who、ブルース・スプリングスティーン、E・ストリート・バンドの大ファンで、5歳からギターを始めた。音楽の趣味が渋いことでも有名で、前述したThe Who、ブルース・スプリングスティーン、E・ストリート・バンドなどの古いバンドや、ケリー・ジョー・フェルプス、ジョン・メイヤーなどのジャジーなアーティストを好む。マクフライ フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・ダルトリー

    ロジャー・ダルトリーから見たザ・フーザ・フー

    ロジャー・ハリー・ダルトリー(Roger Harry Daltrey CBE、1944年3月1日 - )は、イギリスのミュージシャン。ザ・フーのリード・ヴォーカリストとして最も有名である。また、ソロ・シンガーとしての成功した経歴を持ち、映画、演劇、テレビドラマにも数多く出演した。ダルトリーは二番目の妻ヘザーとの間に二人の娘、ロージーとウィロー、そして息子のジェイミーともうけている。身長164cm。2012年4月に来日公演(東京・横浜・大阪・名古屋)を行う。ロジャー・ダルトリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エントウィッスル

    ジョン・エントウィッスルから見たザ・フーザ・フー

    ジョン・アレック・エントウィッスル(John Alec Entwistle, 1944年10月9日 - 2002年6月27日)は、イギリスのミュージシャン。ザ・フーのベーシスト、ソングライター。彼はそのリード・ベースで、ノエル・レディング、クリス・スクワイア、スティーヴ・ハリス、ビリー・シーンといった、同世代及び後のベーシスト達に大きな影響を与え、ロック界を代表するベーシストの一人と見なされる。ジョン・エントウィッスル フレッシュアイペディアより)

  • ライヴ・アット・リーズ

    ライヴ・アット・リーズから見たザ・フーザ・フー

    『ライヴ・アット・リーズ』 (Live at Leeds) は、ザ・フーが、1970年2月14日に行ったリーズ大学での演奏を録音したライブ・アルバム。ライヴ・アット・リーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロック (音楽)

    ロック (音楽)から見たザ・フーザ・フー

    1964年、ビートルズはロックンロールの本場であるアメリカへの上陸をはたし、そのサウンドは全米を席巻することになった。ビートルズ以外にも、エリック・バードン率いるアニマルズやローリング・ストーンズ、ザ・フー、キンクスといったイギリスのロックバンドなどがこの時期つぎつぎとアメリカでヒットしたことから、これはブリティッシュ・インヴェイジョン (British Invasion: イギリスの侵略)と呼ばれる。ロック (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • ロックンロール・サーカス

    ロックンロール・サーカスから見たザ・フーザ・フー

    ロックン・ロール・サーカス(The Rolling Stones Rock and Roll Circus)は、1968年に収録されたローリング・ストーンズの伝説的作品、しかし放映されることなく長年お蔵入りになっていた。1996年になってVHSビデオでリリースされ、初めて公に公開された。エリック・クラプトン、ジョン・レノン、ザ・フーなど豪華なゲストが出演している。お蔵入りになっていた理由は、「ストーンズが自分たちの演奏に満足していなかったから」と言われており、完全燃焼には至っていない。もう一つは「ザ・フーの演奏が良すぎた、盛り上がりすぎた」という理由。当時のストーンズは、ブライアン・ジョーンズが脱退直前の時期で、ゴタゴタがあった。一方、ザ・フーは良いコンディションでミニロックオペラ「クイック・ワン」を演奏、ショーを大いに盛り上げた。そのため、当時ミック・ジャガーは「ザ・フーの演奏がカッコよすぎてストーンズと比較されるから発売しないでほしい」と発言。ザ・フーの演奏が終わった瞬間、このショーはもはや「The Whoのロックンロールサーカス」となってしまったと言われた。ロックンロール・サーカス フレッシュアイペディアより)

  • ライヴエイド

    ライヴエイドから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フー - この日限りの再結成。後に本格的な再結成をすることになる。序盤で中継電源が切れるトラブルによりアメリカ・イギリス両方で映像が途切れてしまった。ライヴエイド フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ギルモア

    デヴィッド・ギルモアから見たザ・フーザ・フー

    1984年、アルバム『狂気のプロフィール』を発表。ディープ・パープルのジョン・ロード、ザ・フーのピート・タウンゼント、スティーヴ・ウィンウッドらが参加する。直後にソロ名義として初のツアーを行っている。ロンドン公演の模様はビデオ作品『David Gilmour』(※日本未発表)に収められている。デヴィッド・ギルモア フレッシュアイペディアより)

  • リンゴ・スター

    リンゴ・スターから見たザ・フーザ・フー

    1965年2月にモーリン・コックスと結婚、同年9月13日に長男ザック(後にザ・フーやオアシスのサポート・ドラマーとして活躍)誕生。同年、MBE勲章を授与される。リンゴ・スター フレッシュアイペディアより)

272件中 11 - 20件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード