372件中 21 - 30件表示
  • ハードロック

    ハードロックから見たザ・フーザ・フー

    ハードロックの起源とされるのは、ビートルズの「ヘルター・スケルター」や、クリーム、ジミ・ヘンドリックス、ザ・フー、ブルー・チアー、ヴァニラ・ファッジなどである。。彼らは、ロック、ブルーズとサイケデリック・ロックを融合し、新しいスタイルを呈示してみせた。特に、ジミ・ヘンドリックスは、大音量でディストーションの掛かった音の先駆けとなった。またブルー・チアーやマウンテン、フリー、グランド・ファンク・レイルロード、ユーライア・ヒープなども、ハードロックの草分け的なバンドであった。ハードロック誕生の背景としては、アメリカで起こっていた公民権運動、これと同時進行する形で世界各国で学生運動が勃発、少し時代が下ってベトナム反戦運動がこの流れに合流する形で「反権力」を旗印とした市民運動が全世界的に盛り上がった時代である。先述した通りブルースの流れを踏襲しているロック音楽全般がプロテスト的色彩を帯びたのは自然の流れである。無論プロテスト的ではないロックも存在していたが、この時代のムードにマッチしたものはプロテスト的なロックであった。その親和性故に市民運動の集会とロック(またはフォークソング)コンサートが合同で行われる形式(今で言うコラボレーション)が自然発生的に出来上がった。また、どちらも若者を中心に人が集まる「市民運動団体」と「レコード会社、コンサート興行主等の音楽産業界」双方の思惑が一致したことから、このコラボレーションは次第に大規模化、組織化されていく。この最大規模のものが「ウッドストック・フェスティバル」である。ハードロック フレッシュアイペディアより)

  • ローリング・ストーンズ

    ローリング・ストーンズから見たザ・フーザ・フー

    1967年の前半、ミック、キース、ブライアンは気晴らしで始めた麻薬に対して「ニュース・オブ・ザ・ワールド」紙が「Pop Stars and Drugs: Facts That Will Shock You」と題した3部構成の記事を発表した後、当局による摘発を受ける。記事ではザ・フーのピート・タウンゼントやクリームのジンジャー・ベイカーらが参加したムーディー・ブルースが主催したLSDパーティについて述べ、トップスター達が薬物を使用していることを暴露した。最初の記事ではドノヴァンがターゲットにされ(すぐ後に摘発され罰金刑を受ける)、第2回(2月5日発行)でストーンズがターゲットにされた。ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 甲本ヒロト

    甲本ヒロトから見たザ・フーザ・フー

    ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・フーが訪日すると、スケジュールを開けて、出来る限りライブを観に行っている。甲本ヒロト フレッシュアイペディアより)

  • The Who

    The Whoから見たザ・フーザ・フー

    The Who フレッシュアイペディアより)

  • Tsunamic Girls From Tokyo

    Tsunamic Girls From Tokyoから見たザ・フーザ・フー

    イギリスのロックバンド、ザ・フーのカバー曲。Tsunamic Girls From Tokyo フレッシュアイペディアより)

  • CRAZY興業

    CRAZY興業から見たThe Whoザ・フー

    すこしふくよかな体型からは信じられない爆音を放つドラマー。本人曰く、The Whoのキース・ムーンの心意気で叩いているらしい。CRAZY興業 フレッシュアイペディアより)

  • コウダリョウイチ

    コウダリョウイチから見たThe Whoザ・フー

      Eagles、The Who、THE BEATLES、など。コウダリョウイチ フレッシュアイペディアより)

  • スウィート・チルドレン

    スウィート・チルドレンから見たザ・フーザ・フー

    マイ・ジェネレーション(ザ・フーのカヴァー) - "My Generation" - 2:19スウィート・チルドレン フレッシュアイペディアより)

  • フールズ・ガーデン

    フールズ・ガーデンから見たザ・フーザ・フー

    バンドはよくライヴでロックンロール・クラシック(ビートルズの「涙の乗車券」、ザ・フーの「マイ・ジェネレーション」など)をカバーする。彼らのスタジオ・アルバムにビートルズの「クライ・ベイビー・クライ」や「マーサ・マイ・ディア」を収録しているなど、フールズ・ガーデンはイギリスの音楽に大きな影響を受けている。フールズ・ガーデン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・メイヤー・トリオ

    ジョン・メイヤー・トリオから見たザ・フーザ・フー

    メンバーはジョンの他、ザ・フーのサポートメンバーとしても知られるピノ・パラディーノ(Pino Palladino, ベース)、エリック・クラプトンなど数多くのミュージシャンのバックでドラマーを務めるスティーヴ・ジョーダン(Steve Jordan, ドラムス)。ジョン・メイヤー・トリオ フレッシュアイペディアより)

372件中 21 - 30件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード