272件中 41 - 50件表示
  • POCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004

    POCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004から見たザ・フーザ・フー

    ザ・フー - (初来日公演)POCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004 フレッシュアイペディアより)

  • ロニー・レーン

    ロニー・レーンから見たザ・フーザ・フー

    シングル「ハウ・カム」「密漁者」の成功後、彼はアイランド・レコードに移籍し『スリム・チャンス』と『ワン・フォー・ザ・ロード』をリリースする。1976年にスモール・フェイセズの再結成ライヴに誘われるが、二度のリハーサル後に参加を取りやめる。しかしながら、再結成スモール・フェイセズの一員としてアトランティック・レコードとの契約が成立していたため、WEA/アトランティックはレコードリリースの義務があると彼に通知した。ザ・フーのピート・タウンゼントが彼に手を貸し、二人はアルバム『ラフ・ミックス』を録音し1977年にリリースした。同作のリリースでレーンはWEAとの契約義務から解放された。ロニー・レーン フレッシュアイペディアより)

  • ライヴ・アット・シェイ・スタジアム

    ライヴ・アット・シェイ・スタジアムから見たザ・フーザ・フー

    ライヴ・アット・シェイ・スタジアム (The Clash: Live At Shea Stadium) はパンク・ロック・バンド、ザ・クラッシュのライブ・アルバム。1982年、ザ・フーのシェイ・スタジアムでの公演2日目のオープニングアクトの録音で、コズモ・ヴァイナルがプロデュースしたライヴである。音源はジョー・ストラマーが引越しの荷造りをしていた時に発掘された。イギリスでは2008年10月6日に、アメリカではその翌日にリリースされた。ライヴ・アット・シェイ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • キャリアー・ドーム

    キャリアー・ドームから見たザ・フーザ・フー

    ドームでは過去に、ブルース・スプリングスティーンやポリス、プリンス、エルトン・ジョン、フランク・シナトラ、ビリー・ジョエル、ザ・グレイトフル・デッド、ロッド・スチュアート、U2、ジェネシス、ローリング・ストーンズ、ガース・ブルックス、ザ・フー、ニール・ダイアモンド、ピンク・フロイド、バリー・マニロウが、コンサートを行った。キャリアー・ドーム フレッシュアイペディアより)

  • ハイワット

    ハイワットから見たザ・フーザ・フー

    ハイワット・ブランドは、ザ・フーのピート・タウンゼントとジョン・エントウィッスルの要求に応えるために造られた。タウンゼントはサウンド・シティアンプを1967年から、エントウィッスルはそれ以前から使用しており、1968年の後半、彼らの機器に対する小規模な改良を求めた。この要求は拒否されたが、サウンド・シティの元製造者であったデイヴ・リーヴス (Dave Reeves )はその要求に同意し、ハイライト・エレクトロニクスの名でカスタム版サウンド・シティL100アンプを製造。このモデルはハイワットDR103と名付けられ、1970年にCP103「スーパー・フー100」モデルへと改良される。タウンゼントは10年以上、ほぼこのモデルのみを使用した。1973年にはDR103Wへと更新され、タウンゼントは現在もこのモデルを使用している。ハイワット フレッシュアイペディアより)

  • THE KIDS ARE ALRIGHT

    THE KIDS ARE ALRIGHTから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フーの「キッズ・アー・オールライト」のカバー。ジャケット写真はキッスのパロディになっている。THE KIDS ARE ALRIGHT フレッシュアイペディアより)

  • グレン・ティプトン

    グレン・ティプトンから見たザ・フーザ・フー

    Edge Of The World(2006年)- ジョン・エントウィッスル(元ザ・フー)、コージー・パウエルが全面参加。1996年にレコーディングされ同年に発表される予定だった。しかし、レコード会社に「古臭い」と作り直しを要求され、10年近くの間、お蔵入り状態になっていた。グレン・ティプトン フレッシュアイペディアより)

  • ピンナップス

    ピンナップスから見たザ・フーザ・フー

    全曲とも1960年代の作品のカヴァー。殆どは英国のバンドの曲だが、B1のオリジナルのイージービーツのみオーストラリアのバンド。内訳はプリティ・シングス(A1、B3)、ゼム(A2)、ヤードバーズ(A3、B4)、ピンク・フロイド(A4)、モージョズ(A5)、ザ・フー(A6、B5)、イージービーツ(B1)、マージーズ(B2)、キンクス(B6)。ピンナップス フレッシュアイペディアより)

  • 8弦ベース

    8弦ベースから見たザ・フーザ・フー

    ジョン・エントウィッスル(ザ・フーのベーシスト。)8弦ベース フレッシュアイペディアより)

  • 野崎歓

    野崎歓から見たザ・フーザ・フー

    また大学時代、バンドでドラムを叩いていた野崎は大のロックファンであり、「芸術新潮」2008年1月号でキャロル・キング、「東京人」2008年12月号でザ・フーについて礼讃文をつづっている。2008年、東大文学部現代文芸論の学生誌「本郷通り、」のロック特集では、柴田元幸と対談している。野崎歓 フレッシュアイペディアより)

272件中 41 - 50件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード