372件中 41 - 50件表示
  • ギブソン・エクスプローラー

    ギブソン・エクスプローラーから見たザ・フーザ・フー

    アレンビックは、後期ザ・フーのジョン・エントウィッスルにいくつかの特注品のベースを作成。これらは、エクスプローラーのボディ形状を元にしている。彼の死後、アレンビックはジョンのカスタムベースを限定生産している。ワーウィックは、このカスタムベースを元にした「ストライカー・ベース」を製造した。ギブソン・エクスプローラー フレッシュアイペディアより)

  • マーシャル (アンプ)

    マーシャル (アンプ)から見たザ・フーザ・フー

    その後、ロックミュージックの大衆化によってアンプの大音量、大型化の要求が強まった。特に熱心だったのが、ザ・フーのピート・タウンゼントで、彼は最初、100Wの特注アンプ(JTM45/100)と共に、直径12インチ(約30cm)のスピーカーを8個入れた縦長のキャビネットの製作を提案した。しかし、それは重量が重く大型のため、機材の運搬に手間が掛かり、不評であった。その解決策として、マーシャル社は12インチスピーカーを4個入れたキャビネットを2台重ねて使うことを発案する。これにより、同等の効果が得られ、運搬や設置の労力も減らされることとなった。さらに、その上にアンプ部を重ね、3段積みとした独特のスタイルは「マーシャル・スタック」とも呼ばれ、自社のトレードマークになった。マーシャル (アンプ) フレッシュアイペディアより)

  • リードギター

    リードギターから見たザ・フーザ・フー

    初期のビートルズ(特にステージ演奏)のジョージ・ハリスンのように、ギタリスト二人のうちのどちらかがリードギターを担うパターンや、ローリング・ストーンズのように二人のギタリストが、曲によって役割分担するパターン、ザ・フーやクリームなど、一人しかギタリストのいないバンドは、リードギターとリズムギターを兼任している。リードギター フレッシュアイペディアより)

  • シルバートーン (シアーズ・ローバックのブランド)

    シルバートーン (シアーズ・ローバックのブランド)から見たザ・フーザ・フー

    後にゲス・フー(The Guess Who)へと発展したカナダのバンド、Chad Allan and The Silvertones は、この楽器ブランドにちなむ名であった。ピート・タウンゼントは、ザ・フーのライブで叩き壊すギターとしてシルバートーンをしばしば用いた。ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトは、年代もののシルバートーンのアンプを使っていることで知られている。シンガーソングライターのベック・ハンセンが主に使っているギターは、シルバートーンである。シルバートーン (シアーズ・ローバックのブランド) フレッシュアイペディアより)

  • フリークス学園

    フリークス学園から見たザ・フーザ・フー

    全編に渡りザ・フー、ヴァン・ヘイレン、ラッシュ、スティクス、グレイトフル・デッド、ムーディー・ブルース、ビリー・ジョエルといった著名なミュージシャン達の楽曲が効果的に使われており、それ故にDVD(日本未発売)化の際は困難を極めた。フリークス学園 フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ジョーンズ

    ケニー・ジョーンズから見たザ・フーザ・フー

    1978年にキース・ムーンの後任としてザ・フーに加入する。フーは1982年に解散、1985年の再結成には参加したが、その後1989年の再結成には参加しなかった。ケニー・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間

    ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間から見たザ・フーザ・フー

    2009年6月9日にBlu-ray DiscとDVDでリリースされた映画のディレクターズ・カット版(225分)では新たに権利をクリアしたジミ・ヘンドリックス、ザ・フー、サンタナ、ジョーン・バエズらの映像など、貴重なパフォーマンスを追加。全体として、再編集され、公開時の上映用オリジナル版では見られなかったカットを多く含んでいる。ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間 フレッシュアイペディアより)

  • サンクチュアリ・レコード

    サンクチュアリ・レコードから見たザ・フーザ・フー

    所属アーティストはおよそ120組、楽曲カタログは世界最大の150,000曲超。傘下には Sanctuary Artist Management(アイアン・メイデン、ガンズ・アンド・ローゼズ、スリップノット)、Music World Entertainment(ビヨンセ、デスティニーズ・チャイルド)、Trinifold(ロバート・プラント、ザ・フー)などがある。サンクチュアリ・レコード フレッシュアイペディアより)

  • キャリアー・ドーム

    キャリアー・ドームから見たザ・フーザ・フー

    ドームでは過去に、ブルース・スプリングスティーンやポリス、プリンス、エルトン・ジョン、フランク・シナトラ、ビリー・ジョエル、ザ・グレイトフル・デッド、ロッド・スチュアート、U2、ジェネシス、ローリング・ストーンズ、ガース・ブルックス、ザ・フー、ニール・ダイアモンド、ピンク・フロイド、バリー・マニロウが、コンサートを行った。キャリアー・ドーム フレッシュアイペディアより)

  • クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン

    クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウンから見たザ・フーザ・フー

    音楽的な系譜ではサイケデリック・ロックとシアトリカル・ロックの過渡期に位置し、火の点いた蝋燭を中に入れたマスクを被って歌うアーサー・ブラウンのパフォーマンスは、アリス・クーパーなどに影響を与えている。アルバムはピート・タウンゼント(ザ・フー)がと共同でプロデュースした。USAツアーの際、飛行機恐怖症で参加を拒んだドラマーのドレイチェン・シーカー、神経衰弱になったキーボードのヴィンセント・クレーンの穴を臨時メンバーでこなした、帰国後に雇われたのは、後にEL&Pで知られるドラマーのカール・パーマー、キーボードのピート・ソリーである。後にクレインが復帰するが、再度のUSAツアー中にパーマー、クレインは脱退、アトミック・ルースターを結成した。クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン フレッシュアイペディアより)

372件中 41 - 50件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード