372件中 51 - 60件表示
  • Word painting

    Word paintingから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フーの『トミー』の中の『鏡をこわせ』もそれに似ている。Word painting フレッシュアイペディアより)

  • The VOMITS

    The VOMITSから見たザ・フーザ・フー

    バンドの中心的存在。ロゴ製作やステージングといったプロデューサー的な顔も持ち合わせていた。幼少の頃にザ・フーのキース・ムーンに憧れドラムを始める。The VOMITS フレッシュアイペディアより)

  • パブロック

    パブロックから見たザ・フーザ・フー

    初期のビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、キンクスなど、アメリカの1950-60年代のロックンロールやブルース、リズム&ブルース、カントリー、フォーク・ミュージックに影響されたバンドが勃興したいわゆるブリティッシュ・インヴェイジョンの時期から、ハードロック、プログレッシブ・ロック、サイケデリック・ロックなど、次第に技巧や構成に凝る傾向がバンドが台頭してきた時期に、そのようなロックの主流とは離れ、おおむね先述のバンドと同様に、シンプルな曲構成、比較的荒削りな演奏、労働者階級を意識した作詞を持ち味とし、パンクロックの誕生に大きな影響を与えた。パブロック フレッシュアイペディアより)

  • ジ・アセンブルド・マルティテュード

    ジ・アセンブルド・マルティテュードから見たザ・フーザ・フー

    ジ・アセンブルド・マルティテュード (The Assembled Multitude) は、1970年にアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアで音楽プロデューサーのトム・セラーズ (Ton Sellers) が組織した器楽アンサンブル。グループ名は、「多数のものから組み立てられた大きなもの」といった意味。マルティテュードは、1970年に、セルフタイトル・アルバムをアトランティック・レコードからリリースしたが、このアルバムには、「ウッドストック」、「オハイオ (Ohio)」、「MacArthur Park」、「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」や、ザ・フーのアルバム『トミー』の「Overture」を編曲したものなどが収められていた。このうち「Overture」は、ビルボード誌のポップ・シングル・チャートで全米16位まで上昇した。ジ・アセンブルド・マルティテュード フレッシュアイペディアより)

  • デイヴ・クルーセン

    デイヴ・クルーセンから見たザ・フーザ・フー

    ワシントン州のタコマに生まれ、幼い頃からエルヴィス・プレスリーやチャック・ベリーの音楽に親しみ、後にビートルズやレッド・ツェッペリン、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、ポリス、ニール・ヤングなども好むようになる。1970年代後半からシアトル周辺のローカル・バンドに参加し演奏を始める。デイヴ・クルーセン フレッシュアイペディアより)

  • 梶原徹也

    梶原徹也から見たザ・フーザ・フー

    ロックンロール座右の銘は「迷ったときはザ・フーを見ろ」梶原徹也 フレッシュアイペディアより)

  • ロスキルド・フェスティバル

    ロスキルド・フェスティバルから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フー, ビースティ・ボーイズ, レッド・ホット・チリ・ペッパーズ, ティエスト, ミューズ, クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ , ビョークロスキルド・フェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・バンクス

    ピーター・バンクスから見たザ・フーザ・フー

    バンド名「イエス」の考案者がピーター・バンクスである。少ない文字数のバンド名であると、大きな文字でポスターにバンド名が印刷されるというメリットを考えてのことだった。彼の尊敬するザ・フーのバンド名から影響されたとも発言している。「イエス」のバンド名を提案したところ、他のメンバーから「とんでもない!」と反対があったものの、「メイベル・グリーアズ・トイショップという名前のほうがとんでもないじゃないか!」と言って説得したとされている。ピーター・バンクス フレッシュアイペディアより)

  • イアン・マクレガン

    イアン・マクレガンから見たザ・フーザ・フー

    イアンの妻(Kim McLagan)は2006年8月2日に彼らの住むアメリカ合衆国テキサス州オースティンの近くで交通事故により57歳で死亡。彼女の元夫はザ・フーのドラム奏者・キース・ムーン。イアン・マクレガン フレッシュアイペディアより)

  • スクリーミング・ロード・サッチ

    スクリーミング・ロード・サッチから見たザ・フーザ・フー

    このアルバムのヒットを受けて、1971年には同名義でライブアルバム「ハンズ・オブ・ジャック・ザ・リッパー」を発表。今回はリッチー・ブラックモア、ノエル・レディング、キース・ムーン(ザ・フー)が参加。サッチ本来の持ち味であるロックンロールのカバーが中心で、オリジナル曲を改作した演劇的な長尺の「ハンズ・オブ・ジャック・ザ・リッパー」を収録している。1972年にはイギリスのウェンブリースタジアムで開催されたロックンロールリバイバルショウに、60年代初期の人気シンガーのハインツ(元トーネイドスのベーシスト)とともにイギリス代表として出演した(アメリカからはビル・ヘイリー、チャック・ベリー、ボ・ディドリー、リトル・リチャード、ジェリー・リー・ルイスという伝説的なロックンローラーが出演)。前宣伝として、サッチは髪を緑色に染め、下着姿の女性陣とともにロンドンでパレードを行い警察沙汰となっている。ショウでは、同じく下着姿の女性に担がれた白い棺に入り葬送行進曲に乗って登場し、背丈ほどもある銀色のシルクハットを被り、デビュー曲の「ティル・ザ・フォローイング・ナイト」と「ハンズ・オブ・ジャック・ザ・リッパー」を披露した。サッチは当時、アメリカのロック・スターであるアリス・クーパーを、スタイルを真似たとして訴えていたが、スタジアムでの「ハンズ・オブ・ジャック・ザ・リッパー」演奏時に、ロサンジェルスから招いたという「アリス・クーパー」と言う名前のストリッパーを登場させ、舞台でストリップショウを演じさせている(記録映画「ロンドン・ロックンロール・ショウ」で見ることができる)。スクリーミング・ロード・サッチ フレッシュアイペディアより)

372件中 51 - 60件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード