272件中 51 - 60件表示
  • 12弦ベース

    12弦ベースから見たザ・フーザ・フー

    ジョン・エントウィッスル (ザ・フーのベーシスト)12弦ベース フレッシュアイペディアより)

  • 動乱(獣を野に放て)

    動乱(獣を野に放て)から見たザ・フーザ・フー

    LP時のB面オープニング曲「屋根の上の殺し屋」は表向き、テロリズム・戦争・汚職への怒号であるが、直接的にはスコットランドヤードの対テロリスト武装警官がバンドのカムデン・マーケットの拠点を強襲したことを書いたものである。この事件はシムノンとヒードン(他友人3名)がリハーサルスタジオビルの屋上から空気銃でレース鳩を撃ったことにより逮捕され、750ポンドの罰金を課せられたというもの。この曲のメインリフはザ・フーの "I Can't Explain" のモロな盗用である。動乱(獣を野に放て) フレッシュアイペディアより)

  • タウンハウス・スタジオ

    タウンハウス・スタジオから見たザ・フーザ・フー

    タウンハウス・スタジオ は、かつて西ロンドンにあった録音スタジオである。正式名称はザ・タウン・ハウス 。1978年にリチャード・ブランソンによって建てられ、ヴァージン・スタジオ・グループの一つとしてバーバラ・ジェフリーズが運営していた。ヴァージン・スタジオ・グループはリチャードによって1992年にヴァージン・レコードと共にEMIに売却され、その後2002年にサンクチュアリ・グループがEMIから買収している。サンクチュアリによる買収後の2008年4月頃にユニバーサルがスタジオを閉めたが、タウンハウス・スタジオでその技術を磨いたレコーディング・エンジニアで音楽プロデューサーのアル・ストーンは、スタジオの最後を見届けるだけのために、2006年にサンクチュアリのもとでスタジオ運営をした。施設内には3つのレコーディング・ルームがあり、それぞれNo.1、No.2、No.4とナンバリングされていたが、No.3はザ・フーが所有するラムパート・スタジオを指している。タウンハウス・スタジオ フレッシュアイペディアより)

  • リヴィング・エンド

    リヴィング・エンドから見たザ・フーザ・フー

    リヴィング・エンドは自らをパンク・イデオロギー(en)のロックン・ロールバンドと考えており、同じ傾向を持つバンドとしてイギー・ポップ、ザ・フー、ザ・ジャムを挙げている他、周囲に社会的な論評を広げることを目的としている。また、1990年代のパンク・リバイバリストであるランシドに好意的である。しかし、彼ら自身は自らがパンク・バンドであるとは考えていない。リヴィング・エンド フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・キッド&ザ・パイレーツ

    ジョニー・キッド&ザ・パイレーツから見たザ・フーザ・フー

    後にザ・フーがライヴ・アット・リーズで採り上げるこの曲は、当時の批評家たちから「クリフ・リチャードの『ムーヴ・イット (Move It)』に続く、ブリティッシュロックのクラシック」と評された。ジョニー・キッド&ザ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • モスクワ・ミュージック・ピース・フェスティバル

    モスクワ・ミュージック・ピース・フェスティバルから見たザ・フーザ・フー

    付随したチャリティー企画で、アンチ・ドラッグ/アルコール・キャンペーンのオムニバス・アルバム『Stairway to Heaven/Highway to Hell 』が、1989年11月にマーキュリー・レコードから発売された。コンサートの出演者がそれぞれ、ザ・フーやセックス・ピストルズ、ジミー・ヘンドリックス、シン・リジィ、ジャニス・ジョップリン、トミー・ボーリン、レッド・ツェッペリンのカヴァーを収録している。また、3曲のジャムが収録されている。モスクワ・ミュージック・ピース・フェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • アビー・ホフマン

    アビー・ホフマンから見たザ・フーザ・フー

    1969年のウッドストック・フェスティバルでホフマンは、ホワイトパンサー党のジョン・シンクレアの刑務所収監に対する抗議スピーチを行おうとして、ザ・フーのステージを中断させた。彼はマイクをつかみ「これはくそったれの集まりだ!。こうしている間にもジョン・シンクレアは刑務所でくさっている!」と言った。フーのギタリスト、ピート・タウンゼントは「畜生!、俺の糞ったれステージから離れやがれ!」と叫んだ。そして、舞台裏でホフマンをギターで殴った。タウンゼントは後にシンクレアの収監に対して実際にはホフマンと意見が一致していたと語っている。しかし当時の出来事は現在も不名誉に語られる。アビー・ホフマン フレッシュアイペディアより)

  • ザ・コーツ

    ザ・コーツから見たザ・フーザ・フー

    THE BLUE HEARTS結成以前に、甲本ヒロトが結成していたモッズ・バンドである。THE BLUE HEARTSの楽曲である「キスしてほしい」、「NONONO」、「人にやさしく」(当時は、「がんばれのうた」)、「少年の詩」、「ロマンチック」などはこの頃から演奏されていた。また、ビートルズ、ザ・フー、ローリング・ストーンズ、キンクス、オーティス・レディング、セックス・ピストルズなどの楽曲もコピーしていた。前身バンドはラウンドアバウト。ザ・コーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロスキルド・フェスティバル

    ロスキルド・フェスティバルから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フー, ビースティ・ボーイズ, レッド・ホット・チリ・ペッパーズ, ティエスト, ミューズ, クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ , ビョークロスキルド・フェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・マカロック

    ジミー・マカロックから見たザ・フーザ・フー

    13歳でサイケデリック・バンド "One In A Million" に加入し、デビューする。15歳で参加した "Thunderclap Newman" で、ザ・フーのピート・タウンゼントプロデュースによるシングル "Something In The Air" が1969年7月英国チャートで1位を獲得し、マカロックは「英国1位獲得曲で演奏した最年少のギタリスト」となった。ジミー・マカロック フレッシュアイペディアより)

272件中 51 - 60件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード