272件中 61 - 70件表示
  • ジョン・メイヤー・トリオ

    ジョン・メイヤー・トリオから見たザ・フーザ・フー

    メンバーはジョンの他、ザ・フーのサポートメンバーとしても知られるピノ・パラディーノ(Pino Palladino, ベース)、エリック・クラプトンなど数多くのミュージシャンのバックでドラマーを務めるスティーヴ・ジョーダン(Steve Jordan, ドラムス)。ジョン・メイヤー・トリオ フレッシュアイペディアより)

  • 亀渕昭信

    亀渕昭信から見たザ・フーザ・フー

    1966年10月から1年間、現地のラジオや音楽を勉強するため渡米。前半はサンフランシスコ州立大学に聴講生として通い、後半はロサンゼルスを中心としたアメリカのラジオ局を訪問する。当時のサンフランシスコ・ベイエリアは新しいロックのメッカでもあり、亀渕はジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックス、クイックシルバー・メッセンジャーサービス、グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレイン、カントリー・ジョー&フィッシュなど、ベイエリアで人気上昇中のグループや、ドアーズ、オーティス・レディング、ザ・フー、クリームなど、ツアーでサンフランシスコにやって来る人気アーティストのライブ、またモントレー・ポップ・フェスティバル等のイベントを観賞した。亀渕昭信 フレッシュアイペディアより)

  • キャス・エリオット

    キャス・エリオットから見たザ・フーザ・フー

    エリオットがハムサンドを喉に詰まらせて死んだという都市伝説が生まれた。彼女の遺体が発見された直後の警察の発表では、彼女の部屋で食べかけのサンドイッチが発見され、これを食べている時に窒息した可能性が語られている。検死官による検死の結果、気管に食物は発見されず、死因は心筋梗塞であり、睡眠中の死であったと断定された。しかし、その時には既にもっともらしい噂が広まっており、本当の死因が話題になることは殆ど無かった。エリオットは奇しくも4年後にザ・フーのドラマー、キース・ムーンが他界することとなる、同じメイフェア・カーズン街9の12号フラットで息を引き取った。キャス・エリオット フレッシュアイペディアより)

  • メスカリン・ドライヴ

    メスカリン・ドライヴから見たザ・フーザ・フー

    また、マニアックな選曲のカヴァーも彼女らの魅力であり、シルヴァーヘッドの「ハロー・ニューヨーク」、パティ・スミスの「ロックンロール・ニガー」、ローリング・ストーンズの「スウェイ」「リヴ・ウィズ・ミー」、ボブ・ディランの「アブソリュートリー・スイート・マリー」「我が道を行く」「火の車」「セヴン・デイズ」、ウィルソン・ピケットの「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」、アイク&ティナ・ターナーの「リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ」、エディ・フロイドの「ビッグ・バード」、ザ・フーの「バーゲン」、トラフィックの「ミスター・ファンタジー」、P.P.アーノルドの「グルーヴィー」、オノ・ヨーコの「ムーヴ・オン・ファースト」、ザ・スミスの「アスク」などがライヴで取り上げられ、その多くは、2009年編纂のコンピレーション『アーリー・ソウル・フラワー・シングルズ』に収録されている。メスカリン・ドライヴ フレッシュアイペディアより)

  • フィードバック奏法

    フィードバック奏法から見たザ・フーザ・フー

    ギターで使われる高音のフィードバック奏法は、イギリスのロックバンドであるザ・フーのギタリスト、ピート・タウンゼントがはじめて行ったというのが通説のひとつである。ただしタウンゼント以前にも、アメリカのジャズやブルースのミュージシャンがフィードバックを使用していたという話もあるため一概には言えないようである。60年代当時はガボール・ザボとキース・レルフがフィードバック奏法の発明者として有名であった。フィードバック奏法 フレッシュアイペディアより)

  • イン・ザ・シティ

    イン・ザ・シティから見たザ・フーザ・フー

    音楽的には、この曲は初期ザ・フーの影響を受けたモッズ/パンク(エネルギーと姿勢はパンク世代にアップデートされているが)で、ファーストアルバムの脈となっている。「イン・ザ・シティ」はコード進行と詞の内容をザ・フーのあまり知られていない同名曲(1966年の「アイム・ア・ボーイ」のB面曲。その後CDで再発売された『ア・クイック・ワン』にもボーナストラックで収録)から借りている。この曲のイントロの駆け降りるベースラインは、数か月後にリリースされたセックス・ピストルズの「さらばベルリンの陽」(Holidays In The Sun) に似ている。イン・ザ・シティ フレッシュアイペディアより)

  • エンドレス・ワイヤー

    エンドレス・ワイヤーから見たザ・フーザ・フー

    『エンドレス・ワイヤー』(Endless Wire)は、ザ・フーが2006年に発表したアルバム。再結成後としては初のスタジオ・アルバムで、『イッツ・ハード』以来24年ぶりの新作アルバムとして発表された。エンドレス・ワイヤー フレッシュアイペディアより)

  • ヘッドレス・チルドレン

    ヘッドレス・チルドレンから見たザ・フーザ・フー

    以前の作品よりもシリアスな路線に移った作品で、音楽評論家のGreg Pratoはallmusic.comにおいて「長年のファンが、初期の作品の下品なヘヴィメタル路線を好むとしても、本作はW.A.S.P.の作品としては最も完成されている」と評している。「リアル・ミー」は、ザ・フーのアルバム『四重人格』(1973年)収録曲のカヴァー。ヘッドレス・チルドレン フレッシュアイペディアより)

  • アラン・カービシュリー

    アラン・カービシュリーから見たザ・フーザ・フー

    音楽プロデューサー(「ザ・フー」が有名、また現在は映画制作も手がける)として著名なビルを兄に持つ。アラン・カービシュリー フレッシュアイペディアより)

  • 背信の門

    背信の門から見たザ・フーザ・フー

    メジャー・レーベルのCBSへの移籍第1弾であり、アメリカでもコロムビア・レコードから発売された。レコーディングは主にザ・フーが所有するランポート・スタジオで行われ、元ディープ・パープルのロジャー・グローヴァーがプロデューサーに起用された。アラン・ムーアは既に脱退していたため、サイモン・フィリップス がサポート・ドラマーとして全曲に参加した。背信の門 フレッシュアイペディアより)

272件中 61 - 70件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード