272件中 71 - 80件表示
  • ロックパイル

    ロックパイルから見たザ・フーザ・フー

    1979年12月29日、ポール・マッカートニー・アンド・ウイングス、クイーン、スペシャルズ、クラッシュ、イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズ、プリテンダーズ、ザ・フー、レッド・ツェッペリンのメンバーら超大物アーティストが集結した「カンボジア難民救済コンサート」Concerts for the People of Kampucheaが開催され、ロックパイルとレーベル・メイトのエルヴィス・コステロも参加。ロックパイルは『スリータイム・ルーザー』(Three Time Loser) と、ロバート・プラントとジョイントしての『リトル・シスター』(Little Sister) を演奏した。ロックパイル フレッシュアイペディアより)

  • シング・イット・アゲイン・ロッド

    シング・イット・アゲイン・ロッドから見たザ・フーザ・フー

    過去4作のソロ・アルバムから選ばれた11曲に、ザ・フーのカヴァー「ピンボールの魔術師」を追加した内容。オリジナルLPは、ウイスキーのグラスをモチーフとした変形ジャケットで発売された。シング・イット・アゲイン・ロッド フレッシュアイペディアより)

  • フールズ・ガーデン

    フールズ・ガーデンから見たザ・フーザ・フー

    バンドはよくライヴでロックンロール・クラシック(ビートルズの「涙の乗車券」、ザ・フーの「マイ・ジェネレーション」など)をカバーする。彼らのスタジオ・アルバムにビートルズの「クライ・ベイビー・クライ」や「マーサ・マイ・ディア」を収録しているなど、フールズ・ガーデンはイギリスの音楽に大きな影響を受けている。フールズ・ガーデン フレッシュアイペディアより)

  • シェパーズ・ブッシュ

    シェパーズ・ブッシュから見たザ・フーザ・フー

    シェパーズ・ブッシュから世に出たロック・グループもある。ザ・フーの作品は、1960年代から1970年代にかけてのシェパーズ・ブッシュの若者文化が染み込んでいる。伝説的なパンク・バンドであるセックス・ピストルズは、ギターのスティーヴ・ジョーンズがシェパーズ・ブッシュ生まれ、ドラムのポール・クックがシェパーズ・ブッシュ育ちであった。ふたりはシェパーズ・ブッシュのクリストファー・レン中学校 (Christopher Wren Secondary School) で知り合った。ザ・クラッシュの初期作品にも、シェパーズ・ブッシュやの文化が染み込んでいる。 ザ・リバティーンズや ベイビーシャンブルズでフロントマンを務めたピート・ドハーティは、16歳のときにシェパーズ・ブッシュに引っ越してきた。1980年代のバンドビッグ・カントリーなどで活躍したベーシストのトニー・バトラーは、シェパーズ・ブッシュ生まれである。ブッシュやシンポジウム (Symposium) も、シェパーズ・ブッシュ出身のバンドであり、前者の名は地名に由来するものである。シェパーズ・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • スクリーミング・ロード・サッチ

    スクリーミング・ロード・サッチから見たザ・フーザ・フー

    このアルバムのヒットを受けて、1971年には同名義でライブアルバム「ハンズ・オブ・ジャック・ザ・リッパー」を発表。今回はリッチー・ブラックモア、ノエル・レディング、キース・ムーン(ザ・フー)が参加。サッチ本来の持ち味であるロックンロールのカバーが中心で、オリジナル曲を改作した演劇的な長尺の「ハンズ・オブ・ジャック・ザ・リッパー」を収録している。1972年にはイギリスのウェンブリースタジアムで開催されたロックンロールリバイバルショウに、60年代初期の人気シンガーのハインツ(元トーネイドスのベーシスト)とともにイギリス代表として出演した(アメリカからはビル・ヘイリー、チャック・ベリー、ボ・ディドリー、リトル・リチャード、ジェリー・リー・ルイスという伝説的なロックンローラーが出演)。前宣伝として、サッチは髪を緑色に染め、下着姿の女性陣とともにロンドンでパレードを行い警察沙汰となっている。ショウでは、同じく下着姿の女性に担がれた白い棺に入り葬送行進曲に乗って登場し、背丈ほどもある銀色のシルクハットを被り、デビュー曲の「ティル・ザ・フォローイング・ナイト」と「ハンズ・オブ・ジャック・ザ・リッパー」を披露した。サッチは当時、アメリカのロック・スターであるアリス・クーパーを、スタイルを真似たとして訴えていたが、スタジアムでの「ハンズ・オブ・ジャック・ザ・リッパー」演奏時に、ロサンジェルスから招いたという「アリス・クーパー」と言う名前のストリッパーを登場させ、舞台でストリップショウを演じさせている(記録映画「ロンドン・ロックンロール・ショウ」で見ることができる)。スクリーミング・ロード・サッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミッチ・ミッチェル

    ミッチ・ミッチェルから見たザ・フーザ・フー

    早くからスタジオ・ミュージシャンとして活躍する一方で、十代の頃は子役としてテレビドラマに出演するなど役者としても活動していた。キース・ムーン加入以前のザ・フーのセッションにも参加しているが、正式なメンバーになることはなかった。ミッチ・ミッチェル フレッシュアイペディアより)

  • 連作歌曲

    連作歌曲から見たザ・フーザ・フー

    ポピュラー音楽では、ザ・フーやビートルズ、ピンク・フロイド、シカゴ、エルヴィス・コステロらのように、組曲や連作歌曲を意識したコンセプト・アルバムを作るミュージシャンがいる。連作歌曲 フレッシュアイペディアより)

  • ワイト島音楽祭

    ワイト島音楽祭から見たザ・フーザ・フー

    ワイト島音楽祭(The Isle of Wight Festival)はイングランド南岸にあるワイト島で行われている音楽祭(ロック・フェスティバル)である。元々は1968年から1970年にかけてフォードファーム(ゴッドシル近郊)、ウットン、アフトンダウン(フレッシュウォーター近郊)でそれぞれ行われたものである。1970年の第3回ワイト島音楽祭には、ザ・フー、ドアーズ、ジミ・ヘンドリックス、ジョニ・ミッチェル、マイルス・デイヴィス、ジェスロ・タル、ジョン・セバスチャンなどが出演した。同音楽祭はこの時期のものとしては非常に大規模なもので、世界最大の音楽祭といわれた。ワイト島音楽祭 フレッシュアイペディアより)

  • イニシャルB.B.

    イニシャルB.B.から見たザ・フーザ・フー

    1960年代後半のゲンスブールは英米のロックに傾倒しており、ダニエル・ブラウンはallmusic.comでのレビューにおいて、「ブラッディ・ジャック」に関してはザ・フーを、「マリルー」に関してはザ・ビーチ・ボーイズを引き合いに出している。イニシャルB.B. フレッシュアイペディアより)

  • ジンジャー・ベイカー

    ジンジャー・ベイカーから見たザ・フーザ・フー

    ベイカーのドラミングはその技術、ショーマンシップ、ティンパニの使用で多くの注目を集め、それは以前のロック・ドラマーには見られないものであった。ザ・フーのキース・ムーンがそれに似た大げさなパフォーマンスを行っていたが、ベイカーは1950年代末から60年代初期にかけてイギリスのジャズ・バンドと演奏を行ったことで、技術的に上回っていた。彼の演奏はロック・ドラマーの新しいスタンダードを創り上げた。ベイカーは「Toad」のような曲で長い即興のドラムソロを演奏した。彼は2つのバスドラムを使用したパイオニアである。ジンジャー・ベイカー フレッシュアイペディアより)

272件中 71 - 80件表示