372件中 71 - 80件表示
  • ジュリアナ・ハットフィールド

    ジュリアナ・ハットフィールドから見たザ・フーザ・フー

    2010年2月に作曲、演奏、プロダクション、エンジニアリングやミキシングをすべて自身の手で行った9枚目のアルバム『Peace & Love』を発表。12月にレモンヘッズのイヴァン・ダンドと共にニューヨークで2回アコースティック・ライヴを開き、チケットはソールドアウトと好評だったため、翌年1月までアコースティック・ツアーを行った。2011年8月に10枚目のアルバム『There's Always Another Girl』を発表し、ダウンロード版は自身の誕生日である7月27日に利用可能となった。2012年8月にセルフタイトルのカバーアルバム『Juliana Hatfield』をリリース。ザ・フー、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、レッド・ツェッペリンなどのカバー曲を収録した。2013年9月に12枚目のアルバム『Wild Animals』をリリース。『Peace & Love』に続く自主制作アルバムとなった。同年10月にはサイド・プロジェクトであるマイナー・アルプスの1stアルバム『Get There』を発表。2014年にはジュリアナ・ハットフィールド・スリーを再結成させ、2015年2月に20年半ぶりの2ndアルバム『Whatever, My Love』を発表した。ジュリアナ・ハットフィールド フレッシュアイペディアより)

  • シェパーズ・ブッシュ

    シェパーズ・ブッシュから見たザ・フーザ・フー

    シェパーズ・ブッシュから世に出たロック・グループもある。ザ・フーの作品は、1960年代から1970年代にかけてのシェパーズ・ブッシュの若者文化が染み込んでいる。伝説的なパンク・バンドであるセックス・ピストルズは、ギターのスティーヴ・ジョーンズがシェパーズ・ブッシュ生まれ、ドラムのポール・クックがシェパーズ・ブッシュ育ちであった。ふたりはシェパーズ・ブッシュのクリストファー・レン中学校 (Christopher Wren Secondary School) で知り合った。ザ・クラッシュの初期作品にも、シェパーズ・ブッシュやの文化が染み込んでいる。 ザ・リバティーンズや ベイビーシャンブルズでフロントマンを務めたピート・ドハーティは、16歳のときにシェパーズ・ブッシュに引っ越してきた。1980年代のバンドビッグ・カントリーなどで活躍したベーシストのトニー・バトラーは、シェパーズ・ブッシュ生まれである。ブッシュやシンポジウム (Symposium) も、シェパーズ・ブッシュ出身のバンドであり、前者の名は地名に由来するものである。シェパーズ・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・ボウズ

    ダニー・ボウズから見たザ・フーザ・フー

    音楽的な影響はスティーヴィー・ワンダー、プリンス、マーヴィン・ゲイ、ポール・ロジャース、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、フリーなど、ロックからR&Bまで幅広い。中でもスティーヴィー・ワンダーとプリンスが彼のソングライターとしての2大ヒーローとなっている。シンガーとしてはポール・ロジャースに最初に憧れ、ジェイムズ・デューアやデイヴィッド・カヴァデール、グレン・ヒューズにも影響を受けたとのこと。ダニー・ボウズ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー・バイ・ナンバーズ

    ザ・フー・バイ・ナンバーズから見たザ・フーザ・フー

    ザ・フー・バイ・ナンバーズ(The Who by Numbers)は、イギリスのロックバンド、ザ・フーのアルバム。ザ・フー・バイ・ナンバーズ フレッシュアイペディアより)

  • ファイアボール (アルバム)

    ファイアボール (アルバム)から見たザ・フーザ・フー

    メンバーが、宇宙の彼方へ火の玉となって飛び出す様子を描いたユニークなジャケットは、ニュー・ミュージカル・エキスプレス紙の「ベスト・デザイン・ナンバー・ワン・アルバム賞」を獲得している。タイトル曲である1曲目の最初の部分の効果音は、エアコンのコンプレッサーを作動させた時の音である。また同曲で、イアン・ペイスは珍しく2バスドラムのセットで演奏している。レコーディング当時、たまたまスタジオで隣り合わせになったザ・フーのドラマー、キース・ムーンから借用してレコーディングしたということを後に語っている。当時のコンサート映像でも、この曲を演奏する際にローディーがバスドラムを追加する様子が捉えられているものも存在する。ファイアボール (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • COR-SEZ

    COR-SEZから見たザ・フーザ・フー

    「タイト」「ソリッド」「シャープ」なサウンドとうたわれ、The JamやThe Who等のブリティッシュビートやニューウェーブ、ニューヨークパンクからも影響を受けた。後期には、黒人音楽やマンチェスタームーブメントにも傾倒。COR-SEZ フレッシュアイペディアより)

  • ロニー・レーン

    ロニー・レーンから見たザ・フーザ・フー

    シングル「ハウ・カム」「密漁者」の成功後、彼はアイランド・レコードに移籍し『スリム・チャンス』と『ワン・フォー・ザ・ロード』をリリースする。1976年にスモール・フェイセズの再結成ライヴに誘われるが、二度のリハーサル後に参加を取りやめる。しかしながら、再結成スモール・フェイセズの一員としてアトランティック・レコードとの契約が成立していたため、WEA/アトランティックはレコードリリースの義務があると彼に通知した。ザ・フーのピート・タウンゼントが彼に手を貸し、二人はアルバム『ラフ・ミックス』を録音し1977年にリリースした。同作のリリースでレーンはWEAとの契約義務から解放された。ロニー・レーン フレッシュアイペディアより)

  • あまとう! 七瀬甘るりに不合格祈願

    あまとう! 七瀬甘るりに不合格祈願から見たThe Whoザ・フー

    Beatles、rolling Stones、The Whoに並ぶイギリス四大バンド。You Really Got Meが登場。あまとう! 七瀬甘るりに不合格祈願 フレッシュアイペディアより)

  • POCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004

    POCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004から見たザ・フーザ・フー

    ザ・フー - (初来日公演)POCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004 フレッシュアイペディアより)

  • ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン

    ウルフギャング・ヴァン・ヘイレンから見たザ・フーザ・フー

    好きなベーシスト・影響を受けたベーシストに、プライマスのレス・クレイプール、ザ・フーのジョン・エントウィッスル、クリームのジャック・ブルース、トゥールのジャスティン・チャンセラー、ミューズのクリス・ウォルステンホルムなどを挙げている。ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン フレッシュアイペディアより)

372件中 71 - 80件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード