165件中 21 - 30件表示
  • ザ・フー

    ザ・フーから見たフェイセズ

    デビュー当初はスモール・フェイセス(のちフェイセズに改名)と並びモッズ・カルチャーを代表するバンドと評された。1969年に発表されたアルバム『ロック・オペラ “トミー”』でロック・オペラというジャンルを確立。また1971年発表の『フーズ・ネクスト』では、当時貴重なシンセサイザーを、後のテクノにも影響を与えたミニマル・ミュージック風に導入するなど、先進的な音楽性を持つバンドに成長するに至る。また、ギターを叩き壊しドラムセットを破壊する暴力的なパフォーマンスと文学性豊かな歌詞世界とのギャップが魅力のひとつでもあった。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たザック・スターキー

    ザック・スターキー (Zak Starkey, 1965年9月13日 - )(ドラムス)(在籍期間 1996年 - )ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たスモール・フェイセス

    デビュー当初はスモール・フェイセス(のちフェイセズに改名)と並びモッズ・カルチャーを代表するバンドと評された。1969年に発表されたアルバム『ロック・オペラ “トミー”』でロック・オペラというジャンルを確立。また1971年発表の『フーズ・ネクスト』では、当時貴重なシンセサイザーを、後のテクノにも影響を与えたミニマル・ミュージック風に導入するなど、先進的な音楽性を持つバンドに成長するに至る。また、ギターを叩き壊しドラムセットを破壊する暴力的なパフォーマンスと文学性豊かな歌詞世界とのギャップが魅力のひとつでもあった。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たスモール・フェイセズ

    1968年1月からスモール・フェイセズ、ポール・ジョーンズと共にオーストラリア?ニュージーランドへ遠征する。オーストラリアでのツアー中、移動中の飛行機内でトラブルを起こし警察に連行された。事の発端はあるスチュワーデスがメンバーを侮辱したことだったが、航空会社はスチュワーデスの言い分をそのままのみ、バンド側が酔っ払って下品な言葉を並べたためと訴えた。これに加え現地のメディアからひどいバッシングを受けたことも相まって、グループは二度とオーストラリアを訪れないことを宣言した。2月より再びアメリカ本土に上陸、断続的なツアーは8月末まで行われた。ダルトリーは「アメリカが俺達を団結させてくれた。他に頼れるものはなく、力を合わせるしかなかったんだ」と語っている。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たジョン・エントウィッスル

    ジョン・エントウィッスル (John Entwistle, 1944年10月9日 - 2002年6月27日)(ベース、ボーカル、ブラス、キーボード)ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たピート・タウンゼント

    ピート・タウンゼント (Pete Townshend, 1945年5月19日 - )(ギター、ボーカル、キーボード、シンセサイザー)ザ・フーのメイン・ソングライター。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たムーディ・ブルース

    翌1966年になってもトラブルは続いた。印税配分の不均衡からプロデューサーのシェル・タルミーと対立し、バンドはタルミーとの契約を破棄し、バンドのエージェントであるロバート・スティグウッドが設立したリアクション・レコードへ移籍する。だが、4枚目のシングル「恋のピンチ・ヒッター」のB面曲である「サークルズ」が、著作権侵害に当たるとしてタルミーがシングル発売の停止を裁判所に訴えた。またバンド内の対立も深刻化しており、同年5月にはダルトリーが一時的にバンドを脱退、そのダルトリーが戻ってくると、今度はムーンがダルトリーやタウンゼントと衝突し、バンドを一時的に脱退する。これもランバートらの説得により、1週間後にはムーンは脱退を取り下げた。また当時はエントウィッスルも脱退を考えており、ムーディ・ブルースへの加入を画策していたという。非常に混沌とした時期だったが、この年リリースしたシングル「恋のピンチ・ヒッター」、「アイム・ア・ボーイ」、「ハッピー・ジャック」は全てトップ10入りのヒットとなった。特に「ハッピー・ジャック」は全米24位につけ、アメリカでの初ヒット曲となった。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たスティーヴ・ホワイト

    デビュー40周年の2004年、3月22日のロンドンよりツアーを開始。6月12日、復活版ワイト島フェスティバルに出演。7月24日および25日、横浜と大阪で開催されたロック・フェスティバル、POCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004への出演のため初来日。その後2008年にもバンド単独での来日公演が行われている。また、このツアーでは1968年以来となるオーストラリア公演が実現している。2005年7月2日、ハイドパークで行われたLIVE 8に出演。ベースのピノ・パラディーノはジェフ・ベック、ドラムのザック・スターキーはオアシスとツアーに出ていたため、代役としてデーモン・ミンチェラとスティーヴ・ホワイトがそれぞれのパートを担当。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たキース・ムーン

    キース・ムーン (Keith Moon, 1946年8月23日 - 1978年9月7日)(ドラムス)ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たジミ・ヘンドリックス

    1967年に入ると、アメリカでの活動が本格化。この年、バンドは長期全米ツアーを敢行。6月にはモンタレー・ポップ・フェスティバルに出演。お得意の楽器破壊を披露し、過激なライヴバンドとしてアメリカ人に強いインパクトを残した。出演順をめぐりジミ・ヘンドリックスと争ったエピソードは有名であり、争いに敗れたヘンドリックスは、ギターに火をつけるというザ・フー以上に過激なパフォーマンスを行った。この年の10月にリリースした「恋のマジック・アイ」が全米9位につけるヒット曲となった(ザ・フーのアメリカに於けるシングルの最高位)。またこの頃、タウンゼントはその後の彼の人生と作品に大きな影響をもたらしたインドの導師、メハー・ババに帰依している。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

165件中 21 - 30件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード