76件中 61 - 70件表示
  • ザ・フー

    ザ・フーから見たキーボード (楽器)

    ピート・タウンゼント (Pete Townshend, 1945年5月19日 - )(ギター、ボーカル、キーボード、シンセサイザー)ザ・フーのメイン・ソングライター。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たロック・オペラ

    そののち、1969年に発表されたアルバム『ロック・オペラ “トミー”』でロック・オペラというジャンルを確立。また1971年発表の『フーズ・ネクスト』では、当時貴重なシンセサイザーを、後のテクノにも影響を与えたミニマル・ミュージック風に導入するなど、先進的な音楽性を持つバンドに成長するに至る。ギターを叩き壊しドラムセットを破壊する暴力的なパフォーマンスとT・S・エリオットに影響を受けた文学的知性豊かな歌詞世界とのギャップが魅力のひとつでもあった。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たイギリス

    ザ・フー(The Who)は、イギリスのロックバンド。当初はスモール・フェイセス(のちフェイセズに改名)と並びモッズ・カルチャーを代表するバンドと評された。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たタンバリン

    ロジャー・ダルトリー (Roger Daltrey CBE, 1944年3月1日 - )(ボーカル)ライブでは曲によってハーモニカ、タンバリン、ギターも担当する。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たリズム・アンド・ブルース

    ライブバンドとして知られ、演奏は初期から大音量で行われていたと言われている。オリジナル曲の多いバンドだが、結成当時は主にモータウン、R&Bのカバー・バンドであった。その後、ピート・タウンゼントのクリエーターとしての才能が開花し、ザ・フーのほとんどの曲は彼の作詞作曲によるものとなる。ベーシストのジョン・エントウィッスルも、いくつかの優れた楽曲をバンドへ提供した。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たモータウン

    ライブバンドとして知られ、演奏は初期から大音量で行われていたと言われている。オリジナル曲の多いバンドだが、結成当時は主にモータウン、R&Bのカバー・バンドであった。その後、ピート・タウンゼントのクリエーターとしての才能が開花し、ザ・フーのほとんどの曲は彼の作詞作曲によるものとなる。ベーシストのジョン・エントウィッスルも、いくつかの優れた楽曲をバンドへ提供した。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たシンシナティ

    ムーンの後任に元フェイセズのケニー・ジョーンズを迎え、活動を続行。1979年に入って、キーボードを担当するサポートメンバーのジョン “ラビット” バンドリックを含んだ新生ザ・フーとしてのツアーに臨むが、同年12月3日米オハイオ州シンシナティでのコンサートで開場時に観客が入場ゲートに殺到し、将棋倒しとなって11人が死亡するという悲劇が起きてしまった。同年12月28日、カンボジア難民救済コンサートに出演。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たライブ・エイド

    1985年7月13日のライブ・エイド及び1988年2月8日の英国レコード産業協会 (BPI) 特別功労賞受賞時のライブ演奏のために単発の再結成がなされたのち、1989年に結成25周年記念ツアーが行われた。ツアーバンドとして、1985年から1986年にかけてピート・タウンゼントのライブ時に編成されたディープ・エンドという名のバックバンドが流用される形となり、ドラムを担当したサイモン・フィリップスもその中の一人であった。また、聴力障害の影響でタウンゼントは多くの曲でアコースティックギターを弾くことになり、それを補うためにセカンド・ギタリストとしてスティーヴ・ボルトンが起用される。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見た大英帝国勲章

    ロジャー・ダルトリー (Roger Daltrey CBE, 1944年3月1日 - )(ボーカル)ライブでは曲によってハーモニカ、タンバリン、ギターも担当する。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たバックバンド

    1985年7月13日のライブ・エイド及び1988年2月8日の英国レコード産業協会 (BPI) 特別功労賞受賞時のライブ演奏のために単発の再結成がなされたのち、1989年に結成25周年記念ツアーが行われた。ツアーバンドとして、1985年から1986年にかけてピート・タウンゼントのライブ時に編成されたディープ・エンドという名のバックバンドが流用される形となり、ドラムを担当したサイモン・フィリップスもその中の一人であった。また、聴力障害の影響でタウンゼントは多くの曲でアコースティックギターを弾くことになり、それを補うためにセカンド・ギタリストとしてスティーヴ・ボルトンが起用される。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

76件中 61 - 70件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード