165件中 61 - 70件表示
  • ザ・フー

    ザ・フーから見たオーケストラ

    1972年は結成以来初の長期のオフをとったため、新作はシングル2枚をリリースするに留まったが、この間にエントウィッスル2枚目のソロアルバム『風の詩』、そしてタウンゼントの1stソロ・アルバム『フー・ケイム・ファースト』がリリースされている。またこの年、『トミー』のロンドン交響楽団とのコラボレーションによるオーケストラ版の発表と、それに伴うレインボウ・シアターにおける『トミー』の舞台公演が行われている。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たマイアミ

    だがこのツアー中の1976年1月、ムーンはアルコールの禁断症状を発症し一時意識不明に陥る。さらに8月にはマイアミで過度の飲酒により8日間の入院を余儀なくされ、ツアーの日程に影響を及ぼした。ムーンの長年にわたる酒と薬物による身体・健康状態は深刻なものとなっており、これによりザ・フーは以降長期のツアーを組めなくなる。この年と1977年はデビュー以来初めて新作が発表されず、ダルトリーとタウンゼントがそれぞれソロ・アルバムをリリースするに留まった。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見た難聴

    1985年7月、ライヴ・エイドにて最初の再結成。1988年2月には英国レコード産業協会(BPIアワード)の授賞式で3曲を披露。これを最後にケニー・ジョーンズはザ・フーと袂を分った。この前年の1987年、タウンゼントは結成25周年に当たる1989年に、ザ・フーとしての新作とツアーを行う事を表明していたが、新作は彼のソロアルバム『アイアン・マン』の中で、ザ・フー名義の曲が2曲収録されるに留まった。しかしツアーは『トミー』の発表20周年に合わせて敢行された。このツアーでは総勢15名にもなる豪華なバックバンドを従え、演奏もかつてのものとは異なりかなりシンフォニックなものになった。メンバーは1985年から1986年にかけてタウンゼントのソロ・ライブ時に編成されたディープ・エンドという名のバックバンドが流用される形となり、ドラムを担当したサイモン・フィリップスもその中の一人であった。だがこの頃より、タウンゼントが以前より患っていた難聴が進行し、自身はアコースティックギターを弾くに留まり、それを補うためにセカンド・ギタリストとしてスティーヴ・ボルトンが起用される。このツアーにおける録音は、後にライヴ・アルバム『ジョイン・トゥゲザー』としてリリースされた。1990年、ロックの殿堂入り。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たフォンタナ・レコード

    ゴードンがフリーランスで活動していたピーター・ミーデンをザ・フーのパブリシストとして雇った事から、メジャー・デビューへの動きが加速する。フォンタナ・レコードと契約を取り付けたミーデンは、バンドを当時流行していたモッズ族として売り出すことを画策し、メンバーにモッズ系の服を着ることを命じ、さらにバンド名をハイ・ナンバーズと改めさせた(「ナンバー」とはモッズの間でストリートにたむろする者を表すスラングで、「ハイ」は彼らがドラッグで常にハイであったことにちなむ)。1964年7月3日、ミーデンが書いた「ズート・スーツ/アイム・ザ・フェイス」(2曲とも実際にはミーデンのオリジナル曲ではなく、既存曲の歌詞を書き替えただけのものである)で、ハイ・ナンバーズはレコード・デビューする。しかしレコードは1000枚しかプレスされず、ミーデンの懸命な宣伝活動の甲斐もなく、デビューシングルは不発に終わる。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たシンコーミュージック

    『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』(アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年)ISBN 978-4-401-63255-8ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たトミー (アルバム)

    デビュー当初はスモール・フェイセス(のちフェイセズに改名)と並びモッズ・カルチャーを代表するバンドと評された。1969年に発表されたアルバム『ロック・オペラ “トミー”』でロック・オペラというジャンルを確立。また1971年発表の『フーズ・ネクスト』では、当時貴重なシンセサイザーを、後のテクノにも影響を与えたミニマル・ミュージック風に導入するなど、先進的な音楽性を持つバンドに成長するに至る。また、ギターを叩き壊しドラムセットを破壊する暴力的なパフォーマンスと文学性豊かな歌詞世界とのギャップが魅力のひとつでもあった。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たフーズ・ネクスト

    デビュー当初はスモール・フェイセス(のちフェイセズに改名)と並びモッズ・カルチャーを代表するバンドと評された。1969年に発表されたアルバム『ロック・オペラ “トミー”』でロック・オペラというジャンルを確立。また1971年発表の『フーズ・ネクスト』では、当時貴重なシンセサイザーを、後のテクノにも影響を与えたミニマル・ミュージック風に導入するなど、先進的な音楽性を持つバンドに成長するに至る。また、ギターを叩き壊しドラムセットを破壊する暴力的なパフォーマンスと文学性豊かな歌詞世界とのギャップが魅力のひとつでもあった。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たシンセサイザー

    デビュー当初はスモール・フェイセス(のちフェイセズに改名)と並びモッズ・カルチャーを代表するバンドと評された。1969年に発表されたアルバム『ロック・オペラ “トミー”』でロック・オペラというジャンルを確立。また1971年発表の『フーズ・ネクスト』では、当時貴重なシンセサイザーを、後のテクノにも影響を与えたミニマル・ミュージック風に導入するなど、先進的な音楽性を持つバンドに成長するに至る。また、ギターを叩き壊しドラムセットを破壊する暴力的なパフォーマンスと文学性豊かな歌詞世界とのギャップが魅力のひとつでもあった。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たライヴ・アット・リーズ

    1970年、ザ・フー初のライブ・アルバム『ライヴ・アット・リーズ』をリリース。全英3位、全米4位という大ヒットとなる。8月29日?30日、ワイト島フェスティバルに出演。ここでも彼らの出番は午前2時と遅れに遅れた。コンサートは映画用に撮影もされていたが、映像の権利譲渡をめぐり撮影者とバンド側で折り合いが付かず、四半世紀以上を経た1996年になってようやく音源と映像がソフト化されている。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たセル・アウト

    アメリカでは人気が高まる一方、本国イギリスでの人気に陰りが出始めた。1968年に発表したシングル「ドッグス」、「マジック・バス」は共に全英トップ20入りを逃した。3枚目のアルバム『セル・アウト』も英、米双方でトップ10入りを逃したこともあり、ザ・フーはシングル・ヒットを飛ばし続ける活動に限界を感じ始める。さらに当時のザ・フーは慢性的な財政難に陥っており、次回作のアルバムが失敗に終れば解散というところにまで追い詰められていた。同年9月より、グループはタウンゼントが構想を温めてきたロック・オペラ『トミー』の制作を開始する。『トミー』はタウンゼント自身の幼少期の経験、そして彼が師事していたメハー・ババの教えが元となっている。制作費捻出のため、レコーディングはライヴツアーと並行しながら行われた。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

165件中 61 - 70件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード