1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
76件中 71 - 76件表示
  • ザ・フー

    ザ・フーから見たオッズ&ソッズ

    1974年 オッズ&ソッズ - Odds And Sods(Polydor)ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たフィルイン

    派手なアクションが注目されがちではあったが、ライブバンドとしての名声を獲得し得たのは、確かな個々の演奏技術であった。リードベースと言われるジョン・エントウィッスルの高度なテクニック、全編フィルインとも言える手数の多い津波のようなキース・ムーンのドラムは、他に類を見ない物であった。また、ピート・タウンゼントのギターは、リズムギターとリードギターを合体させたパワー・コードといわれる奏法で、独自のスタイルを確立した。彼はまたフィード・バックをはじめとしたエレキ・ギター創世記の技術を積極的に取り入れる一方、アコースティックギターでも、非常にすぐれた演奏をみせている。ロジャー・ダルトリーのボーカルは、バンド初期はジェームス・ブラウンなど、R&Bの影響を強く感じさせるものであったが、やや器楽のパワーに押され気味であった。しかし『ロック・オペラ “トミー”』の頃になると、ややハスキーな声質を生かした独自の唱法を獲得し、ボーカリストとしての評価を確立した。以降、彼は繊細さと力強さの振幅の激しいザ・フー(ピート・タウンゼント)の楽曲に極めてすぐれた解釈をみせ、今日に至るまで歌い続けている。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たミニマル・ミュージック

    そののち、1969年に発表されたアルバム『ロック・オペラ “トミー”』でロック・オペラというジャンルを確立。また1971年発表の『フーズ・ネクスト』では、当時貴重なシンセサイザーを、後のテクノにも影響を与えたミニマル・ミュージック風に導入するなど、先進的な音楽性を持つバンドに成長するに至る。ギターを叩き壊しドラムセットを破壊する暴力的なパフォーマンスとT・S・エリオットに影響を受けた文学的知性豊かな歌詞世界とのギャップが魅力のひとつでもあった。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見た大阪

    2004年6月12日、復活版ワイト島フェスティバルに出演。7月24日および25日、横浜と大阪で開催されたロック・フェスティバル、POCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004への出演のため初来日。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たPOCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004

    2004年6月12日、復活版ワイト島フェスティバルに出演。7月24日および25日、横浜と大阪で開催されたロック・フェスティバル、POCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004への出演のため初来日。ザ・フー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・フー

    ザ・フーから見たドラムセット

    キース・ムーン (Keith Moon, 1946年8月23日 - 1978年9月7日)(ドラムスザ・フー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
76件中 71 - 76件表示

「ザ・フー」のニューストピックワード