752件中 91 - 100件表示
  • ミゲル・テハダ

    ミゲル・テハダから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    は初めて全162試合に出場した年になった。31本塁打を放ち、昨年に続き遊撃手としての球団シーズン本塁打記録を更新。4月14日のレンジャーズ戦でケニー・ロジャースから球団通算10,000本塁打となる本塁打を放っている。9月29日にマリナーズ戦でサイクル安打を達成。昨年に続きワイルドカードでポストシーズンへ進出したがヤンキースに2勝3敗で敗退。ミゲル・テハダ フレッシュアイペディアより)

  • リッキー・ヘンダーソン

    リッキー・ヘンダーソンから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    1試合最多盗塁は1989年7月29日のシアトル・マリナーズ戦で記録した5盗塁(投手:ランディ・ジョンソン)。1試合4盗塁は18回記録している。リッキー・ヘンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • マルティネス

    マルティネスから見たシアトルマリナーズシアトル・マリナーズ

    エドガー・マルティネス、元MLB・シアトルマリナーズの野球選手(指名打者)。マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ノマー・ガルシアパーラ

    ノマー・ガルシアパーラから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    は打率.357・27本塁打・104打点を記録し、首位打者のタイトルを獲得。は打率.372を記録して2年連続で首位打者となり、20敬遠もリーグ最多だった。この頃のガルシアパーラは、アレックス・ロドリゲス(マリナーズ→レンジャーズ→ニューヨーク・ヤンキース)やデレク・ジーター(ヤンキース)とともに、実力・若さ・容貌を兼ね備えたスター遊撃手として人気を集めた。ノマー・ガルシアパーラ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・ベイ

    ジェイソン・ベイから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    ジェイソン・レイモンド・ベイ(Jason Raymond Bay, 1978年9月20日 - )はニューヨーク・メッツ所属の外野手(左翼手)。右投右打。カナダ・ブリティッシュコロンビア州トレイル出身。ラリー・ウォーカーの引退後、カナダ人最高の打者と評されるようになった。現在はMLBシアトル・マリナーズに所属。ジェイソン・ベイ フレッシュアイペディアより)

  • カリアン・サムス

    カリアン・サムスから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    カリアン・リバリーノ・サムス(Kalian Rivalino Sams , 1986年8月25日 - )は、オランダ・ハーグ出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。現在はMLBシアトル・マリナーズの傘下に所属している。カリアン・サムス フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    戦力面では井口が大リーグのシカゴ・ホワイトソックスへ移籍したが、近鉄からFA宣言した大村直之を獲得。また、大リーグでの通算214本塁打のトニー・バティスタを2年総額1500万ドル(約15億8000万円)で獲得、シアトル・マリナーズレギュラーとして活躍していたホルベルト・カブレラを年俸2億8000万円で獲得。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    9月30日 - シアトル・マリナーズのイチロー外野手がメジャーリーグでは史上初となる、デビュー以来5年連続200本安打を達成。2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 東京ドーム

    東京ドームから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    野球の試合で使用する場合、スコアの表示は開設当時は9回まで(10回以後は9回までのスコアを消去して10回から18回までのスコアを表示する)だった。2003年(平成15年)の改修に際して、延長戦の表示について、プロ野球のように延長が12回までしか行われない場合は1回から9回までのスコアの幅に1回から12回までのスコアを、幅を詰めて表示するようになった。都市対抗野球大会など、延長が13回以降も行われる可能性がある場合は、従来通り9回までのスコアを消去して10回から18回までのスコアを表示する(現在のスコアボードも同様)。2007年(平成19年)からスコア部分のチーム名表示がアルファベット1文字になった(2011年まではベイスターズとバファローズは共に「B」と表示されていた)。但し、2文字以上表示することも可能であり、2008年のアジアシリーズではSKワイバーンズが「SK」・統一セブンイレブン・ライオンズが「U・L」・天津ライオンズが「T・L」と表示され、2012年に行われたMLB開幕戦ではシアトル・マリナーズが「SEA」・オークランド・アスレチックスが「OAK」と表示された。また2012年からベイスターズは「DB」と表示されている(バファローズは「B」のまま)。東京ドーム フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部秀輝

    伊良部秀輝から見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    、スプリングトレーニング最終日の試合で一塁ベースカバーを怠り、ジョージ・スタインブレナーから「彼は太ったヒキガエル。一塁カバーを怠るなんてありえない。ヤンキースの一員としてあるまじき失態だ。体重252ポンドなんて愚かとしか言いようがない」と言われ、さらにキャンプ地への居残りを命令された。その後スタインブレナーは態度を和らげたものの、開幕当初はリリーフとして起用。5月2日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で先発に復帰。7日のシアトル・マリナーズ戦では鈴木誠との史上初の日本人選手同士による先発が実現し、7回を4安打1失点5奪三振の投球で勝利投手となる。13日のアナハイム・エンゼルス戦では長谷川滋利との投げ合いもあった。7月は4勝0敗、防御率2.64、WHIP1.08の活躍でキャリア二度目の月間MVPを受賞。ヤンキースタジアムでの試合で一塁ベースカバーに入りアウトを取った際にはスタンディングオベーションが起こった。しかし8月中旬から5連敗を喫し、後半戦は1試合のリリーフ登板を含む15試合の登板で5勝4敗、防御率5.60、WHIP1.50の成績に終わる。ポストシーズンではボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第3戦の3回無死一塁の場面に登板したが、4回2/3を13安打1本塁打8失点と打ち込まれた。チームは2年連続となるワールドシリーズ制覇を果たし、2つ目のチャンピオンリングを手にした。伊良部秀輝 フレッシュアイペディアより)

752件中 91 - 100件表示

「シアトル・マリナーズ」のニューストピックワード