752件中 71 - 80件表示
  • ササキ様に願いを

    ササキ様に願いをから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    横浜ベイスターズ(およびシアトル・マリナーズ)の元投手であり「守護神」。背番号は22。(→現:TBS野球解説者)ササキ様に願いを フレッシュアイペディアより)

  • 野球中華人民共和国代表

    野球中華人民共和国代表から見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    2008年の北京オリンピックへ向けての強化を進めるに当たり、元ロッテ選手でシアトル・マリナーズの監督も務めたジム・ラフィーバーが2003年に就任。各種大会に出場するにあたっての基礎を築いた。野球中華人民共和国代表 フレッシュアイペディアより)

  • 大家友和

    大家友和から見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    は開幕メジャー入りを果たし先発ローテーション入りし2連勝。4月はリーグ4位の防御率2.28を記録。5月10日のシアトル・マリナーズ戦ではイチローと初対決し、最速93mph(約150km/h)を記録したが左前安打を浴び、デビッド・コーンの復帰に伴い13日にマイナーに降格。6月7日に再昇格するが登板はなく10日に再降格し、29日に再昇格。7月31日にウーゲット・ウービナとのトレードでリッチ・ランドルズと共にモントリオール・エクスポズに移籍。大家友和 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代

    2000年代から見たシアトルマリナーズシアトル・マリナーズ

    10月1日 - メジャーリーグでシアトルマリナーズのイチローが84年ぶりに年間最多安打262の新記録を樹立。2000年代 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    滝川第二高等学校在学中にトラブルを起こして高校を中退し、知人から紹介された代理人の団野村よりアメリカ留学を勧められ渡米。マイナーリーグのチームに練習生として参加し、1993年にシアトル・マリナーズとマイナー契約を結ぶ。1996年にメジャーデビューを果たし、日本プロ野球界を経ずにメジャーに昇格した初の日本人選手となった。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • アルバート・ベル

    アルバート・ベルから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    1987年のMLBドラフトでクリーヴランド・インディアンズから2巡目に指名を受け入団。はAA級で20本塁打・69打点を記録してメジャーに昇格し、7月15日のテキサス・レンジャーズ戦でメジャーデビュー。7月19日のミネソタ・ツインズ戦でメジャー初本塁打、7月24日のニューヨーク・ヤンキース戦では満塁本塁打を放った。はレギュラーに定着し、28本塁打・95打点を記録。は9月6日のシアトル・マリナーズ戦でキャリア初の1試合3本塁打を放つなど34本塁打・112打点の好成績。は前半戦で打率.298・23本塁打・72打点を記録し、オールスターゲームに初選出される。打率.290・38本塁打・129打点・23盗塁の成績で最多打点のタイトルを獲得し、シルヴァースラッガー賞を初受賞した。アルバート・ベル フレッシュアイペディアより)

  • 任天堂

    任天堂から見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    2004年 - 『ファミコンミニ』シリーズを発売。「ニンテンドーDS」を発売。また、米国法人Nintendo of America Inc.のメジャーリーグ シアトル・マリナーズの運営会社「The Baseball Club of Seattle, L.P.」に対する出資比率が50%を超え実質的な筆頭オーナーになった。任天堂 フレッシュアイペディアより)

  • オリバー・ペレス

    オリバー・ペレスから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    オリバー・ペレス(Óliver Pérez, 1981年8月15日 - )は、メキシコ・シナロア州クリアカン出身の野球選手。投手、左投左打。MLBシアトル・マリナーズに在籍している。オリバー・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • ケン・グリフィー・ジュニア

    ケン・グリフィー・ジュニアから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    モーラー高校に進学し、野球とアメリカンフットボールをプレイ。特に才能を発揮したのは野球の方で、2年連続で所属リーグのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。1987年のMLBドラフトでシアトル・マリナーズから1巡目(全体1位)に指名を受け入団。父のシニアは当時現役で、2世選手に対する風当たりは強く、人種差別を受けたため自殺を図ったこともあった。ケン・グリフィー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ヤンキース

    ニューヨーク・ヤンキースから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    、オーナーのスタインブレナーがリーグより、オーナー停職の処分を受けたことから改善の兆しが現れ始めた。上層部からの妨害なしに首尾一貫した監督采配ができるようになるというのも一因であったが、この頃に就任したGMのジーン・マイケル(後にボブ・ワトソン)とバック・ショーウォルター監督の下、ヤンキースのチーム編成方針を、才能を買うことから、ファームで才能ある若手を育てるように変更した。にはその効果が現れ、選手のストライキで期間短縮されたシーズンではあったが、ヤンキースはアメリカンリーグ最高の成績を収めた。翌には、ワイルドカードにより以来となるプレーオフを勝ち上がった。シアトル・マリナーズとの記憶に残る対戦に敗れたが、選手達に自信をつけさせた。ニューヨーク・ヤンキース フレッシュアイペディアより)

752件中 71 - 80件表示

「シアトル・マリナーズ」のニューストピックワード