752件中 81 - 90件表示
  • マイケル・ソーンダース

    マイケル・ソーンダースから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    マイケル・エドワード・ソーンダース(Michael Edward Saunders, 1986年11月19日 - )は、MLB・シアトル・マリナーズに所属する外野手。右投左打。カナダ・ブリティッシュコロンビア州ビクトリア出身。ファミリーネームは「サウンダース」と表記される場合もあり、2012年の日本開幕戦に出場した際にはこちらの表記が使用された。マイケル・ソーンダース フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    【MLB】大リーグホワイトソックスのフィリップ・ハンバー投手がマリナーズ戦で完全試合を達成した。ワールドシリーズを含めて21人目の快挙。2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    球宴明けの7月15日には日米通算350本塁打を達成、同時に日米通算1500試合連続出場に達した。8月7日のトロント・ブルージェイズ戦でメジャーリーグ移籍後初の2打席連続本塁打を放った。15日のシアトル・マリナーズ戦で前年のワールドシリーズ以来の4番に座ると、シーズン後半には4番打者に定着した。9月30日のツインズ戦で日本人選手初の3試合連続本塁打を放った。最終的には日本人メジャーリーガー史上最多で前年のほぼ倍にあたる31本塁打と同最高のOPS.912を記録し、打率こそわずかに3割を下回ったが、三部門全てで前年を上回る好成績を残し、ヤンキースの主軸打者としての地位を確立した。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・クレメンス

    ロジャー・クレメンスから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    4月29日にフェンウェイ・パークで行われたシアトル・マリナーズ戦で、クレメンスは史上初の9回20奪三振を記録。この記録はケリー・ウッドとランディ・ジョンソンに並ばれてはいるものの、破られてはいない(トム・チェイニーが16回21奪三振を記録している)。クレメンスは20奪三振試合を2度達成しており、これは史上唯一の記録である。2回目は9月18日にタイガー・スタジアムのデトロイト・タイガース戦であり、これは彼の最後から2回目のレッドソックスでの試合であった。最初の20奪三振試合の時と同様、四球は出さなかった。ロジャー・クレメンス フレッシュアイペディアより)

  • カイル・シーガー

    カイル・シーガーから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    カイル・デュアー・シーガー(Kyle Duerr Seager, 1987年11月3日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州出身のプロ野球選手(内野手)。MLB・シアトル・マリナーズに所属。右投左打。カイル・シーガー フレッシュアイペディアより)

  • クリーブランド・インディアンス

    クリーブランド・インディアンスから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    翌1995年は開幕から他チームを圧倒し、2位とは30ゲーム差の100勝44敗で地区優勝を遂げる。この年には主砲のベルが50本塁打・126打点の活躍で二冠王を獲得し、リードオフマンのロフトンも54盗塁で盗塁王を獲得するなどの活躍をみせた。ディビジョンシリーズではレッドソックスを3連勝で一蹴すると、続くリーグチャンピオンシップシリーズでは、シアトル・マリナーズを4勝2敗で下し、41年ぶりのリーグ優勝を果たした。奇しくも前回と同じブレーブスとの対戦となったワールドシリーズでは2勝4敗で敗れ、2度目のワールドシリーズ優勝とはならなかった。クリーブランド・インディアンス フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    岩隈 久志(いわくま ひさし、1981年4月12日 - )は、シアトル・マリナーズに所属するプロ野球選手(投手)。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    1977年 トロント・ブルージェイズとシアトル・マリナーズがアメリカンリーグに加盟。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • デレク・ジーター

    デレク・ジーターから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    に怪我で戦列を離れたトニー・フェルナンデスの代役としてメジャー昇格を果たし、5月29日のマリナーズ戦でデビュー。13試合に出場し、打率.234・0本塁打・6打点の成績で6月11日にマイナーへ降格したが、9月3日にメジャー昇格を果たし、その後2試合に出場しシーズンを終えた。デレク・ジーター フレッシュアイペディアより)

  • オークランド・アスレチックス

    オークランド・アスレチックスから見たシアトル・マリナーズシアトル・マリナーズ

    2012年2月13日には、キューバから亡命したヨエニス・セスペデスを4年契約総額3600万ドルで獲得。亡命キューバ人として過去最高額での入団となり話題となった。レギュラーシーズンでは、6月末時点で地区首位だったテキサス・レンジャーズに最大13ゲーム差をつけられていたが、10月1日からの直接対決3連戦に全勝(直前9月28日から30日までの対シアトル・マリナーズ3連戦と合わせて6連勝)し、逆転で6年ぶり15回目の地区優勝を果たした。13ゲーム差からの逆転はMLB史上5チーム目のことであり、シーズン残り9試合の時点で首位と5ゲーム差からの逆転優勝はMLB史上初のことであった。オークランド・アスレチックス フレッシュアイペディアより)

752件中 81 - 90件表示

「シアトル・マリナーズ」のニューストピックワード