前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
136件中 1 - 10件表示
  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たデイブ・ニーハウス

    クリフ・リー、ショーン・フィギンズが加入。6月2日、ケン・グリフィー・ジュニアが引退を発表。7月9日、クリフ・リーとマーク・ロウがジャスティン・スモークを含む2対4のトレードで移籍する。7月13日、イチローが10年連続10度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。8月9日、ドン・ワカマツ監督が成績不振を理由に解任。同日、タコマ・レイニアーズ監督のダレン・ブラウンが監督代行に就任した。11月10日、マリナーズの試合中継を長年担当していたデイブ・ニーハウスが、心臓発作により急逝した。シーズン終了後、イチローが10年連続10度目となるゴールドグラブ賞を受賞し、2年連続3度目となるフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。また、フランクリン・グティエレスもゴールドグラブ賞を受賞した。さらに、フェリックス・ヘルナンデスが最優秀防御率のタイトルを獲得し、サイ・ヤング賞を受賞した。この年は61勝101敗という成績で、2年ぶり5度目のシーズン100敗を喫して、地区最下位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たランディ・ジョンソン

    ジム・ラフィーバーが監督に就任。4月3日、ケン・グリフィー・ジュニアとオマー・ビスケルがメジャーデビューを果たした。5月25日、マーク・ラングストンがランディ・ジョンソンを含む2対3のトレードで移籍する。7月11日、ジェフ・レナ?ドがMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、ハロルド・レイノルズが2年連続2度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。この年73勝89敗という成績でシーズンを終え、地区最下位を脱した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たイチロー

    イチローが加入し、8年ぶりにブレット・ブーンが復帰。6月16日、ジョン・オルルドがサイクル安打を記録した。7月10日、セーフコ・フィールドでMLBオールスターゲームが開催され、マリナーズからはエドガー・マルティネス、ジョン・オルルド、ブレット・ブーン、イチロー、フレディ・ガルシア、ジェフ・ネルソン、佐々木主浩、マイク・キャメロンの8人が選出を果たした。9月29日、イチローがジョー・ジャクソンの持っていたルーキー最多安打記録を90年ぶりに塗り替えた。この年、マリナーズはMLBタイ記録となるシーズン116勝を記録し、球団史上初となるコミッショナー特別表彰を受賞。116勝46敗という成績で4年ぶりとなる地区優勝を果たした。そして、ディビジョンシリーズにおいてクリーブランド・インディアンスを3勝2敗で破った。しかし、リーグチャンピオンシップシリーズではニューヨーク・ヤンキースに対して1勝4敗という結果に終わり、敗退。またしてもリーグ優勝を逃した。シーズン終了後、イチローが首位打者のタイトルを獲得。加えてゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞、シーズンMVP、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを同時受賞した。また、エドガー・マルティネスが4度目のシルバースラッガー賞と2年連続5回目となる最優秀指名打者賞を受賞し、ブレット・ブーンが最多打点のタイトルを獲得、シルバースラッガー賞を受賞した。さらに、フレディ・ガルシアが最優秀防御率のタイトルを獲得し、マイク・キャメロンがゴールドグラブ賞を受賞した。そして、ルー・ピネラが2度目の最優秀監督賞を受賞した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見た任天堂

    1991年12月、スレイド・ゴートン上院議員は、任天堂米国法人であるNintendo of America(NOA)の荒川實社長に対してシアトル・マリナーズの買収を要請した。これを受け、翌年の1992年1月24日、任天堂の山内溥社長が任天堂本社で記者会見を開き、シアトルの投資家グループと「ザ・ベースボール・クラブ・オブ・シアトル」を結成して、シアトル・マリナーズを1億ドルで買収する意向を表明。その5日後の1月29日には、シアトル・マリナーズ球団オーナーに買収を正式に申し入れた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たダン・ウィルソン

    [[ファイル:Jay Buhner Dan Wilson Randy Johnson Edgar Martinez Ken Griffey Jr.jpg|290px|thumb|right|95年優勝時のチームメイト(2010年撮影) 左から順にジェイ・ビューナーダン・ウィルソンランディ・ジョンソンエドガー・マルティネスケン・グリフィー・ジュニア]]5月26日、ケン・グリフィー・ジュニアが守備でフェンスに激突し、左手首を骨折。全治3か月の大怪我を負った。7月11日、ケン・グリフィー・ジュニアが6年連続6度目、ランディ・ジョンソンが3年連続3度目、エドガー・マルティネスが2度目、ティノ・マルティネスが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。しかし、ケン・グリフィー・ジュニアは怪我のために出場を辞退した。この年は79勝66敗という成績で球団史上初となる地区優勝を果たした。そして、ディビジョンシリーズにおいてニューヨーク・ヤンキースに3連勝した。しかし、リーグチャンピオンシップシリーズではクリーブランド・インディアンスに対して2勝4敗という結果に終わり、敗退。リーグ優勝はならなかった。シーズン終了後、エドガー・マルティネスが2度目の首位打者を獲得し、2度目のシルバースラッガー賞と最優秀指名打者賞を受賞した。また、ランディ・ジョンソンが4年連続4度目となる最多奪三振のタイトルと球団史上初となる最優秀防御率のタイトルを同時に獲得し、同じく球団史上初となるサイ・ヤング賞を受賞した。そして、ケン・グリフィー・ジュニアが6年連続6度目となるゴールドグラブ賞を受賞し、ルー・ピネラが球団史上初となる最優秀監督賞を受賞した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たエドガー・マルティネス

    6月2日、ケン・グリフィー・ジュニアをドラフト1位指名で獲得。7月14日、マーク・ラングストンとハロルド・レイノルズがMLBオールスターゲーム選出を果たした。9月12日、エドガー・マルティネスがメジャーデビューを果たした。シーズン終了後、マーク・ラングストンが2年連続3度目となる最多奪三振のタイトルを獲得し、球団史上初となるゴールドグラブ賞とシルバースラッガー賞を同時受賞した。この年は78勝84敗という成績でシーズンを終え、地区最下位を脱した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見た城島健司

    城島健司が加入。7月11日、イチローが6年連続6度目、ホセ・ロペスが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、イチローが6年連続6度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。また、イチローとエイドリアン・ベルトレが球団史上初となるフィールディング・バイブル・アワードを共に受賞した。この年は78勝84敗という成績でシーズンを終え、3年連続で地区最下位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たドン・ワカマツ

    ドン・ワカマツが監督に就任。エンディ・チャベス、フランクリン・グティエレス、マイク・スウィーニーが加入し、10年ぶりにケン・グリフィー・ジュニアが復帰した。7月14日、イチローが9年連続9度目、フェリックス・ヘルナンデスが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、イチローが9年連続9度目となるゴールドグラブ賞と3度目のシルバースラッガー賞、2度目のフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。また、フェリックス・ヘルナンデスが球団史上初となる最多勝利のタイトルを獲得した。そして、ジャック・ウィルソンがフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。この年は85勝77敗という成績でシーズンを終え、ワイルドカード争いでも4位に着けるなどして、前年度の成績から躍進した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見た岩隈久志

    主な選手として、岩隈久志と川崎宗則の日本人選手2人や、マイケル・ピネダらとのトレードでヘスス・モンテロとヘクター・ノエシの若手選手、ベテランのケビン・ミルウッドが加入し、5年ぶりにジョージ・シェリルが復帰した。この年はMLB史上4年ぶり4度目の日本での開幕戦のため、主催のオークランド・アスレチックスとともに来日。3月25日に阪神タイガース、26日に読売ジャイアンツとプレシーズンゲームを行った後、3月28日・29日に東京ドームで2試合公式戦を開催した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たアダム・ジョーンズ

    カルロス・シルバを4年4400万ドルで獲得し、ボルチモア・オリオールズのエリック・ベダードをジョージ・シェリル、アダム・ジョーンズを含む5対1のトレードで獲得。6月16日、大型契約やトレードを失敗続きに終わらせ、チームを低迷させたとしてビル・バベシがGMを解任された。6月19日、ジョン・マクラーレン監督を解任。暫定的にベンチコーチのジム・リグルマンが残りのシーズンの指揮を執ることになった。7月10日、成績不振のリッチー・セクソンを解雇。7月15日、イチローが8年連続8度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。9月1日、エイドリアン・ベルトレがサイクル安打を記録した。シーズン終了後、イチローが8年連続8度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。また、エイドリアン・ベルトレも2年連続2度目となるゴールドグラブ賞と2度目のフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。そして、ビル・バベシの後任としてジャック・ズレンシックがGMに就任した。この年は61勝101敗という成績で、25年ぶり4度目のシーズン100敗を喫して、地区最下位となった。総年俸が1億ドルを超えるチームのシーズン100敗到達はMLB史上初であった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
136件中 1 - 10件表示

「シアトル・マリナーズ」のニューストピックワード