136件中 111 - 120件表示
  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見た最多本塁打 (MLB)

    7月8日、アレックス・ロドリゲスがメジャーデビューを果たした。7月12日、ランディ・ジョンソンが2年連続2度目、ケン・グリフィー・ジュニアが5年連続5度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、ケン・グリフィー・ジュニアが球団史上初となる最多本塁打のタイトルを獲得し、5年連続5度目となるゴールドグラブ賞と2年連続3度目となるシルバースラッガー賞を同時受賞した。また、ランディ・ジョンソンが3年連続3度目となる最多奪三振のタイトルを獲得した。この年は49勝63敗という成績でシーズンを終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たコミッショナー特別表彰

    イチローが加入し、8年ぶりにブレット・ブーンが復帰。6月16日、ジョン・オルルドがサイクル安打を記録した。7月10日、セーフコ・フィールドでMLBオールスターゲームが開催され、マリナーズからはエドガー・マルティネス、ジョン・オルルド、ブレット・ブーン、イチロー、フレディ・ガルシア、ジェフ・ネルソン、佐々木主浩、マイク・キャメロンの8人が選出を果たした。9月29日、イチローがジョー・ジャクソンの持っていたルーキー最多安打記録を90年ぶりに塗り替えた。この年、マリナーズはMLBタイ記録となるシーズン116勝を記録し、球団史上初となるコミッショナー特別表彰を受賞。116勝46敗という成績で4年ぶりとなる地区優勝を果たした。そして、ディビジョンシリーズにおいてクリーブランド・インディアンスを3勝2敗で破った。しかし、リーグチャンピオンシップシリーズではニューヨーク・ヤンキースに対して1勝4敗という結果に終わり、敗退。またしてもリーグ優勝を逃した。シーズン終了後、イチローが首位打者のタイトルを獲得。加えてゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞、シーズンMVP、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを同時受賞した。また、エドガー・マルティネスが4度目のシルバースラッガー賞と2年連続5回目となる最優秀指名打者賞を受賞し、ブレット・ブーンが最多打点のタイトルを獲得、シルバースラッガー賞を受賞した。さらに、フレディ・ガルシアが最優秀防御率のタイトルを獲得し、マイク・キャメロンがゴールドグラブ賞を受賞した。そして、ルー・ピネラが2度目の最優秀監督賞を受賞した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たハッチ賞

    ボブ・メルビンが監督に就任。7月15日、エドガー・マルティネスが7度目、イチローが3年連続3度目、ブレットブーンが3度目、ジェイミー・モイヤーと長谷川滋利が初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、ジェイミー・モイヤーがロベルト・クレメンテ賞に加えて、いずれも球団史上初となるハッチ賞とルー・ゲーリッグ賞を同時受賞した。また、ブレットブーンが2年連続3度目のゴールドグラブ賞と2度目のシルバースラッガー賞を受賞した。さらに、イチローが3年連続3度目、ジョン・オルルドが2年連続3度目、マイク・キャメロンが2度目のゴールドグラブ賞をそれぞれ受賞した。そして、エドガー・マルティネスが5度目のシルバースラッガー賞を受賞し、ギル・メッシュがカムバック賞を受賞した。この年は93勝69敗という成績でシーズンを終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム

    [[ファイル:10 inside kindome.jpg|thumb|290px|キングドーム内部]]球団創設。名称を一般公募した結果、マリナーズ(Mariners)が選ばれた。監督にはダレル・ジョンソンが就任。4月6日、球団史上初の試合となる開幕戦が、完成直後のキングドームで行われた。対戦相手はカリフォルニア・エンゼルス。開幕のマウンドに上がったのは、かつてパイロッツで開幕投手を務めたディエゴ・セギーだった。この試合には57,762人もの大観衆が詰め掛けたが、7対0のスコアで大敗を喫した。7月19日、ルパート・ジョーンズが球団史上初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。この年は64勝98敗という成績でシーズンを負け越した。そして、ここから14シーズン連続負け越しという長きに渡る低迷期が続く。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たゼネラルマネージャー

    カルロス・シルバを4年4400万ドルで獲得し、ボルチモア・オリオールズのエリック・ベダードをジョージ・シェリル、アダム・ジョーンズを含む5対1のトレードで獲得。6月16日、大型契約やトレードを失敗続きに終わらせ、チームを低迷させたとしてビル・バベシがGMを解任された。6月19日、ジョン・マクラーレン監督を解任。暫定的にベンチコーチのジム・リグルマンが残りのシーズンの指揮を執ることになった。7月10日、成績不振のリッチー・セクソンを解雇。7月15日、イチローが8年連続8度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。9月1日、エイドリアン・ベルトレがサイクル安打を記録した。シーズン終了後、イチローが8年連続8度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。また、エイドリアン・ベルトレも2年連続2度目となるゴールドグラブ賞と2度目のフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。そして、ビル・バベシの後任としてジャック・ズレンシックがGMに就任した。この年は61勝101敗という成績で、25年ぶり4度目のシーズン100敗を喫して、地区最下位となった。総年俸が1億ドルを超えるチームのシーズン100敗到達はMLB史上初であった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たアメリカンリーグ

    シアトル・マリナーズ(Seattle Mariners、略称:SEA)は、アメリカMLB、アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はワシントン州シアトルにあるセーフコ・フィールド。MLB球団としては最も北(北緯47度35分)に本拠地を持つ。チーム名(船員や海兵隊の意)の由来はシアトルが港町だったことからといわれている。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たディビジョンシリーズ

    [[ファイル:Jay Buhner Dan Wilson Randy Johnson Edgar Martinez Ken Griffey Jr.jpg|290px|thumb|right|95年優勝時のチームメイト(2010年撮影) 左から順にジェイ・ビューナーダン・ウィルソンランディ・ジョンソンエドガー・マルティネスケン・グリフィー・ジュニア]]5月26日、ケン・グリフィー・ジュニアが守備でフェンスに激突し、左手首を骨折。全治3か月の大怪我を負った。7月11日、ケン・グリフィー・ジュニアが6年連続6度目、ランディ・ジョンソンが3年連続3度目、エドガー・マルティネスが2度目、ティノ・マルティネスが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。しかし、ケン・グリフィー・ジュニアは怪我のために出場を辞退した。この年は79勝66敗という成績で球団史上初となる地区優勝を果たした。そして、ディビジョンシリーズにおいてニューヨーク・ヤンキースに3連勝した。しかし、リーグチャンピオンシップシリーズではクリーブランド・インディアンスに対して2勝4敗という結果に終わり、敗退。リーグ優勝はならなかった。シーズン終了後、エドガー・マルティネスが2度目の首位打者を獲得し、2度目のシルバースラッガー賞と最優秀指名打者賞を受賞した。また、ランディ・ジョンソンが4年連続4度目となる最多奪三振のタイトルと球団史上初となる最優秀防御率のタイトルを同時に獲得し、同じく球団史上初となるサイ・ヤング賞を受賞した。そして、ケン・グリフィー・ジュニアが6年連続6度目となるゴールドグラブ賞を受賞し、ルー・ピネラが球団史上初となる最優秀監督賞を受賞した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たアメリカンリーグ西地区

    シアトル・マリナーズ(Seattle Mariners、略称:SEA)は、アメリカMLB、アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はワシントン州シアトルにあるセーフコ・フィールド。MLB球団としては最も北(北緯47度35分)に本拠地を持つ。チーム名(船員や海兵隊の意)の由来はシアトルが港町だったことからといわれている。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たメジャーリーグベースボール

    シアトル・マリナーズ(Seattle Mariners、略称:SEA)は、アメリカMLB、アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はワシントン州シアトルにあるセーフコ・フィールド。MLB球団としては最も北(北緯47度35分)に本拠地を持つ。チーム名(船員や海兵隊の意)の由来はシアトルが港町だったことからといわれている。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たサイクル安打

    ルー・ピネラが監督に就任。4月23日、クリス・ボジオがノーヒットノーランを記録した。6月23日、ジェイ・ビューナーが球団史上初のサイクル安打を記録した。7月13日、ケン・グリフィー・ジュニアが4年連続4度目、ランディ・ジョンソンが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、ケン・グリフィー・ジュニアが4年連続4度目となるゴールドグラブ賞と2度目のシルバースラッガー賞を同時受賞した。また、ランディ・ジョンソンが2年連続2度目となる最多奪三振のタイトルを獲得し、オマー・ビスケルもゴールドグラブ賞を受賞した。この年は82勝80敗という成績でシーズンを終え、地区最下位を脱した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

136件中 111 - 120件表示

「シアトル・マリナーズ」のニューストピックワード