5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ
136件中 131 - 136件表示
  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たタコマ・レイニアーズ

    クリフ・リー、ショーン・フィギンズが加入。6月2日、ケン・グリフィー・ジュニアが引退を発表。7月9日、クリフ・リーとマーク・ロウがジャスティン・スモークを含む2対4のトレードで移籍する。7月13日、イチローが10年連続10度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。8月9日、ドン・ワカマツ監督が成績不振を理由に解任。同日、タコマ・レイニアーズ監督のダレン・ブラウンが監督代行に就任した。11月10日、マリナーズの試合中継を長年担当していたデイブ・ニーハウスが、心臓発作により急逝した。シーズン終了後、イチローが10年連続10度目となるゴールドグラブ賞を受賞し、2年連続3度目となるフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。また、フランクリン・グティエレスもゴールドグラブ賞を受賞した。さらに、フェリックス・ヘルナンデスが最優秀防御率のタイトルを獲得し、サイ・ヤング賞を受賞した。この年は61勝101敗という成績で、2年ぶり5度目のシーズン100敗を喫して、地区最下位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たノーヒットノーラン

    [[ファイル:MarinerMooseFlag.jpg|thumb|290px|マスコットキャラクター“ムース” ]]6月2日、ランディ・ジョンソンが球団史上初となるノーヒットノーランを記録した。7月10日、ケン・グリフィー・ジュニアとランディ・ジョンソンがMLBオールスターゲーム選出を果たした。8月29日、ケン・グリフィー・シニアが加入。8月31日、ケン・グリフィー親子がMLB史上初となる「親子同時出場」を果たした。シーズン終了後、ハロルド・レイノルズが3年連続3度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。また、ケン・グリフィー・ジュニアもゴールドグラブ賞を受賞した。この年は77勝85敗という成績でシーズンを終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見た最高経営責任者

    2004年8月までは、任天堂の山内溥前社長がチームの共同所有者の一人として名前を連ねていた。現在は、任天堂の米国法人であるNintendo of America(NOA)が山内の出資持ち分全てを買い取り、筆頭オーナーとなっている。セーフコ・フィールドの一室にはオーナーとして山内の写真が掲げてあるものの、本人は現地に赴いたことがない。また、同球団の会長兼CEOは元NOA会長のハワード・リンカーンが務めている。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たルー・ゲーリッグ賞

    ボブ・メルビンが監督に就任。7月15日、エドガー・マルティネスが7度目、イチローが3年連続3度目、ブレットブーンが3度目、ジェイミー・モイヤーと長谷川滋利が初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、ジェイミー・モイヤーがロベルト・クレメンテ賞に加えて、いずれも球団史上初となるハッチ賞とルー・ゲーリッグ賞を同時受賞した。また、ブレットブーンが2年連続3度目のゴールドグラブ賞と2度目のシルバースラッガー賞を受賞した。さらに、イチローが3年連続3度目、ジョン・オルルドが2年連続3度目、マイク・キャメロンが2度目のゴールドグラブ賞をそれぞれ受賞した。そして、エドガー・マルティネスが5度目のシルバースラッガー賞を受賞し、ギル・メッシュがカムバック賞を受賞した。この年は93勝69敗という成績でシーズンを終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見た最多奪三振

    両リーグでサイ・ヤング賞を受賞したゲイロード・ペリーが加入。5月6日、ゲイロード・ペリーが史上15人目となる通算300勝を達成した。7月13日、フロイド・バニスターがMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、フロイド・バニスターが球団史上初となる最多奪三振のタイトルを獲得した。この年は76勝86敗という成績でシーズンを終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たフィールディング・バイブル・アワード

    城島健司が加入。7月11日、イチローが6年連続6度目、ホセ・ロペスが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、イチローが6年連続6度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。また、イチローとエイドリアン・ベルトレが球団史上初となるフィールディング・バイブル・アワードを共に受賞した。この年は78勝84敗という成績でシーズンを終え、3年連続で地区最下位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ
136件中 131 - 136件表示

「シアトル・マリナーズ」のニューストピックワード