136件中 11 - 20件表示
  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たジェイミー・モイヤー

    7月7日、マック鈴木がメジャーデビューを果たす。7月9日、ケン・グリフィー・ジュニアが7年連続7度目、エドガー・マルティネスが2年連続3度目、ジェイ・ビューナー、アレックス・ロドリゲス、ダン・ウィルソンが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。7月30日、ジェイミー・モイヤーが加入。シーズン終了後、アレックス・ロドリゲスがMLB史上3番目の若さで首位打者のタイトルを獲得し、シルバースラッガー賞を受賞した。また、ケン・グリフィー・ジュニアが7年連続7度目となるゴールドグラブ賞と3度目のシルバースラッガー賞を同時受賞し、ジェイビューナーがゴールドグラブ賞を受賞した。この年は85勝76敗という成績でシーズンで終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たランディー・ジョンソン

    2012年 ランディー・ジョンソン(Randy Johnson)シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見た山内溥

    1991年12月、スレイド・ゴートン上院議員は、任天堂米国法人であるNintendo of America(NOA)の荒川實社長に対してシアトル・マリナーズの買収を要請した。これを受け、翌年の1992年1月24日、任天堂の山内溥社長が任天堂本社で記者会見を開き、シアトルの投資家グループと「ザ・ベースボール・クラブ・オブ・シアトル」を結成して、シアトル・マリナーズを1億ドルで買収する意向を表明。その5日後の1月29日には、シアトル・マリナーズ球団オーナーに買収を正式に申し入れた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たマック鈴木

    7月7日、マック鈴木がメジャーデビューを果たす。7月9日、ケン・グリフィー・ジュニアが7年連続7度目、エドガー・マルティネスが2年連続3度目、ジェイ・ビューナー、アレックス・ロドリゲス、ダン・ウィルソンが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。7月30日、ジェイミー・モイヤーが加入。シーズン終了後、アレックス・ロドリゲスがMLB史上3番目の若さで首位打者のタイトルを獲得し、シルバースラッガー賞を受賞した。また、ケン・グリフィー・ジュニアが7年連続7度目となるゴールドグラブ賞と3度目のシルバースラッガー賞を同時受賞し、ジェイビューナーがゴールドグラブ賞を受賞した。この年は85勝76敗という成績でシーズンで終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見た佐々木主浩

    ジョン・オルルド、佐々木主浩が加入。2月10日、ケン・グリフィー・ジュニアがマイク・キャメロンを含む1対4のトレードで移籍する。7月11日、エドガー・マルティネスが5度目、アレックス・ロドリゲスが4度目、アーロン・シーリーが2度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。しかし、アレックス・ロドリゲスは出場を辞退している。この年は91勝71敗という成績でワイルドカードを奪取。そして、ディビジョンシリーズにおいてシカゴ・ホワイトソックスに3連勝した。しかし、リーグチャンピオンシリーズではニューヨーク・ヤンキースに対して2勝4敗という結果に終わり、敗退。10月30日、アレックス・ロドリゲスがフリーエージェントを宣言し、テキサス・レンジャーズへ移籍した。シーズン終了後、エドガー・マルティネスが最多打点のタイトルを獲得し、4度目の最優秀指名打者賞を受賞した。また、アレックス・ロドリゲスがゴールドグラブ賞と3年連続3度目となるシルバースラッガー賞を受賞した。そして、ジョン・オルルドがゴールドグラブ賞、佐々木主浩がルーキー・オブ・ザ・イヤーをそれぞれ受賞した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見た長谷川滋利

    ボブ・メルビンが監督に就任。7月15日、エドガー・マルティネスが7度目、イチローが3年連続3度目、ブレットブーンが3度目、ジェイミー・モイヤーと長谷川滋利が初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、ジェイミー・モイヤーがロベルト・クレメンテ賞に加えて、いずれも球団史上初となるハッチ賞とルー・ゲーリッグ賞を同時受賞した。また、ブレットブーンが2年連続3度目のゴールドグラブ賞と2度目のシルバースラッガー賞を受賞した。さらに、イチローが3年連続3度目、ジョン・オルルドが2年連続3度目、マイク・キャメロンが2度目のゴールドグラブ賞をそれぞれ受賞した。そして、エドガー・マルティネスが5度目のシルバースラッガー賞を受賞し、ギル・メッシュがカムバック賞を受賞した。この年は93勝69敗という成績でシーズンを終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たアレックス・ロドリゲス

    7月8日、アレックス・ロドリゲスがメジャーデビューを果たした。7月12日、ランディ・ジョンソンが2年連続2度目、ケン・グリフィー・ジュニアが5年連続5度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、ケン・グリフィー・ジュニアが球団史上初となる最多本塁打のタイトルを獲得し、5年連続5度目となるゴールドグラブ賞と2年連続3度目となるシルバースラッガー賞を同時受賞した。また、ランディ・ジョンソンが3年連続3度目となる最多奪三振のタイトルを獲得した。この年は49勝63敗という成績でシーズンを終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たクリフ・リー

    クリフ・リー、ショーン・フィギンズが加入。6月2日、ケン・グリフィー・ジュニアが引退を発表。7月9日、クリフ・リーとマーク・ロウがジャスティン・スモークを含む2対4のトレードで移籍する。7月13日、イチローが10年連続10度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。8月9日、ドン・ワカマツ監督が成績不振を理由に解任。同日、タコマ・レイニアーズ監督のダレン・ブラウンが監督代行に就任した。11月10日、マリナーズの試合中継を長年担当していたデイブ・ニーハウスが、心臓発作により急逝した。シーズン終了後、イチローが10年連続10度目となるゴールドグラブ賞を受賞し、2年連続3度目となるフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。また、フランクリン・グティエレスもゴールドグラブ賞を受賞した。さらに、フェリックス・ヘルナンデスが最優秀防御率のタイトルを獲得し、サイ・ヤング賞を受賞した。この年は61勝101敗という成績で、2年ぶり5度目のシーズン100敗を喫して、地区最下位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見た川崎宗則

    主な選手として、岩隈久志と川崎宗則の日本人選手2人や、マイケル・ピネダらとのトレードでヘスス・モンテロとヘクター・ノエシの若手選手、ベテランのケビン・ミルウッドが加入し、5年ぶりにジョージ・シェリルが復帰した。この年はMLB史上4年ぶり4度目の日本での開幕戦のため、主催のオークランド・アスレチックスとともに来日。3月25日に阪神タイガース、26日に読売ジャイアンツとプレシーズンゲームを行った後、3月28日・29日に東京ドームで2試合公式戦を開催した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たラウル・イバニェス

    [[ファイル:Ichiro Cropped AL.jpg|290px|thumb|right|シーズン最多安打記録を更新したイチロー]]ラウル・イバニェスが加入。7月13日、イチローが4年連続4度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。10月1日、イチローがジョージ・シスラーの持つシーズン最多安打記録を84年ぶりに更新した。シーズン終了後、イチローが2度目の首位打者を獲得し、4年連続4度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。また、ブレット・ブーンが3年連続4度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。そして、エドガー・マルティネスがロベルト・クレメンテ賞を受賞し、現役を引退した。さらに、ボブ・メルビンが監督を退任した。この年は63勝99敗という成績でシーズンを終え、12年ぶりに地区最下位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

136件中 11 - 20件表示

「シアトル・マリナーズ」のニューストピックワード