136件中 21 - 30件表示
  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たディック・ウィリアムズ

    5月8日、チャック・コッティアーが監督を解任され、暫定監督として1試合だけマーティ・マルチネスがチームの指揮を執った。その後、正式な後任としてディック・ウィリアムズが就任した。7月15日、ジム・プレスリーがMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、マーク・ラングストンが2度目の最多奪三振のタイトルを獲得した。この年は67勝95敗という成績でシーズンを終え、3年ぶりの地区最下位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たジョージ・シェリル

    カルロス・シルバを4年4400万ドルで獲得し、ボルチモア・オリオールズのエリック・ベダードをジョージ・シェリル、アダム・ジョーンズを含む5対1のトレードで獲得。6月16日、大型契約やトレードを失敗続きに終わらせ、チームを低迷させたとしてビル・バベシがGMを解任された。6月19日、ジョン・マクラーレン監督を解任。暫定的にベンチコーチのジム・リグルマンが残りのシーズンの指揮を執ることになった。7月10日、成績不振のリッチー・セクソンを解雇。7月15日、イチローが8年連続8度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。9月1日、エイドリアン・ベルトレがサイクル安打を記録した。シーズン終了後、イチローが8年連続8度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。また、エイドリアン・ベルトレも2年連続2度目となるゴールドグラブ賞と2度目のフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。そして、ビル・バベシの後任としてジャック・ズレンシックがGMに就任した。この年は61勝101敗という成績で、25年ぶり4度目のシーズン100敗を喫して、地区最下位となった。総年俸が1億ドルを超えるチームのシーズン100敗到達はMLB史上初であった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たジェイ・ビューナー

    6月6日、ディック・ウィリアムズが監督を解任され、ジム・スナイダーが就任した。7月12日、ハロルド・レイノルズが2年連続2度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。7月21日、ジェイ・ビューナーが加入。シーズン終了後、マーク・ラングストンが2年連続2度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。また、ハロルド・レイノルズもゴールドグラブ賞を受賞した。そして、ジム・スナイダーが監督を退任した。この年は68勝93敗という成績でシーズンを終え、地区最下位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たケン・グリフィー・ジュニア

    6月2日、ケン・グリフィー・ジュニアをドラフト1位指名で獲得。7月14日、マーク・ラングストンとハロルド・レイノルズがMLBオールスターゲーム選出を果たした。9月12日、エドガー・マルティネスがメジャーデビューを果たした。シーズン終了後、マーク・ラングストンが2年連続3度目となる最多奪三振のタイトルを獲得し、球団史上初となるゴールドグラブ賞とシルバースラッガー賞を同時受賞した。この年は78勝84敗という成績でシーズンを終え、地区最下位を脱した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たアルビン・デービス

    290px|thumb|right|“Mr. Mariner” アルビン・デービス4月7日、マーク・ラングストンがメジャーデビューを果たした。4月11日、アルビン・デービスがメジャーデビューを果たした。7月10日、アルビン・デービスがMLBオールスターゲーム選出を果たした。11月1日、デル・クランドールが監督を解任され、チャック・コッティアーが就任した。シーズン終了後、アルビン・デービスが球団史上初となるルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、マーク・ラングストンが最多奪三振のタイトルを獲得した。この年は74勝88敗という成績でシーズンを終え、最下位を脱した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たボルチモア・オリオールズ

    7月8日、ケン・グリフィー・ジュニアが8年連続8度目、エドガー・マルティネスが3年連続4度目、ランディ・ジョンソンが4度目、アレックス・ロドリゲスが2年連続2度目、ジョーイ・コーラが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。9月7日、ケン・グリフィー・ジュニアがMLB史上15人目となるシーズン50本塁打を記録。この年はMLBチーム新記録となる264本塁打を放ち、90勝72敗という成績で2年ぶりとなる地区優勝を果たした。そして、ディビジョンシリーズにおいてニューヨーク・ヤンキースに3連勝した。しかし、ディビジョンシリーズでボルチモア・オリオールズに対して1勝3敗という結果に終わり、敗退。2年前同様、リーグ優勝は叶わなかった。シーズン終了後、ケン・グリフィー・ジュニアが2度目の最多本塁打と球団史上初となる最多打点のタイトルを獲得し、8年連続8度目となるゴールドグラブ賞と2年連続4度目となるシルバースラッガー賞、球団史上初となるシーズンMVPを同時受賞した。また、エドガー・マルティネスが3度目のシルバースラッガー賞と2度目の最優秀指名打者賞を受賞した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たニューヨーク・ヤンキース

    [[ファイル:Jay Buhner Dan Wilson Randy Johnson Edgar Martinez Ken Griffey Jr.jpg|290px|thumb|right|95年優勝時のチームメイト(2010年撮影) 左から順にジェイ・ビューナーダン・ウィルソンランディ・ジョンソンエドガー・マルティネスケン・グリフィー・ジュニア]]5月26日、ケン・グリフィー・ジュニアが守備でフェンスに激突し、左手首を骨折。全治3か月の大怪我を負った。7月11日、ケン・グリフィー・ジュニアが6年連続6度目、ランディ・ジョンソンが3年連続3度目、エドガー・マルティネスが2度目、ティノ・マルティネスが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。しかし、ケン・グリフィー・ジュニアは怪我のために出場を辞退した。この年は79勝66敗という成績で球団史上初となる地区優勝を果たした。そして、ディビジョンシリーズにおいてニューヨーク・ヤンキースに3連勝した。しかし、リーグチャンピオンシップシリーズではクリーブランド・インディアンスに対して2勝4敗という結果に終わり、敗退。リーグ優勝はならなかった。シーズン終了後、エドガー・マルティネスが2度目の首位打者を獲得し、2度目のシルバースラッガー賞と最優秀指名打者賞を受賞した。また、ランディ・ジョンソンが4年連続4度目となる最多奪三振のタイトルと球団史上初となる最優秀防御率のタイトルを同時に獲得し、同じく球団史上初となるサイ・ヤング賞を受賞した。そして、ケン・グリフィー・ジュニアが6年連続6度目となるゴールドグラブ賞を受賞し、ルー・ピネラが球団史上初となる最優秀監督賞を受賞した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たシカゴ・ホワイトソックス

    ジョン・オルルド、佐々木主浩が加入。2月10日、ケン・グリフィー・ジュニアがマイク・キャメロンを含む1対4のトレードで移籍する。7月11日、エドガー・マルティネスが5度目、アレックス・ロドリゲスが4度目、アーロン・シーリーが2度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。しかし、アレックス・ロドリゲスは出場を辞退している。この年は91勝71敗という成績でワイルドカードを奪取。そして、ディビジョンシリーズにおいてシカゴ・ホワイトソックスに3連勝した。しかし、リーグチャンピオンシリーズではニューヨーク・ヤンキースに対して2勝4敗という結果に終わり、敗退。10月30日、アレックス・ロドリゲスがフリーエージェントを宣言し、テキサス・レンジャーズへ移籍した。シーズン終了後、エドガー・マルティネスが最多打点のタイトルを獲得し、4度目の最優秀指名打者賞を受賞した。また、アレックス・ロドリゲスがゴールドグラブ賞と3年連続3度目となるシルバースラッガー賞を受賞した。そして、ジョン・オルルドがゴールドグラブ賞、佐々木主浩がルーキー・オブ・ザ・イヤーをそれぞれ受賞した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たウィリー・ホートン

    フロイド・バニスター、ウィリー・ホートンが加入。6月6日、ウィリー・ホートンが通算300本塁打を達成した。7月17日、キングドームでMLBオールスターゲームが開催され、マリナーズからはブルース・ボクテが選出を果たした。シーズン終了後、ウィリー・ホートンが自身2度目にして球団史上初となる最優秀指名打者賞と同じく球団史上初となるカムバック賞を受賞した。この年は67勝95敗という成績でシーズンを終え、最下位を脱した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たマイケル・ピネダ

    エリック・ウェッジが監督に就任。ブレンダン・ライアン、アダム・ケネディ、ジャック・カストが加入し、6年ぶりにミゲル・オリーボが復帰した。4月5日にマイケル・ピネダが、6月17日にはダスティン・アクリーがメジャーデビューを果たした。7月12日、フェリックス・ヘルナンデスが2度目、マイケル・ピネダとブランドン・リーグが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。この年は67勝95敗という成績で2年連続で地区最下位となり、イチローがメジャーデビュー以降10年連続で記録していた打率3割・200安打・ゴールドグラブ賞・オールスター出場が途切れた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

136件中 21 - 30件表示

「シアトル・マリナーズ」のニューストピックワード