136件中 31 - 40件表示
  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たゴーマン・トーマス

    7月16日、フィル・ブラッドリーがMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、ゴーマン・トーマスがカムバック賞を受賞した。この年は74勝88敗という成績でシーズンを終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たエンディ・チャベス

    ドン・ワカマツが監督に就任。エンディ・チャベス、フランクリン・グティエレス、マイク・スウィーニーが加入し、10年ぶりにケン・グリフィー・ジュニアが復帰した。7月14日、イチローが9年連続9度目、フェリックス・ヘルナンデスが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、イチローが9年連続9度目となるゴールドグラブ賞と3度目のシルバースラッガー賞、2度目のフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。また、フェリックス・ヘルナンデスが球団史上初となる最多勝利のタイトルを獲得した。そして、ジャック・ウィルソンがフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。この年は85勝77敗という成績でシーズンを終え、ワイルドカード争いでも4位に着けるなどして、前年度の成績から躍進した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たビル・バベシ

    カルロス・シルバを4年4400万ドルで獲得し、ボルチモア・オリオールズのエリック・ベダードをジョージ・シェリル、アダム・ジョーンズを含む5対1のトレードで獲得。6月16日、大型契約やトレードを失敗続きに終わらせ、チームを低迷させたとしてビル・バベシがGMを解任された。6月19日、ジョン・マクラーレン監督を解任。暫定的にベンチコーチのジム・リグルマンが残りのシーズンの指揮を執ることになった。7月10日、成績不振のリッチー・セクソンを解雇。7月15日、イチローが8年連続8度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。9月1日、エイドリアン・ベルトレがサイクル安打を記録した。シーズン終了後、イチローが8年連続8度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。また、エイドリアン・ベルトレも2年連続2度目となるゴールドグラブ賞と2度目のフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。そして、ビル・バベシの後任としてジャック・ズレンシックがGMに就任した。この年は61勝101敗という成績で、25年ぶり4度目のシーズン100敗を喫して、地区最下位となった。総年俸が1億ドルを超えるチームのシーズン100敗到達はMLB史上初であった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たジョーイ・コーラ

    7月8日、ケン・グリフィー・ジュニアが8年連続8度目、エドガー・マルティネスが3年連続4度目、ランディ・ジョンソンが4度目、アレックス・ロドリゲスが2年連続2度目、ジョーイ・コーラが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。9月7日、ケン・グリフィー・ジュニアがMLB史上15人目となるシーズン50本塁打を記録。この年はMLBチーム新記録となる264本塁打を放ち、90勝72敗という成績で2年ぶりとなる地区優勝を果たした。そして、ディビジョンシリーズにおいてニューヨーク・ヤンキースに3連勝した。しかし、ディビジョンシリーズでボルチモア・オリオールズに対して1勝3敗という結果に終わり、敗退。2年前同様、リーグ優勝は叶わなかった。シーズン終了後、ケン・グリフィー・ジュニアが2度目の最多本塁打と球団史上初となる最多打点のタイトルを獲得し、8年連続8度目となるゴールドグラブ賞と2年連続4度目となるシルバースラッガー賞、球団史上初となるシーズンMVPを同時受賞した。また、エドガー・マルティネスが3度目のシルバースラッガー賞と2度目の最優秀指名打者賞を受賞した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たマーク・ラングストン

    [[ファイル:Alvin Davis 2007 Cropped.jpg|290px|thumb|right|“Mr. Mariner” アルビン・デービス]]4月7日、マーク・ラングストンがメジャーデビューを果たした。4月11日、アルビン・デービスがメジャーデビューを果たした。7月10日、アルビン・デービスがMLBオールスターゲーム選出を果たした。11月1日、デル・クランドールが監督を解任され、チャック・コッティアーが就任した。シーズン終了後、アルビン・デービスが球団史上初となるルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、マーク・ラングストンが最多奪三振のタイトルを獲得した。この年は74勝88敗という成績でシーズンを終え、最下位を脱した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たジョン・オルルド

    ジョン・オルルド、佐々木主浩が加入。2月10日、ケン・グリフィー・ジュニアがマイク・キャメロンを含む1対4のトレードで移籍する。7月11日、エドガー・マルティネスが5度目、アレックス・ロドリゲスが4度目、アーロン・シーリーが2度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。しかし、アレックス・ロドリゲスは出場を辞退している。この年は91勝71敗という成績でワイルドカードを奪取。そして、ディビジョンシリーズにおいてシカゴ・ホワイトソックスに3連勝した。しかし、リーグチャンピオンシリーズではニューヨーク・ヤンキースに対して2勝4敗という結果に終わり、敗退。10月30日、アレックス・ロドリゲスがフリーエージェントを宣言し、テキサス・レンジャーズへ移籍した。シーズン終了後、エドガー・マルティネスが最多打点のタイトルを獲得し、4度目の最優秀指名打者賞を受賞した。また、アレックス・ロドリゲスがゴールドグラブ賞と3年連続3度目となるシルバースラッガー賞を受賞した。そして、ジョン・オルルドがゴールドグラブ賞、佐々木主浩がルーキー・オブ・ザ・イヤーをそれぞれ受賞した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たエリック・ベダード

    カルロス・シルバを4年4400万ドルで獲得し、ボルチモア・オリオールズのエリック・ベダードをジョージ・シェリル、アダム・ジョーンズを含む5対1のトレードで獲得。6月16日、大型契約やトレードを失敗続きに終わらせ、チームを低迷させたとしてビル・バベシがGMを解任された。6月19日、ジョン・マクラーレン監督を解任。暫定的にベンチコーチのジム・リグルマンが残りのシーズンの指揮を執ることになった。7月10日、成績不振のリッチー・セクソンを解雇。7月15日、イチローが8年連続8度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。9月1日、エイドリアン・ベルトレがサイクル安打を記録した。シーズン終了後、イチローが8年連続8度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。また、エイドリアン・ベルトレも2年連続2度目となるゴールドグラブ賞と2度目のフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。そして、ビル・バベシの後任としてジャック・ズレンシックがGMに就任した。この年は61勝101敗という成績で、25年ぶり4度目のシーズン100敗を喫して、地区最下位となった。総年俸が1億ドルを超えるチームのシーズン100敗到達はMLB史上初であった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たゲイロード・ペリー

    両リーグでサイ・ヤング賞を受賞したゲイロード・ペリーが加入。5月6日、ゲイロード・ペリーが史上15人目となる通算300勝を達成した。7月13日、フロイド・バニスターがMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、フロイド・バニスターが球団史上初となる最多奪三振のタイトルを獲得した。この年は76勝86敗という成績でシーズンを終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たミゲル・オリーボ

    エリック・ウェッジが監督に就任。ブレンダン・ライアン、アダム・ケネディ、ジャック・カストが加入し、6年ぶりにミゲル・オリーボが復帰した。4月5日にマイケル・ピネダが、6月17日にはダスティン・アクリーがメジャーデビューを果たした。7月12日、フェリックス・ヘルナンデスが2度目、マイケル・ピネダとブランドン・リーグが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。この年は67勝95敗という成績で2年連続で地区最下位となり、イチローがメジャーデビュー以降10年連続で記録していた打率3割・200安打・ゴールドグラブ賞・オールスター出場が途切れた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たリッチー・セクソン

    マイク・ハーグローヴが監督に就任。リッチー・セクソン、エイドリアン・ベルトレが加入。4月22日、イチローがコミッショナー特別表彰を受賞した。7月12日、イチローが5年連続5度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。8月4日、フェリックス・ヘルナンデスがメジャーデビューを果たした。シーズン終了後、イチローが5年連続5度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。この年は69勝93敗という成績でシーズンを終え、2年連続で地区最下位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

136件中 31 - 40件表示

「シアトル・マリナーズ」のニューストピックワード