136件中 41 - 50件表示
  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たショーン・フィギンズ

    クリフ・リー、ショーン・フィギンズが加入。6月2日、ケン・グリフィー・ジュニアが引退を発表。7月9日、クリフ・リーとマーク・ロウがジャスティン・スモークを含む2対4のトレードで移籍する。7月13日、イチローが10年連続10度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。8月9日、ドン・ワカマツ監督が成績不振を理由に解任。同日、タコマ・レイニアーズ監督のダレン・ブラウンが監督代行に就任した。11月10日、マリナーズの試合中継を長年担当していたデイブ・ニーハウスが、心臓発作により急逝した。シーズン終了後、イチローが10年連続10度目となるゴールドグラブ賞を受賞し、2年連続3度目となるフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。また、フランクリン・グティエレスもゴールドグラブ賞を受賞した。さらに、フェリックス・ヘルナンデスが最優秀防御率のタイトルを獲得し、サイ・ヤング賞を受賞した。この年は61勝101敗という成績で、2年ぶり5度目のシーズン100敗を喫して、地区最下位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たジャック・カスト

    エリック・ウェッジが監督に就任。ブレンダン・ライアン、アダム・ケネディ、ジャック・カストが加入し、6年ぶりにミゲル・オリーボが復帰した。4月5日にマイケル・ピネダが、6月17日にはダスティン・アクリーがメジャーデビューを果たした。7月12日、フェリックス・ヘルナンデスが2度目、マイケル・ピネダとブランドン・リーグが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。この年は67勝95敗という成績で2年連続で地区最下位となり、イチローがメジャーデビュー以降10年連続で記録していた打率3割・200安打・ゴールドグラブ賞・オールスター出場が途切れた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たリッチ・ゴセージ

    リッチ・ゴセージ(Rich "Goose" Gossage)シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たヘクター・ノエシ

    主な選手として、岩隈久志と川崎宗則の日本人選手2人や、マイケル・ピネダらとのトレードでヘスス・モンテロとヘクター・ノエシの若手選手、ベテランのケビン・ミルウッドが加入し、5年ぶりにジョージ・シェリルが復帰した。この年はMLB史上4年ぶり4度目の日本での開幕戦のため、主催のオークランド・アスレチックスとともに来日。3月25日に阪神タイガース、26日に読売ジャイアンツとプレシーズンゲームを行った後、3月28日・29日に東京ドームで2試合公式戦を開催した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たフランクリン・グティエレス

    ドン・ワカマツが監督に就任。エンディ・チャベス、フランクリン・グティエレス、マイク・スウィーニーが加入し、10年ぶりにケン・グリフィー・ジュニアが復帰した。7月14日、イチローが9年連続9度目、フェリックス・ヘルナンデスが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、イチローが9年連続9度目となるゴールドグラブ賞と3度目のシルバースラッガー賞、2度目のフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。また、フェリックス・ヘルナンデスが球団史上初となる最多勝利のタイトルを獲得した。そして、ジャック・ウィルソンがフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。この年は85勝77敗という成績でシーズンを終え、ワイルドカード争いでも4位に着けるなどして、前年度の成績から躍進した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たJ.J.プッツ

    7月1日、マイク・ハーグローブが契約途中で監督を辞任。翌日からベンチコーチのジョン・マクラーレンが監督として指揮を執った。7月10日、イチローが7年連続7度目、J\.J\.プッツが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。また、この試合でイチローがオールスターMVPを受賞した。シーズン終了後、イチローが7年連続7度目となるゴールドグラブ賞と2度目のシルバースラッガー賞を受賞した。また、エイドリアン・ベルトレもゴールドグラブ賞を受賞した。この年は88勝74敗という成績でシーズンを終え、4年ぶりに最下位を脱して地区2位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たルパート・ジョーンズ

    [[ファイル:10 inside kindome.jpg|thumb|290px|キングドーム内部]]球団創設。名称を一般公募した結果、マリナーズ(Mariners)が選ばれた。監督にはダレル・ジョンソンが就任。4月6日、球団史上初の試合となる開幕戦が、完成直後のキングドームで行われた。対戦相手はカリフォルニア・エンゼルス。開幕のマウンドに上がったのは、かつてパイロッツで開幕投手を務めたディエゴ・セギーだった。この試合には57,762人もの大観衆が詰め掛けたが、7対0のスコアで大敗を喫した。7月19日、ルパート・ジョーンズが球団史上初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。この年は64勝98敗という成績でシーズンを負け越した。そして、ここから14シーズン連続負け越しという長きに渡る低迷期が続く。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たマイク・スウィーニー

    ドン・ワカマツが監督に就任。エンディ・チャベス、フランクリン・グティエレス、マイク・スウィーニーが加入し、10年ぶりにケン・グリフィー・ジュニアが復帰した。7月14日、イチローが9年連続9度目、フェリックス・ヘルナンデスが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、イチローが9年連続9度目となるゴールドグラブ賞と3度目のシルバースラッガー賞、2度目のフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。また、フェリックス・ヘルナンデスが球団史上初となる最多勝利のタイトルを獲得した。そして、ジャック・ウィルソンがフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。この年は85勝77敗という成績でシーズンを終え、ワイルドカード争いでも4位に着けるなどして、前年度の成績から躍進した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たフィル・ブラッドリー

    7月16日、フィル・ブラッドリーがMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、ゴーマン・トーマスがカムバック賞を受賞した。この年は74勝88敗という成績でシーズンを終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たジム・リグルマン

    カルロス・シルバを4年4400万ドルで獲得し、ボルチモア・オリオールズのエリック・ベダードをジョージ・シェリル、アダム・ジョーンズを含む5対1のトレードで獲得。6月16日、大型契約やトレードを失敗続きに終わらせ、チームを低迷させたとしてビル・バベシがGMを解任された。6月19日、ジョン・マクラーレン監督を解任。暫定的にベンチコーチのジム・リグルマンが残りのシーズンの指揮を執ることになった。7月10日、成績不振のリッチー・セクソンを解雇。7月15日、イチローが8年連続8度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。9月1日、エイドリアン・ベルトレがサイクル安打を記録した。シーズン終了後、イチローが8年連続8度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。また、エイドリアン・ベルトレも2年連続2度目となるゴールドグラブ賞と2度目のフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。そして、ビル・バベシの後任としてジャック・ズレンシックがGMに就任した。この年は61勝101敗という成績で、25年ぶり4度目のシーズン100敗を喫して、地区最下位となった。総年俸が1億ドルを超えるチームのシーズン100敗到達はMLB史上初であった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

136件中 41 - 50件表示

「シアトル・マリナーズ」のニューストピックワード