136件中 51 - 60件表示
  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たハワード・リンカーン

    2004年8月までは、任天堂の山内溥前社長がチームの共同所有者の一人として名前を連ねていた。現在は、任天堂の米国法人であるNintendo of America(NOA)が山内の出資持ち分全てを買い取り、筆頭オーナーとなっている。セーフコ・フィールドの一室にはオーナーとして山内の写真が掲げてあるものの、本人は現地に赴いたことがない。また、同球団の会長兼CEOは元NOA会長のハワード・リンカーンが務めている。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たジャスティン・スモーク

    クリフ・リー、ショーン・フィギンズが加入。6月2日、ケン・グリフィー・ジュニアが引退を発表。7月9日、クリフ・リーとマーク・ロウがジャスティン・スモークを含む2対4のトレードで移籍する。7月13日、イチローが10年連続10度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。8月9日、ドン・ワカマツ監督が成績不振を理由に解任。同日、タコマ・レイニアーズ監督のダレン・ブラウンが監督代行に就任した。11月10日、マリナーズの試合中継を長年担当していたデイブ・ニーハウスが、心臓発作により急逝した。シーズン終了後、イチローが10年連続10度目となるゴールドグラブ賞を受賞し、2年連続3度目となるフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。また、フランクリン・グティエレスもゴールドグラブ賞を受賞した。さらに、フェリックス・ヘルナンデスが最優秀防御率のタイトルを獲得し、サイ・ヤング賞を受賞した。この年は61勝101敗という成績で、2年ぶり5度目のシーズン100敗を喫して、地区最下位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たオマー・ビスケル

    ジム・ラフィーバーが監督に就任。4月3日、ケン・グリフィー・ジュニアとオマー・ビスケルがメジャーデビューを果たした。5月25日、マーク・ラングストンがランディ・ジョンソンを含む2対3のトレードで移籍する。7月11日、ジェフ・レナ?ドがMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、ハロルド・レイノルズが2年連続2度目となるゴールドグラブ賞を受賞した。この年73勝89敗という成績でシーズンを終え、地区最下位を脱した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たジョン・マクラーレン

    7月1日、マイク・ハーグローブが契約途中で監督を辞任。翌日からベンチコーチのジョン・マクラーレンが監督として指揮を執った。7月10日、イチローが7年連続7度目、J.J.プッツが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。また、この試合でイチローがオールスターMVPを受賞した。シーズン終了後、イチローが7年連続7度目となるゴールドグラブ賞と2度目のシルバースラッガー賞を受賞した。また、エイドリアン・ベルトレもゴールドグラブ賞を受賞した。この年は88勝74敗という成績でシーズンを終え、4年ぶりに最下位を脱して地区2位となった。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たフレディ・ガルシア

    7月7日、ケン・グリフィー・ジュニアが9年連続9度目、アレックス・ロドリゲスが3年連続3度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。7月31日、ランディ・ジョンソンがフレディ・ガルシアを含む1対3のトレードで移籍する。シーズン終了後、ケン・グリフィー・ジュニアが2年連続3度目となる最多本塁打のタイトルを獲得し、9年連続9度目となるゴールドグラブ賞と3年連続5度目となるシルバースラッガー賞を受賞した。また、アレックス・ロドリゲスがシルバースラッガー賞を受賞した。そして、エドガー・マルティネスが2年連続3度目となる最優秀指名打者賞を受賞した。この年は76勝85敗という成績でシーズンを終え、4年ぶりに負け越しを喫した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たブレンダン・ライアン

    エリック・ウェッジが監督に就任。ブレンダン・ライアン、アダム・ケネディ、ジャック・カストが加入し、6年ぶりにミゲル・オリーボが復帰した。4月5日にマイケル・ピネダが、6月17日にはダスティン・アクリーがメジャーデビューを果たした。7月12日、フェリックス・ヘルナンデスが2度目、マイケル・ピネダとブランドン・リーグが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。この年は67勝95敗という成績で2年連続で地区最下位となり、イチローがメジャーデビュー以降10年連続で記録していた打率3割・200安打・ゴールドグラブ賞・オールスター出場が途切れた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たハロルド・レイノルズ

    6月2日、ケン・グリフィー・ジュニアをドラフト1位指名で獲得。7月14日、マーク・ラングストンとハロルド・レイノルズがMLBオールスターゲーム選出を果たした。9月12日、エドガー・マルティネスがメジャーデビューを果たした。シーズン終了後、マーク・ラングストンが2年連続3度目となる最多奪三振のタイトルを獲得し、球団史上初となるゴールドグラブ賞とシルバースラッガー賞を同時受賞した。この年は78勝84敗という成績でシーズンを終え、地区最下位を脱した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見た荒川實

    1991年12月、スレイド・ゴートン上院議員は、任天堂米国法人であるNintendo of America(NOA)の荒川實社長に対してシアトル・マリナーズの買収を要請した。これを受け、翌年の1992年1月24日、任天堂の山内溥社長が任天堂本社で記者会見を開き、シアトルの投資家グループと「ザ・ベースボール・クラブ・オブ・シアトル」を結成して、シアトル・マリナーズを1億ドルで買収する意向を表明。その5日後の1月29日には、シアトル・マリナーズ球団オーナーに買収を正式に申し入れた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たルー・ピネラ

    ルー・ピネラが監督に就任。4月23日、クリス・ボジオがノーヒットノーランを記録した。6月23日、ジェイ・ビューナーが球団史上初のサイクル安打を記録した。7月13日、ケン・グリフィー・ジュニアが4年連続4度目、ランディ・ジョンソンが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、ケン・グリフィー・ジュニアが4年連続4度目となるゴールドグラブ賞と2度目のシルバースラッガー賞を同時受賞した。また、ランディ・ジョンソンが2年連続2度目となる最多奪三振のタイトルを獲得し、オマー・ビスケルもゴールドグラブ賞を受賞した。この年は82勝80敗という成績でシーズンを終え、地区最下位を脱した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たジョー・ジャクソン (野球)

    イチローが加入し、8年ぶりにブレット・ブーンが復帰。6月16日、ジョン・オルルドがサイクル安打を記録した。7月10日、セーフコ・フィールドでMLBオールスターゲームが開催され、マリナーズからはエドガー・マルティネス、ジョン・オルルド、ブレット・ブーン、イチロー、フレディ・ガルシア、ジェフ・ネルソン、佐々木主浩、マイク・キャメロンの8人が選出を果たした。9月29日、イチローがジョー・ジャクソンの持っていたルーキー最多安打記録を90年ぶりに塗り替えた。この年、マリナーズはMLBタイ記録となるシーズン116勝を記録し、球団史上初となるコミッショナー特別表彰を受賞。116勝46敗という成績で4年ぶりとなる地区優勝を果たした。そして、ディビジョンシリーズにおいてクリーブランド・インディアンスを3勝2敗で破った。しかし、リーグチャンピオンシップシリーズではニューヨーク・ヤンキースに対して1勝4敗という結果に終わり、敗退。またしてもリーグ優勝を逃した。シーズン終了後、イチローが首位打者のタイトルを獲得。加えてゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞、シーズンMVP、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを同時受賞した。また、エドガー・マルティネスが4度目のシルバースラッガー賞と2年連続5回目となる最優秀指名打者賞を受賞し、ブレット・ブーンが最多打点のタイトルを獲得、シルバースラッガー賞を受賞した。さらに、フレディ・ガルシアが最優秀防御率のタイトルを獲得し、マイク・キャメロンがゴールドグラブ賞を受賞した。そして、ルー・ピネラが2度目の最優秀監督賞を受賞した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

136件中 51 - 60件表示

「シアトル・マリナーズ」のニューストピックワード