シェールガス ニュース&Wiki etc.

オイルシェール()、油母頁岩(ゆぼけつがん)、油質頁岩(ゆしつけつがん)、油頁岩(ゆけつがん)とは、油母 (ケロジェン) を多く含む岩石である。これらを化学処理して液状もしくはガス状炭化水素とすることができる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「オイルシェール」のつながり調べ

  • バイオ燃料

    バイオ燃料から見たオイルシェール

    産業用燃料は、第二次オイルショックで原油価格が1バーレルあたり4ドルから17ドルに値上がりしたのを契機に、石油より安価な石炭・天然ガス・原子力等で代替されたが、1980年から2000年の間、輸送用燃料は原油価格1バーレル 15ドル前後だったため代替燃料は採算が合わなかった。しかし、中国・インドでの自動車の普及・経済発展による輸送燃料需要の急増により、2005年から2008年にかけて原油価格が1バーレル150ドルに暴騰し、地球温暖化問題によるCO2削減要請の高まりもあって、近年低コスト輸送用バイオ燃料への投資が拡大して研究開発・実用化が大きく進展するかに見えたが、その後、原油価格が産油国の増産により2016年2月現在、1バーレル30ドル台まで下落し、オイルシェール、シェールガス等と共に採算が取れなくなっている。同年9月にICAO総会にて航空向けCO2排出量の削減に関する枠組みで合意がなされ、バイオ燃料への注目が集まった。(バイオ燃料 フレッシュアイペディアより)

  • エネルギー革命

    エネルギー革命から見たオイルシェール

    石油危機以降、石油輸出国機構(OPEC)に対する危機感と原油価格の高騰により、世界各地で探鉱活動が活発になるとともに、石油探査・生産技術が向上したこともあり石油の可採埋蔵量が増加することとなった。しかし、化石エネルギーが有限資源であることに変わりなく辺境の土地や海洋での探鉱、オイルシェールやタールサンドなどの採掘に対象が移ると考えられている。(エネルギー革命 フレッシュアイペディアより)

「オイルシェール」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「シェールガス」のニューストピックワード