前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示
  • 赤羽克己

    赤羽克己から見たオイルシェールオイルシェール

    赤羽 克己(あかばね かつみ、1869年4月10日(明治2年2月29日) - 1941年(昭和16年)7月5日)は、日本の実業家。南満州鉄道理事としてオイルシェール事業に取り組んだ。赤羽克己 フレッシュアイペディアより)

  • メッセル採掘場

    メッセル採掘場から見た油母頁岩オイルシェール

    メッセル採掘場は、ドイツ・ヘッセン州の村メッセル(Messel)近くにある油母頁岩の採掘場跡地である。フランクフルト・アム・マインの南東約35km のところにある。ここからは大量の化石が出土しており、その地質学的・古生物学的な重要性から、1995年12月9日にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された。メッセル採掘場 フレッシュアイペディアより)

  • コフトラ=ヤルヴェ

    コフトラ=ヤルヴェから見たオイルシェールオイルシェール

    1924年に設立され、1946年に町となった。オイルシェールが産出されることから、大手石油製品メーカーが軒を連ねている。市民はエストニア民族であってもロシア語を母語としており、1990年代に公用語がエストニア語となったのちも日常生活ではロシア語が用いられている。コフトラ=ヤルヴェ フレッシュアイペディアより)

  • ユタ州

    ユタ州から見たオイルシェールオイルシェール

    州東部は標高の高い地域であり、特にタバプッツ台地やサンラファエル・スウェルなど台地や盆地で大半が覆われ、近づきがたいままである。ユインタ盆地には東部人口の大多数が住んでいる。経済の根幹は鉱業、オイルシェール、石油および天然ガスの採掘であり、牧畜業や観光業もある。東部の土地の多くはユインタ・ユアレイ・インディアン居留地の部分になっている。北東部で人気のある観光地はバーナルに近いダイノソー(恐竜)国立保護区である。ユタ州 フレッシュアイペディアより)

  • シェールオイル

    シェールオイルから見たオイルシェールオイルシェール

    シェールオイル(:en:Shale oil)とは、オイルシェールから熱分解、水素化により生産される合成石油タイトオイルの一つ。頁岩油(けつがんゆ)とも言われている。オイルシェールを摂氏350 - 550度にし、乾留して得られる。タイトオイルは厳密に分類するとオイルサンドとシェールオイルに分類される。シェールオイルは経済学的、地政学的なニュースとして報道されることが多いため、本項目は経済面を主に記述する。(精製法の概要などはタイトオイルの項目を参照のこと)シェールオイル フレッシュアイペディアより)

  • スランツィ

    スランツィから見たオイルシェールオイルシェール

    スランツィはロシア語でオイルシェールを意味する。その名の通り、この町はオイルシェールの採掘が主産業となってきた。19世紀にはこの近辺で掘られた燃料によってサンクトペテルブルクの通りが照らされていた。鉱山は、現在近隣のエストニアとの意見の相違によって閉鎖されたままとなっている。この閉鎖は、この地方に大規模な失業をもたらした。さらに、閉鎖された鉱山はこの地方の生態系と水の供給に深刻な影響をもたらしている。スランツィ フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェールガス

    オイルシェールガスから見たオイルシェールオイルシェール

    オイルシェールガス()とは、オイルシェールを熱分解して生成される合成ガス。略してシェールガス(Shale gas)と呼ばれることもあるが、頁岩(シェール)層から採取される天然ガス(同じくシェールガスと呼ばれる)とは別のものである。オイルシェールガス フレッシュアイペディアより)

  • パレオキロプテリクス

    パレオキロプテリクスから見た油母頁岩オイルシェール

    頭胴長約7cmの小型コウモリ。メッセル採掘場の油母頁岩には骨格がほぼ完全に保存され、翼の皮膜や胃内容物の痕跡も確認されている。このコウモリ形態は、ほぼ現生種と同じであった。翼は短く、植物の周囲や地表に近い所を飛んでいたと推定されている。胃の内容物の痕跡から、昆虫、特に小さなガやトビケラを食べていた事が分かっている。枝に止まって獲物を探し、空中で獲物を捕らえていたと推測される。パレオキロプテリクス フレッシュアイペディアより)

  • 根源岩

    根源岩から見たオイルシェールオイルシェール

    石油やガスは、生物由来の有機物が、地下深くで地球内部の熱により、化学変化してできたものと考えられている。それらの生物は、海中や湖にいたプランクトンや藻であり、長い地質時間を経過して堆積岩の中で変化し、石油やガスの成分である炭化水素になった。この堆積岩が根源岩で、泥岩や頁岩、あるいは石灰岩や石炭層などが根源岩になり得る。オイルシェールは、油分を多く含む頁岩のことで、石油が根源岩から移動できないでいるものと解釈される。根源岩 フレッシュアイペディアより)

  • 熱化学水素製造

    熱化学水素製造から見たオイルシェールオイルシェール

    オイルサンド油の水素化分解、オイルシェール油の水素化脱硫熱化学水素製造 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示

「シェールガス」のニューストピックワード