53件中 11 - 20件表示
  • シアーレス石

    シアーレス石から見たオイルシェールオイルシェール

    シアーレス石はホウ砂の鉱石鉱物で、オイルシェール層と泥灰土層との間(グリーン・リバー層、アメリカ合衆国)、またはホウ素に関連する蒸発岩(カリフォルニア、アメリカ合衆国)に存在する。シアーレス石 フレッシュアイペディアより)

  • カトゥーンバ・シーニックワールド

    カトゥーンバ・シーニックワールドから見たオイルシェールオイルシェール

    シーニックレールウェイは、世界で最も急なケーブルカーの1つであり、の全傾斜区間の中に、最も急な52度の傾斜がある。これは、もともと石炭やオイルシェールの鉱業用として、1880年代にジェイミソン・バレーで建設され、谷底から急斜面を石炭やオイルシェールを載せて引いていた。1928年から1945年にかけて、レールウェイは、平日の間石炭を運び、週末には乗客を運んだ。炭坑は1945年に閉鎖され、その後は観光アトラクションとして残された。シーニックレールウェイは、2013年1月13日に閉鎖され(スカイウェイ、ケーブルウェイ、ウォークウェイは残っている)、線路や車両を改良する工事が始まった。工事は、2013年4月に完了し、レールウェイは再オープンした。カトゥーンバ・シーニックワールド フレッシュアイペディアより)

  • ケロゲン

    ケロゲンから見たオイルシェールオイルシェール

    ケロゲン(Kerogen)とは、堆積岩中の有機物の一部を構成する有機化合物の混合物である。構成化合物の分子量が高い(1000Daにも達する)ため、通常の有機溶媒には不溶である。可溶画分は、ビチューメンとして知られている。地殻の中で適切な温度(液体では約60-160℃、気体では約150-200℃、どちらも岩石がどれだけ早く加熱されるかに依存する)まで加熱されると、原油または天然ガスを放出するケロゲンもある。このようなケロゲンが頁岩等に高濃度で含まれると、根源岩となる。炭化水素を放出するほど温められなかったケロゲンを豊富に含む頁岩は、オイルシェールとなる。ケロゲン フレッシュアイペディアより)

  • グランドジャンクション (コロラド州)

    グランドジャンクション (コロラド州)から見たオイルシェールオイルシェール

    1880年代に開拓者が入ってきた時から1960年代まで、地域の主要経済活動は農業と牧畜業だった。小売業が次第に重要性を増し(ガソリン販売、猟と漁にかかわる小売り)、またウラン鉱業に関わる活動も重要になった。市内にはアメリカ原子力エネルギー委員会にウラン鉱石を供給したクライマックス・ウラニウム・ミルがあったが、現在は廃坑になった。教育と医療も重要になってきており、特に1950年代からはコロラド・メサ大学とセントメアリー病院が主要な雇用主となった。パイシアンス盆地のパラシュート近くに広大なオイルシェールが埋蔵していることが知られている。1970年代の石油禁輸とガスの高価格によってこの地域に金融界の関心が高まった。エクソンモービルが採鉱権を取得し、グランドジャンクションに操業拠点を置いた。グランドジャンクション (コロラド州) フレッシュアイペディアより)

  • ケネス・リー・サラザール

    ケネス・リー・サラザールから見たオイルシェールオイルシェール

    共和党上院議員はサラザールについて、オイルシェールの開発や環境保護指定区域での採掘などの姿勢に疑問が投げかけられるだろうと予測していた。だがサラザールはオバマ大統領就任直後に、上院での発声投票で満場一致の承認を受けた。前内務長官ダーク・ケンプソーンはサラザールの就任について、賞賛の辞を述べた。ケネス・リー・サラザール フレッシュアイペディアより)

  • ナルヴァ

    ナルヴァから見たオイルシェールオイルシェール

    港湾都市としての機能を有するほか、周辺でオイルシェール(油母頁岩)が産出されることもあり、エストニア屈指の工業地域である。2004年にエストニアがEU加盟を果たしたことで、ナルヴァの経済にも好影響をもたらすことが期待されている。ナルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • キヴィオリ

    キヴィオリから見たオイルシェールオイルシェール

    キヴィオリ()は、エストニアのイダ=ヴィル県に属す人口約7400人の町。基幹産業はオイルシェールで、町の名も元々は「油」という意味である。この産業に伴って生まれた標高115mと109mの「灰の山」はキヴィオリを一躍有名にした。この山は、人工の山としてはバルト三国最高峰を誇る。キヴィオリ フレッシュアイペディアより)

  • 梅河口市

    梅河口市から見たオイルシェールオイルシェール

    鉱産資源が豊富で主要なものに石炭、金、珪藻土、油頁岩、鉄、石墨、石英、ミネラルウォーターなど17種類が知られる。梅河口市 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見たオイルシェールオイルシェール

    鉱業(こうぎょう、英語:mining)とは、鉱物などの地下資源(場合によっては地表にあるものを含む)を鉱脈や鉱石から資源として取り出す産業である。卑金属、貴金属、鉄、ウラン、石炭、オイルシェール、岩塩、炭酸カリウムなどが採取される。農業で生産できない材料や、研究室や工場で化学合成で作れない材料を一般に採掘する。広い意味では任意の再生不可能な資源の採取を含み、石油や天然ガス、さらには化石水の採掘も含む。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン空軍

    スウェーデン空軍から見たオイルシェールオイルシェール

    1939年の第二次世界大戦勃発時、空軍の増強は継続されこれは終戦まで継続される。スウェーデンは参戦しなかったが列強からの軍事的圧力に対抗するため大規模な戦力を整備する必要に迫られた。スウェーデン空軍は1945年までに15個戦闘航空団に約800機の即時投入可能な戦闘機を保有していた。第二次世界大戦中、スウェーデン空軍を最も悩ませた問題は燃料の欠乏であった。周囲を交戦国に囲まれた情勢にあっては輸入に頼ることは出来ず、国内で産出されるオイルシェールを熱処理して合成ガソリンを精製した。スウェーデン空軍 フレッシュアイペディアより)

53件中 11 - 20件表示

「シェールガス」のニューストピックワード