40件中 11 - 20件表示
  • オイルサンド

    オイルサンドから見たオイルシェールオイルシェール

    母岩が砂岩ではなく頁岩の場合にはオイルシェール (Oil Shale) と呼ばれる。オイルサンド フレッシュアイペディアより)

  • スランツィ

    スランツィから見たオイルシェールオイルシェール

    スランツィはロシア語でオイルシェールを意味する。その名の通り、この町はオイルシェールの採掘が主産業となってきた。19世紀にはこの近辺で掘られた燃料によってサンクトペテルブルクの通りが照らされていた。鉱山は、現在近隣のエストニアとの意見の相違によって閉鎖されたままとなっている。この閉鎖は、この地方に大規模な失業をもたらした。さらに、閉鎖された鉱山はこの地方の生態系と水の供給に深刻な影響をもたらしている。スランツィ フレッシュアイペディアより)

  • ナルヴァ

    ナルヴァから見たオイルシェールオイルシェール

    港湾都市としての機能を有するほか、周辺でオイルシェール(油母頁岩)が産出されることもあり、エストニア屈指の工業地域である。2004年にエストニアがEU加盟を果たしたことで、ナルヴァの経済にも好影響をもたらすことが期待されている。ナルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • タイトオイル

    タイトオイルから見たオイルシェールオイルシェール

    なお一般に報道などではシェールオイル() と呼ばれる。一方で国際エネルギー機関(IEA)の世界エネルギーに関する報告書 "World Energy Outlook (WEO)2012" には「この分野における学術用語はまだ統一されていない。(中略)オイルシェール (oil shale) との混同を避けるためシェールオイル (shale oil) という語よりもライトタイトオイル (light tight oil) という語が望ましい。」との指摘がある。タイトオイル フレッシュアイペディアより)

  • パレオキロプテリクス

    パレオキロプテリクスから見た油母頁岩オイルシェール

    頭胴長約7cmの小型コウモリ。メッセル採掘場の油母頁岩には骨格がほぼ完全に保存され、翼の皮膜や胃内容物の痕跡も確認されている。このコウモリ形態は、ほぼ現生種と同じであった。翼は短く、植物の周囲や地表に近い所を飛んでいたと推定されている。胃の内容物の痕跡から、昆虫、特に小さなガやトビケラを食べていた事が分かっている。枝に止まって獲物を探し、空中で獲物を捕らえていたと推測される。パレオキロプテリクス フレッシュアイペディアより)

  • ろうそくの歴史

    ろうそくの歴史から見たオイルシェールオイルシェール

    1820年、はコールタールからパラフィンを抽出している。1850年にはスコットランドの化学者はオイルシェールからパラフィンを抽出する方法で特許を取得している。パラフィンの登場で、高品質で安価なろうそくが作られるようになった。ろうそくの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ウラド後旗

    ウラド後旗から見たオイルシェールオイルシェール

    農業と牧畜の混合生産地区で、牧畜は食肉用の羊が主。非鉄金属とエネルギー関連の天然資源が豊富で、鉛や亜鉛、ケイ素、ニッケル、オイルシェール、石油等を産する。風力発電、太陽光発電、石炭化学や鉱工業に力を入れている。ウラド後旗 フレッシュアイペディアより)

  • 梅河口市

    梅河口市から見たオイルシェールオイルシェール

    鉱産資源が豊富で主要なものに石炭、金、珪藻土、油頁岩、鉄、石墨、石英、ミネラルウォーターなど17種類が知られる。梅河口市 フレッシュアイペディアより)

  • 卓資県

    卓資県から見たオイルシェールオイルシェール

    鉱産資源が豊富で、中でもモリブデンや鉄鉱石の推定埋蔵量が非常に大きい。他には金、銀、銅、マグネシウム、鉛、亜鉛、タングステンが産出されている。非金属類としては、石炭、オイルシェール、グラファイト、アスベスト、雲母、石灰岩を産出する。また年間を通して風力が強い日が多く、風力発電も盛んに行なわれている。卓資県 フレッシュアイペディアより)

  • プエルトリャノ

    プエルトリャノから見たオイルシェールオイルシェール

    かつては、家畜の飼育が主産業であったが、現在は織物産業、炭鉱業、オイルシェール採掘が盛んな、州有数の工業都市となっている。プエルトリャノ フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「シェールガス」のニューストピックワード