40件中 21 - 30件表示
  • キヴィオリ

    キヴィオリから見たオイルシェールオイルシェール

    キヴィオリ()は、エストニアのイダ=ヴィル県に属す人口約7400人の町。基幹産業はオイルシェールで、町の名も元々は「油」という意味である。この産業に伴って生まれた標高115mと109mの「灰の山」はキヴィオリを一躍有名にした。この山は、人工の山としてはバルト三国最高峰を誇る。キヴィオリ フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン空軍

    スウェーデン空軍から見たオイルシェールオイルシェール

    1939年の第二次世界大戦勃発時、空軍の増強は継続されこれは終戦まで継続される。スウェーデンは参戦しなかったが列強からの軍事的圧力に対抗するため大規模な戦力を整備する必要に迫られた。スウェーデン空軍は1945年までに15個戦闘航空団に約800機の即時投入可能な戦闘機を保有していた。第二次世界大戦中、スウェーデン空軍を最も悩ませた問題は燃料の欠乏であった。周囲を交戦国に囲まれた情勢にあっては輸入に頼ることは出来ず、国内で産出されるオイルシェールを熱処理して合成ガソリンを精製した。スウェーデン空軍 フレッシュアイペディアより)

  • ナルヴァの戦い (1944年)

    ナルヴァの戦い (1944年)から見たオイルシェールオイルシェール

    ソビエト赤軍のバルト海沿岸への進出はバルト海全体の制海権、及びスウェーデンから鉄鉱石を輸入していたドイツを脅かす可能性が存在した。その上、ナルヴァの喪失は、ナルヴァに隣接していたコフトラ・ヤルヴェ(en)(ナルヴァ沿岸32Km西方)で産出されるオイルシェールから精製される石油がドイツ軍に渡らなくなることを意味していた。ナルヴァの地形は森と沼地が支配、間を縫うように隘路が存在しているだけで、防衛に適していた。また、ナルヴァ川後方に直接町が存在しており、この位置は谷間沿いに北、及び南、両方角に対して影響を及ぼす要塞として理想的であった。ナルヴァの戦い (1944年) フレッシュアイペディアより)

  • 双湖県

    双湖県から見たオイルシェールオイルシェール

    広大な土地に人は稀、気候は寒冷にして乾燥しており、主に半荒漠の草場からなる。自然資源はホウ素、砂金、錫、クロム鉄鉱、岩塩、オイルシェール、玉石、雲母、紫水晶など。牧畜業ではヤク、綿羊、ヤギを飼育。カシミヤと扎加蔵布河の無鱗魚が特産。双湖県 フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たオイルシェールオイルシェール

    東部砂漠のRishaガス田を1987年に発見、埋蔵量はそれほど多くはないが、ヨルダン全体の発電量の1割を支えている。南部には世界第3位を誇るリン鉱石埋蔵量があり、採掘された鉱石は鉄道でアカバ港へ運ばれ輸出される。ウラン鉱石は世界の2%の埋蔵量がある。最近注目されているのがオイルシェールで、400億トンの石油の存在が推定される。ロイヤル・ダッチ・シェルとの間で開発契約が締結された。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見たオイルシェールオイルシェール

    鉱業(こうぎょう、英語:mining)とは、鉱物などの地下資源(場合によっては地表にあるものを含む)を鉱脈や鉱石から資源として取り出す産業である。卑金属、貴金属、鉄、ウラン、石炭、オイルシェール、岩塩、炭酸カリウムなどが採取される。農業で生産できない材料や、研究室や工場で化学合成で作れない材料を一般に採掘する。広い意味では任意の再生不可能な資源の採取を含み、石油や天然ガス、さらには化石水の採掘も含む。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • テルペン

    テルペンから見たオイルシェールオイルシェール

    ファルネシル二リン酸が骨格の基本構造をなすが、これは含油頁岩(オイルシェール)中などにみられる。ファルネソールはバラやジャスミンの精油から得られる。ネロリドールはオレンジ精油に、β-シネンサールはオレンジの花に含まれる。非環式フラノイドセスキテルペンとしてデンドロラシン、セスキロセンフラン、ロンギホリンが知られる。デンドロラシンは植物のみでなくアリからも得られ、その名はクサアリ亜属 (Dendrolasius) の学名に由来する。アブシジン酸は植物の生長などを調節する。幼若ホルモンは幼虫の生長を促進するホルモンである。テルペン フレッシュアイペディアより)

  • ノースダコタ州

    ノースダコタ州から見たオイルシェールオイルシェール

    最近の10年以上、全国平均よりも低い失業率、雇用数と人口の増大、および低い住宅空き家率と、経済的な好調を持続してきた。これには州西部のバッケン・オイルシェール田の開発が大きく貢献しているが、技術やサービス産業の成長も寄与してきた。2011年6月に起こった洪水によってマイノット市が大きな被害を被り、州都ビスマーク市も脅かされた。ノースダコタ州 フレッシュアイペディアより)

  • 頁岩

    頁岩から見たオイルシェールオイルシェール

    頁岩は有機物に富むものが多く、特に有機物が多いものは常圧で触媒を用いず乾留すれば石油を回収することができるので、オイルシェールと呼ばれる。頁岩 フレッシュアイペディアより)

  • コロラド州

    コロラド州から見たオイルシェールオイルシェール

    州内にはかなりの量の炭化水素資源がある。エネルギー情報管理局に拠れば、国内天然ガス田100傑のうち7か所、油田100傑のうち2か所がある。従来型あるいは非従来型の天然ガス生産量は通常国内生産量の5%以上になっている。オイルシェールの埋蔵量は石油換算で1兆バーレル (160 km3) とされており、全世界の判明石油埋蔵量に匹敵している。しかし、オイルシェールの経済的実現可能性はまだわかっていない。歴青炭、亜歴青炭および褐炭ではかなりの埋蔵量が見つかっている。キンバーライト火山管も見つかっている。ケルシー湖ダイヤモンド鉱山が数年間操業され、宝石品質のダイヤモンドを産出した。コロラド州 フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示

「シェールガス」のニューストピックワード