53件中 21 - 30件表示
  • ナルヴァの戦い (1944年)

    ナルヴァの戦い (1944年)から見たオイルシェールオイルシェール

    ソビエト赤軍のバルト海沿岸への進出はバルト海全体の制海権、及びスウェーデンから鉄鉱石を輸入していたドイツを脅かす可能性が存在した。その上、ナルヴァの喪失は、ナルヴァに隣接していたコフトラ・ヤルヴェ(en)(ナルヴァ沿岸32Km西方)で産出されるオイルシェールから精製される石油がドイツ軍に渡らなくなることを意味していた。ナルヴァの地形は森と沼地が支配、間を縫うように隘路が存在しているだけで、防衛に適していた。また、ナルヴァ川後方に直接町が存在しており、この位置は谷間沿いに北、及び南、両方角に対して影響を及ぼす要塞として理想的であった。ナルヴァの戦い (1944年) フレッシュアイペディアより)

  • プエルトリャノ

    プエルトリャノから見たオイルシェールオイルシェール

    かつては、家畜の飼育が主産業であったが、現在は織物産業、炭鉱業、オイルシェール採掘が盛んであり、カスティーリャ=ラ・マンチャ州有数の工業都市となっている。プエルトリャノ フレッシュアイペディアより)

  • エネルギー革命

    エネルギー革命から見たオイルシェールオイルシェール

    石油危機以降、石油輸出国機構(OPEC)に対する危機感と原油価格の高騰により、世界各地で探鉱活動が活発になるとともに、石油探査・生産技術が向上したこともあり石油の可採埋蔵量が増加することとなった。しかし、化石エネルギーが有限資源であることに変わりなく辺境の土地や海洋での探鉱、オイルシェールやタールサンドなどの採掘に対象が移ると考えられている。エネルギー革命 フレッシュアイペディアより)

  • 3-メチルピリジン

    3-メチルピリジンから見たオイルシェールオイルシェール

    3-メチルピリジンを含むピリジン誘導体は環境汚染物質であり、オイルシェールや石炭などの化石燃料を処理する際に発生する。また、原油が流出した際の水溶性部分からも発見されている。つまり、3-メチルピリジンの水溶性の高さは、水を汚染する能力を高めていることになる。3-メチルピリジンは生分解性であるが、分解速度は2-メチルピリジンや4-メチルピリジンよりかは遅い。3-メチルピリジン フレッシュアイペディアより)

  • C1化学

    C1化学から見たオイルシェールオイルシェール

    C1化学の原料として用いられる合成ガスやメタンは天然ガスや石炭、オイルシェール、バイオマスなどといった石油以外の炭素資源から作られる(重質油や石油排ガスを原料にする場合もある)。そのため、「石油資源の有効利用」という観点からC1化学は重要な有機合成化学の一体系と考えられている。種々の化学原料に変換されたあとは現在の石油化学工業と同様のプロセスを経て、様々な化学製品となる。また、後述するような方法を用いると、合成ガソリンといった炭化水素の混合物が得られる。このC1化学は触媒が非常に重要となっている。C1化学 フレッシュアイペディアより)

  • 平和的核爆発

    平和的核爆発から見たオイルシェールオイルシェール

    オイルシェールの採掘に関しては、詳細に検討されている。地下核爆発により生じた空洞は地層の崩落により、縦方向へ拡大し空洞とほぼ同じ面積を持つ縦坑(チムニー)が形成される。このチムニー空間においては、岩石が破砕されているのみならず、核爆発の熱により蒸留作用が生じ、石油の回収が行ないやすくなる。平和的核爆発 フレッシュアイペディアより)

  • ロッキー山脈

    ロッキー山脈から見たオイルシェールオイルシェール

    ロッキー山脈は豊富な天然資源を有している。山中で見つかる鉱物には金、銀、銅、鉛、モリブデン、タングステン、亜鉛などがある。ワイオミング盆地などでは石炭、天然ガス、オイルシェール、原油も埋蔵されている。コロラド州中央部に位置するかつての鉱山町クライマックスには世界最大のモリブデン鉱山がある(ただし町自体はゴーストタウンになっている)。モリブデンは自動車や航空機の耐熱鋼(モリブデン鋼)生産に用いられるほか、銅との合金がハイブリッドカーやロケットの電子基板に使われたり、機械の潤滑油に添加されて使われたりと、使途が広い鉱物である。クライマックスのモリブデン鉱山は約3,000人を雇っていた。近年では避暑地としても発展してきているアイダホ州の鉱業都市コー・ダリーンの周辺には銀、鉛、亜鉛の鉱山がある。カナダ領内では、ロッキー山脈沿いに多数の炭田が見られる。ロッキー山脈 フレッシュアイペディアより)

  • ウラド後旗

    ウラド後旗から見たオイルシェールオイルシェール

    農業と牧畜の混合生産地区で、牧畜は食肉用の羊が主。非鉄金属とエネルギー関連の天然資源が豊富で、鉛や亜鉛、ケイ素、ニッケル、オイルシェール、石油等を産する。風力発電、太陽光発電、石炭化学や鉱工業に力を入れている。ウラド後旗 フレッシュアイペディアより)

  • 卓資県

    卓資県から見たオイルシェールオイルシェール

    鉱産資源が豊富で、中でもモリブデンや鉄鉱石の推定埋蔵量が非常に大きい。他には金、銀、銅、マグネシウム、鉛、亜鉛、タングステンが産出されている。非金属類としては、石炭、オイルシェール、グラファイト、アスベスト、雲母、石灰岩を産出する。また年間を通して風力が強い日が多く、風力発電も盛んに行なわれている。卓資県 フレッシュアイペディアより)

  • ベルム

    ベルムから見たオイルシェールオイルシェール

    シュヴァルツクライデグルーベは自然文化財である。これは数百万年前ので形成されており、20世紀になるまで採掘され、輸出されていた。シュヴァルツクライデは非石炭性オイルシェールである。ベルム フレッシュアイペディアより)

53件中 21 - 30件表示

「シェールガス」のニューストピックワード