53件中 31 - 40件表示
  • テルペン

    テルペンから見たオイルシェールオイルシェール

    ファルネシル二リン酸が骨格の基本構造をなすが、これは含油頁岩(オイルシェール)中などにみられる。ファルネソールはバラやジャスミンの精油から得られる。ネロリドールはオレンジ精油に、β-シネンサールはオレンジの花に含まれる。非環式フラノイドセスキテルペンとしてデンドロラシン、セスキロセンフラン、ロンギホリンが知られる。デンドロラシンは植物のみでなくアリからも得られ、その名はクサアリ亜属 (Dendrolasius) の学名に由来する。アブシジン酸は植物の生長などを調節する。幼若ホルモンは幼虫の生長を促進するホルモンである。テルペン フレッシュアイペディアより)

  • コロラド州

    コロラド州から見たオイルシェールオイルシェール

    州内にはかなりの量の炭化水素資源がある。エネルギー情報管理局に拠れば、国内天然ガス田100傑のうち7か所、油田100傑のうち2か所がある。従来型あるいは非従来型の天然ガス生産量は通常国内生産量の5%以上になっている。オイルシェールの埋蔵量は石油換算で1兆バーレル (160 km3) とされており、全世界の判明石油埋蔵量に匹敵している。しかし、オイルシェールの経済的実現可能性はまだわかっていない。歴青炭、亜歴青炭および褐炭ではかなりの埋蔵量が見つかっている。キンバーライト火山管も見つかっている。ケルシー湖ダイヤモンド鉱山が数年間操業され、宝石品質のダイヤモンドを産出した。コロラド州 フレッシュアイペディアより)

  • 頁岩

    頁岩から見たオイルシェールオイルシェール

    頁岩は有機物に富むものが多く、特に有機物が多いものは常圧で触媒を用いず乾留すれば石油を回収することができるので、オイルシェールと呼ばれる。頁岩 フレッシュアイペディアより)

  • ろうそくの歴史

    ろうそくの歴史から見たオイルシェールオイルシェール

    1820年、はコールタールからパラフィンを抽出している。1850年にはスコットランドの化学者はオイルシェールからパラフィンを抽出する方法で特許を取得している。パラフィンの登場で、高品質で安価なろうそくが作られるようになった。ろうそくの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • オイルサンド

    オイルサンドから見たオイルシェールオイルシェール

    母岩が砂岩ではなく頁岩の場合にはオイルシェール (Oil Shale) と呼ばれる。オイルサンド フレッシュアイペディアより)

  • コロラド鉱山大学

    コロラド鉱山大学から見たオイルシェールオイルシェール

    また1964年よりオイルシェールシンポジウムを主催しており、国際的なオイルシェール会議の重要な会議の1つとなっている。一度1992年に中断したが2006年より再開しているコロラド鉱山大学 フレッシュアイペディアより)

  • ルイジアナ州

    ルイジアナ州から見たオイルシェールオイルシェール

    天然ガスの埋蔵量は国内の約5%である。最近カドー郡など8郡に跨るヘインズビル層・オイルシェールが発見され、世界でも第4位のガス田になった。当初毎日2,500万立方フィート (708,000 m3) 以上のガスを生産した。ルイジアナ州 フレッシュアイペディアより)

  • バイオ燃料

    バイオ燃料から見たオイルシェールオイルシェール

    産業用燃料は、第二次オイルショックで原油価格が1バーレルあたり4ドルから17ドルに値上がりしたのを契機に、石油より安価な石炭・天然ガス・原子力等で代替されたが、1980年から2000年の間、輸送用燃料は原油価格1バーレル 15ドル前後だったため代替燃料は採算が合わなかった。しかし、中国・インドでの自動車の普及・経済発展による輸送燃料需要の急増により、2005年から2008年にかけて原油価格が1バーレル150ドルに暴騰し、地球温暖化問題によるCO2削減要請の高まりもあって、近年低コスト輸送用バイオ燃料への投資が拡大して研究開発・実用化が大きく進展するかに見えたが、その後、原油価格が産油国の増産により2016年2月現在、1バーレル30ドル台まで下落し、オイルシェール、シェールガス等と共に採算が取れなくなっている。同年9月にICAO総会にて航空向けCO2排出量の削減に関する枠組みで合意がなされ、バイオ燃料への注目が集まった。バイオ燃料 フレッシュアイペディアより)

  • アーベルソン石

    アーベルソン石から見たオイルシェールオイルシェール

    アーベルソン石は、オイルシェールの破砕や屈曲の際に形成される二次鉱物である。この鉱物は、水溶液として岩石の形成帯に運ばれたクロロフィルa等のクロロフィルから続成作用によって形成されたと考えられている。アーベルソン石 フレッシュアイペディアより)

  • ノースダコタ州

    ノースダコタ州から見たオイルシェールオイルシェール

    最近の10年以上、全国平均よりも低い失業率、雇用数と人口の増大、および低い住宅空き家率と、経済的な好調を持続してきた。これには州西部のバッケン・オイルシェール田の開発が大きく貢献しているが、技術やサービス産業の成長も寄与してきた。2011年6月に起こった洪水によってマイノット市が大きな被害を被り、州都ビスマーク市も脅かされた。ノースダコタ州 フレッシュアイペディアより)

53件中 31 - 40件表示

「シェールガス」のニューストピックワード