前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
  • オイルシェール

    オイルシェールから見たロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルは、コロラドにおいて地中でシェール油を抽出する技術によって1バレル30ドル(190ドル/m3)を達成し、さらに一貫生産に切り替えれば1バレルが20ドルを割り込むと発表している。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たエクソンモービル

    第二次世界大戦後にも、エストニアと中国ではオイルシェールの利用が続けられた。しかし、オイルシェールの処理費用が高く、石油が安く入手できることから、大半の国では利用を断念した。1973年の第一次オイルショックの際に、オイルシェールの生産量は4600万トンのピークに達するが、1980年代以降は石油との競合により減少し、2000年の生産量は1600万トンに留まった。1982年5月2日、エクソンはコロラド州Parachute近郊に計画されたオイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たシェールガス

    頁岩(シェール)以外にも油母を含む岩石があり、これもオイルシェールに含める場合がある。また、油母は多くの場合複雑な有機化合物であり、固体状であるので、これを液状や気体に変えるには工業的な処理が必要である。そのため「オイルシェール(油分を含む頁岩)」、「シェールガス(頁岩由来ガス)」という用語は指し示す範囲が広く、この語を扱う場合にはそれが何を指しているのか十分に注意する必要がある。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たガソリン

    近代になっての利用は、1837年、フランスのオータンで始まり、それに続いてスコットランド、ドイツなどの数ヶ国でも行われた。19世紀には、もっぱらケロシン(灯油)、ランプオイル、ロウソクの生産に使われた。その時代背景として、産業革命により照明の需要が上がっていたことが挙げられる。それ以外に、燃料、潤滑油、硫酸アンモニウムの原料にもなった。オイルシェールは手軽に使えることもあって、第一次世界大戦前には大いに利用されたが、その後は自動車の大量生産に伴って、ガソリンに移行していった。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た第一次世界大戦

    近代になっての利用は、1837年、フランスのオータンで始まり、それに続いてスコットランド、ドイツなどの数ヶ国でも行われた。19世紀には、もっぱらケロシン(灯油)、ランプオイル、ロウソクの生産に使われた。その時代背景として、産業革命により照明の需要が上がっていたことが挙げられる。それ以外に、燃料、潤滑油、硫酸アンモニウムの原料にもなった。オイルシェールは手軽に使えることもあって、第一次世界大戦前には大いに利用されたが、その後は自動車の大量生産に伴って、ガソリンに移行していった。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た国際連合教育科学文化機関

    なお、オイルシェールに厳密な地質学的定義は無い。そのため、オイルシェールという名で呼ばれていても、油分の含有量、化学組成、年代、油母の種類、堆積年数にはかなりの差がある 。オイルシェールの鉱床の境は必ずしも明確ではなく、含まれている有機物の種類も一定でない場合が多い。例えばスコットランドのオイルシェールは、有機物を多く含む層と、あまり含まない層とが入り混じっている。経験則であるが、良質のオイルシェールはチョコレートのような茶色をしており、ハンマーで叩いた時に木のような音がする。油母は古代のさまざまな生物が変質したものである。例えば、藻、胞子、花粉、植物の表皮、草木のコルク質、水生生物の堆積物などである。化石を含む鉱床もある。ドイツのメッセル採掘場はユネスコの世界遺産に登録されているほどである。オイルシェールに含まれる鉱物は、微粒子ケイ酸塩や炭酸塩が多い。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たオイルショック

    第二次世界大戦後にも、エストニアと中国ではオイルシェールの利用が続けられた。しかし、オイルシェールの処理費用が高く、石油が安く入手できることから、大半の国では利用を断念した。1973年の第一次オイルショックの際に、オイルシェールの生産量は4600万トンのピークに達するが、1980年代以降は石油との競合により減少し、2000年の生産量は1600万トンに留まった。1982年5月2日、エクソンはコロラド州Parachute近郊に計画されたオイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た化学

    オイルシェール()、油母頁岩(ゆぼけつがん)、油頁岩(ゆけつがん)とは、油母 (ケロジェン、:en:kerogen) を多く含む岩石である。これらを化学処理して液状もしくはガス状炭化水素とすることができる。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た軽油

    オイルシェールから得られた油(シェール油)が原油の代わりとして何にでも使えるというわけではない。シェール油はオレフィンを多く含み、粘度が高く、酸素原子、窒素原子の含有率が高い。シェール油に含まれる硫黄は9.5重量パーセントであるのに対し、テキサス産の原油「ウェスト・テキサス・インターミディエイト」に含まれる硫黄は0.42%にすぎない。油に含まれる不純物が多いため、精製しなければ使えない。シェール油にはガソリンとして使える成分が少なく、中間留分であるケロシン、ジェット燃料、ディーゼル燃料などが取れるだけである。もっとも、近年はこれら中間留分に対する世界的な需要も増している。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た石炭

    オイルシェールは腐泥岩(:en:sapropel)の一種であり、有機物を多く含む堆積岩である。オイルサンドが油分を含むのに対し、オイルシェールに含まれる油母は地中での加熱や加圧が不十分なため、油分にまで分解していない。また、石炭に比べると有機物の含有率が低い。商業的に取引されているオイルシェールに含まれている有機物と無機物の比率は、0.75:5から1.5:5(つまり有機物の割合が13%から23%)である。また、原油中の有機物に含まれる水素原子は炭素原子の4?5倍あるのに対し、オイルシェール中の有機物の水素原子と炭素原子の比率は同じぐらいである。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示

「シェールガス」のニューストピックワード