2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
105件中 101 - 105件表示
  • オイルシェール

    オイルシェールから見たタンニン

    燃料以外に、オイルシェールは特殊な炭素繊維、活性炭、カーボンブラック、フェノール類、樹脂、接着剤、タンニン、ニス、アスファルト、セメント、レンガ、建築・装飾ブロック、土壌改質剤、肥料、ロックウール断熱材、ガラス工業、製薬にも使われる。ただし、これらの用途に使われるオイルシェールの量は、わずかである。さらには副産物として、硫黄、アンモニア、アルミナ、炭酸ナトリウム、ウラン、炭酸水素ナトリウムが得られる。1946?1952年、エストニアのシッラマエ (:en:Sillamäe) のDictyonema頁岩がウランの製造に使われた。また、1950?1989年、スウェーデンのミョウバン頁岩が同じ目的に使われた。また、天然ガスの代わりとしても期待されているが、2008年現在では、オイルシェールガスを採算が合うように作ることは不可能である。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たオレフィン

    オイルシェールから得られた油(シェール油)が原油の代わりとして何にでも使えるというわけではない。シェール油はオレフィンを多く含み、粘度が高く、酸素原子、窒素原子の含有率が高い。シェール油に含まれる硫黄は9.5重量パーセントであるのに対し、テキサス産の原油「ウェスト・テキサス・インターミディエイト」に含まれる硫黄は0.42%にすぎない。油に含まれる不純物が多いため、精製しなければ使えない。シェール油にはガソリンとして使える成分が少なく、中間留分であるケロシン、ジェット燃料、ディーゼル燃料などが取れるだけである。もっとも、近年はこれら中間留分に対する世界的な需要も増している。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たアンモニア

    燃料以外に、オイルシェールは特殊な炭素繊維、活性炭、カーボンブラック、フェノール類、樹脂、接着剤、タンニン、ニス、アスファルト、セメント、レンガ、建築・装飾ブロック、土壌改質剤、肥料、ロックウール断熱材、ガラス工業、製薬にも使われる。ただし、これらの用途に使われるオイルシェールの量は、わずかである。さらには副産物として、硫黄、アンモニア、アルミナ、炭酸ナトリウム、ウラン、炭酸水素ナトリウムが得られる。1946?1952年、エストニアのシッラマエ (:en:Sillamäe) のDictyonema頁岩がウランの製造に使われた。また、1950?1989年、スウェーデンのミョウバン頁岩が同じ目的に使われた。また、天然ガスの代わりとしても期待されているが、2008年現在では、オイルシェールガスを採算が合うように作ることは不可能である。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たセメント

    2008年現在、オイルシェールを工業的に利用しているのは、ブラジル、中国、エストニアが中心で、そのほかにドイツ、イスラエル、ロシアでも若干利用されている。この他の国でも、埋蔵量を調べたり、実験プラントを作ったりしている国もある。エストニア、ブラジル、中国では鉱物油を取るのに使われている。エストニア、中国、イスラエル、ドイツでは発電に使われている。エストニア、ドイツ、中国ではセメントの原料として使われている。中国、エストニア、ロシアでは化学工業に使われている。2005年には、エストニアは全世界の70%のオイルシェールを生産している。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たケロゲン

    オイルシェール()、油母頁岩(ゆぼけつがん)、油質頁岩(ゆしつけつがん)、油頁岩(ゆけつがん)とは、油母 (ケロジェン) を多く含む岩石である。これらを化学処理して液状もしくはガス状炭化水素とすることができる。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
105件中 101 - 105件表示

「シェールガス」のニューストピックワード