102件中 41 - 50件表示
  • オイルシェール

    オイルシェールから見た気体

    頁岩(シェール)以外にも油母を含む岩石があり、これもオイルシェールに含める場合がある。また、油母は多くの場合複雑な有機化合物であり、固体状であるので、これを液状や気体に変えるには工業的な処理が必要である。そのため「オイルシェール(油分を含む頁岩)」、「シェールガス(頁岩由来ガス)」という用語は指し示す範囲が広く、この語を扱う場合にはそれが何を指しているのか十分に注意する必要がある。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た活性炭

    燃料以外に、オイルシェールは特殊な炭素繊維、活性炭、カーボンブラック、フェノール類、樹脂、接着剤、タンニン、ニス、アスファルト、セメント、レンガ、建築・装飾ブロック、土壌改質剤、肥料、ロックウール断熱材、ガラス工業、製薬にも使われる。ただし、これらの用途に使われるオイルシェールの量は、わずかである。さらには副産物として、硫黄、アンモニア、アルミナ、炭酸ナトリウム、ウラン、炭酸水素ナトリウムが得られる。1946?1952年、エストニアのシッラマエ (:en:Sillamäe) のDictyonema頁岩がウランの製造に使われた。また、1950?1989年、スウェーデンのミョウバン頁岩が同じ目的に使われた。また、天然ガスの代わりとしても期待されているが、2008年現在では、シェールガスを採算が合うように作ることは不可能である。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たカーボンブラック

    燃料以外に、オイルシェールは特殊な炭素繊維、活性炭、カーボンブラック、フェノール類、樹脂、接着剤、タンニン、ニス、アスファルト、セメント、レンガ、建築・装飾ブロック、土壌改質剤、肥料、ロックウール断熱材、ガラス工業、製薬にも使われる。ただし、これらの用途に使われるオイルシェールの量は、わずかである。さらには副産物として、硫黄、アンモニア、アルミナ、炭酸ナトリウム、ウラン、炭酸水素ナトリウムが得られる。1946?1952年、エストニアのシッラマエ (:en:Sillamäe) のDictyonema頁岩がウランの製造に使われた。また、1950?1989年、スウェーデンのミョウバン頁岩が同じ目的に使われた。また、天然ガスの代わりとしても期待されているが、2008年現在では、シェールガスを採算が合うように作ることは不可能である。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た土地

    オイルシェールの採掘と処理は、土地利用、廃棄物処理、水利用、水質汚染、大気汚染などの環境問題を引き起こす可能性がある 。オイルシェールの工業的利用は、エストニア、中華人民共和国、ブラジルで盛んであり、ドイツ、イスラエル、ロシアでも実施されている。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たドイツ

    オイルシェールの採掘と処理は、土地利用、廃棄物処理、水利用、水質汚染、大気汚染などの環境問題を引き起こす可能性がある 。オイルシェールの工業的利用は、エストニア、中華人民共和国、ブラジルで盛んであり、ドイツ、イスラエル、ロシアでも実施されている。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た石油

    オイルシェールは石油の代替エネルギーとなりうる。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た可燃物

    油母を熱分解することで、合成石油にすることができる。すなわちオイルシェールを加熱すると、油の蒸気や可燃性のガス(オイルシェールガス。シェールガスとは異なる)が発生するので、これを回収して使用する。オイルシェールを発電や暖房目的で直接燃やすこともあり、化学産業の原料として使うこともある。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た

    近代になっての利用は、1837年、フランスのオータンで始まり、それに続いてスコットランド、ドイツなどの数ヶ国でも行われた。19世紀には、もっぱらケロシン(灯油)、ランプオイル、ロウソクの生産に使われた。その時代背景として、産業革命により照明の需要が上がっていたことが挙げられる。それ以外に、燃料、潤滑油、硫酸アンモニウムの原料にもなった。オイルシェールは手軽に使えることもあって、第一次世界大戦前には大いに利用されたが、その後は自動車の大量生産に伴って、ガソリンに移行していった。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た産業革命

    近代になっての利用は、1837年、フランスのオータンで始まり、それに続いてスコットランド、ドイツなどの数ヶ国でも行われた。19世紀には、もっぱらケロシン(灯油)、ランプオイル、ロウソクの生産に使われた。その時代背景として、産業革命により照明の需要が上がっていたことが挙げられる。それ以外に、燃料、潤滑油、硫酸アンモニウムの原料にもなった。オイルシェールは手軽に使えることもあって、第一次世界大戦前には大いに利用されたが、その後は自動車の大量生産に伴って、ガソリンに移行していった。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たブリトン

    人類は先史時代からオイルシェールをそのまま燃やせる燃料として使用してきた。また、鉄器時代のイギリスでは、オイルシェールを研磨して装飾具としても使用していた。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

102件中 41 - 50件表示

「シェールガス」のニューストピックワード