102件中 71 - 80件表示
  • オイルシェール

    オイルシェールから見た撫順市

    ン]]鉱床)、ブラジル(Irat層)、中国(茂名及び撫順鉱床)、ドイツ(Dotternhausen鉱床)の1880年から2000年までのオイルシェール生産量]]オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た地域熱供給

    オイルシェールは火力発電所の燃料として使用される。使い方は石炭と同じで、燃やした熱で蒸気タービンを回すというものである。その余熱をコジェネレーションや地域熱供給に利用することもある。エストニアにはかなり大規模なオイルシェール発電所(:en:Fossil fuel power plant)があり、2,967メガワットの能力を有する。その他、イスラエル(12.5MW)、中国(12MW)とドイツ(9.9MW)の発電所がある。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た潤滑油

    近代になっての利用は、1837年、フランスのオータンで始まり、それに続いてスコットランド、ドイツなどの数ヶ国でも行われた。19世紀には、もっぱらケロシン(灯油)、ランプオイル、ロウソクの生産に使われた。その時代背景として、産業革命により照明の需要が上がっていたことが挙げられる。それ以外に、燃料、潤滑油、硫酸アンモニウムの原料にもなった。オイルシェールは手軽に使えることもあって、第一次世界大戦前には大いに利用されたが、その後は自動車の大量生産に伴って、ガソリンに移行していった。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た生態系

    オイルシェール、シェールガス工業は、採掘地域の生態系にも悪影響を与える。まず燃焼と加熱で有害物質が発生する。さらに温室効果ガスも大量に発生する。その発生量は他の化石燃料よりも多い。一部マスコミは二酸化炭素の排出量が25%少ないと報道しているが、質量比較ではなく、単位熱量で換算すると石油や天然ガスより多い。そのため多くの科学者がオイルシェール、シェールガスの採掘と利用に反対している。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た岩石

    オイルシェール()、油母頁岩(ゆぼけつがん)、油頁岩(ゆけつがん)とは、油母 (ケロジェン、:en:kerogen) を多く含む岩石である。これらを化学処理して液状もしくはガス状炭化水素とすることができる。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た日本

    2012年10月日本においても、秋田県由利本荘市の鮎川油ガス田の地下約1800メートルの岩盤から、シェールオイルの試験採取に成功した。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た硫黄

    燃料以外に、オイルシェールは特殊な炭素繊維、活性炭、カーボンブラック、フェノール類、樹脂、接着剤、タンニン、ニス、アスファルト、セメント、レンガ、建築・装飾ブロック、土壌改質剤、肥料、ロックウール断熱材、ガラス工業、製薬にも使われる。ただし、これらの用途に使われるオイルシェールの量は、わずかである。さらには副産物として、硫黄、アンモニア、アルミナ、炭酸ナトリウム、ウラン、炭酸水素ナトリウムが得られる。1946?1952年、エストニアのシッラマエ (:en:Sillamäe) のDictyonema頁岩がウランの製造に使われた。また、1950?1989年、スウェーデンのミョウバン頁岩が同じ目的に使われた。また、天然ガスの代わりとしても期待されているが、2008年現在では、シェールガスを採算が合うように作ることは不可能である。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たグリーン川 (ユタ州)

    一部の評論家やアメリカ地質調査所は、オイルシェールの資源量 (resources) と埋蔵量 (reserves) とを区別している。「資源量」は埋蔵されるすべてのオイルシェール、「埋蔵量」はそのうち現在の技術で油分を抽出可能なオイルシェールと定義されている。抽出技術は年々進歩しているため、オイルシェールから抽出できる油の量はあくまでも推定でしかない 。オイルシェールは多くの国に埋蔵されているが、そのうち商業利用可能な規模のものを有するのは33か国に留まっている。調査が十分行われているのがアメリカ合衆国西部のグリーンリバー鉱床、オーストラリアのクイーンズランド鉱床、スウェーデン、エストニアの鉱脈、ヨルダンのEl-Lajjun鉱床、フランス、ドイツ、ブラジル、中国、ロシアの鉱脈である。これらの鉱床から得られるオイルシェール1トンにつき、40リットルのシェール油が取れると予想されている。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たアスファルト

    燃料以外に、オイルシェールは特殊な炭素繊維、活性炭、カーボンブラック、フェノール類、樹脂、接着剤、タンニン、ニス、アスファルト、セメント、レンガ、建築・装飾ブロック、土壌改質剤、肥料、ロックウール断熱材、ガラス工業、製薬にも使われる。ただし、これらの用途に使われるオイルシェールの量は、わずかである。さらには副産物として、硫黄、アンモニア、アルミナ、炭酸ナトリウム、ウラン、炭酸水素ナトリウムが得られる。1946?1952年、エストニアのシッラマエ (:en:Sillamäe) のDictyonema頁岩がウランの製造に使われた。また、1950?1989年、スウェーデンのミョウバン頁岩が同じ目的に使われた。また、天然ガスの代わりとしても期待されているが、2008年現在では、シェールガスを採算が合うように作ることは不可能である。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たオータン

    近代になっての利用は、1837年、フランスのオータンで始まり、それに続いてスコットランド、ドイツなどの数ヶ国でも行われた。19世紀には、もっぱらケロシン(灯油)、ランプオイル、ロウソクの生産に使われた。その時代背景として、産業革命により照明の需要が上がっていたことが挙げられる。それ以外に、燃料、潤滑油、硫酸アンモニウムの原料にもなった。オイルシェールは手軽に使えることもあって、第一次世界大戦前には大いに利用されたが、その後は自動車の大量生産に伴って、ガソリンに移行していった。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「シェールガス」のニューストピックワード