102件中 81 - 90件表示
  • オイルシェール

    オイルシェールから見た暖房

    油母を熱分解することで、合成石油にすることができる。すなわちオイルシェールを加熱すると、油の蒸気や可燃性のガス(オイルシェールガス。シェールガスとは異なる)が発生するので、これを回収して使用する。オイルシェールを発電や暖房目的で直接燃やすこともあり、化学産業の原料として使うこともある。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たロックウール

    燃料以外に、オイルシェールは特殊な炭素繊維、活性炭、カーボンブラック、フェノール類、樹脂、接着剤、タンニン、ニス、アスファルト、セメント、レンガ、建築・装飾ブロック、土壌改質剤、肥料、ロックウール断熱材、ガラス工業、製薬にも使われる。ただし、これらの用途に使われるオイルシェールの量は、わずかである。さらには副産物として、硫黄、アンモニア、アルミナ、炭酸ナトリウム、ウラン、炭酸水素ナトリウムが得られる。1946?1952年、エストニアのシッラマエ (:en:Sillamäe) のDictyonema頁岩がウランの製造に使われた。また、1950?1989年、スウェーデンのミョウバン頁岩が同じ目的に使われた。また、天然ガスの代わりとしても期待されているが、2008年現在では、シェールガスを採算が合うように作ることは不可能である。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たシンクタンク

    アメリカのシンクタンクランド研究所の調査によると、2005年のシェール油1バレルの製造コストは、採掘、蒸留、精製を含めて70?95米ドル(440?600ドル/m3)の間にある。この値は油母の品質や抽出率でも変わる。事業で採算が取れるようにするには、原油価格がこれよりも上がる必要がある。製造工程を一貫化することで、製造コストが原油価格を下回るという予想もある。この予想によると、生産量が5億バレル(79×106 m3)を超えた時点で、生産コストは35?70%削減するとされている。生産量が1日2万5000バレル(4.0×103 m3/d)ずつ毎年増えていったら、12年以内に1バレルあたり$35?48($220?300/m3) にまで価格が下がると予想されている。さらに10億バレル(4.0×103 m3/d)を超えると、1バレルあたり30?40ドル($190?250/m3)にまで価格が下がる。アメリカのオイルシェール産業を、オイルサンド産業と比較すると、アルバータタールサンド(:en:Athabasca Oil Sands)が2007年後半には1日100万バレル以上の原油を産出したのに対し、アメリカでオイルシェール産業を始めるには技術的にも経済的にも難しいのが現状であると説明されている。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た石油精製

    オイルシェールから得られた油(シェール油)が原油の代わりとして何にでも使えるというわけではない。シェール油はオレフィンを多く含み、粘度が高く、酸素原子、窒素原子の含有率が高い。シェール油に含まれる硫黄は9.5重量パーセントであるのに対し、テキサス産の原油「ウェスト・テキサス・インターミディエイト」に含まれる硫黄は0.42%にすぎない。油に含まれる不純物が多いため、精製しなければ使えない。シェール油にはガソリンとして使える成分が少なく、中間留分であるケロシン、ジェット燃料、ディーゼル燃料などが取れるだけである。もっとも、近年はこれら中間留分に対する世界的な需要も増している。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たネゲヴ

    現在の技術では、シェール油1バレルの生産には、1〜5バレルもの水が必要である。2007年のアメリカ合衆国土地管理局 (:en:Bureau of Land Management) による環境影響評価書 (:en:environmental impact statement) によると、露天掘りで1トンのオイルシェールを処理するのに、8〜38リットルほどの水が消費されると述べている。地中で処理する方法を使う場合には、その10分の1が必要と予想されている。水不足の土地に限って、オイルシェール産業を拡大する計画が持ち上がっている。例えば、アメリカ西部、あるいはイスラエルのネゲヴ砂漠などであるオイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た侵食

    オイルシェール、とりわけ坑道を使わず露天掘りする場合、環境に悪影響を及ぼす。急な採掘をしたり、地中で燃焼を行うことによって、有害物質(とりわけ重金属)を含んだ廃水が発生し、河川や地下水を汚染する。また、侵食、硫黄性ガス、粉塵による大気汚染も発生する。2002年のエストニアでは、大気汚染の97%、水質汚染の23%、汚染全体の86%が発電所から発生したものであり、それらの発電所は主な燃料としてオイルシェール、シェールガスを使っていた。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たスウェーデン

    一部の評論家やアメリカ地質調査所は、オイルシェールの資源量 (resources) と埋蔵量 (reserves) とを区別している。「資源量」は埋蔵されるすべてのオイルシェール、「埋蔵量」はそのうち現在の技術で油分を抽出可能なオイルシェールと定義されている。抽出技術は年々進歩しているため、オイルシェールから抽出できる油の量はあくまでも推定でしかない 。オイルシェールは多くの国に埋蔵されているが、そのうち商業利用可能な規模のものを有するのは33か国に留まっている。調査が十分行われているのがアメリカ合衆国西部のグリーンリバー鉱床、オーストラリアのクイーンズランド鉱床、スウェーデン、エストニアの鉱脈、ヨルダンのEl-Lajjun鉱床、フランス、ドイツ、ブラジル、中国、ロシアの鉱脈である。これらの鉱床から得られるオイルシェール1トンにつき、40リットルのシェール油が取れると予想されている。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た鉄器時代

    人類は先史時代からオイルシェールをそのまま燃やせる燃料として使用してきた。また、鉄器時代のイギリスでは、オイルシェールを研磨して装飾具としても使用していた。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た先史時代

    人類は先史時代からオイルシェールをそのまま燃やせる燃料として使用してきた。また、鉄器時代のイギリスでは、オイルシェールを研磨して装飾具としても使用していた。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た頁岩

    頁岩(シェール)以外にも油母を含む岩石があり、これもオイルシェールに含める場合がある。また、油母は多くの場合複雑な有機化合物であり、固体状であるので、これを液状や気体に変えるには工業的な処理が必要である。そのため「オイルシェール(油分を含む頁岩)」、「シェールガス(頁岩由来ガス)」という用語は指し示す範囲が広く、この語を扱う場合にはそれが何を指しているのか十分に注意する必要がある。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

102件中 81 - 90件表示

「シェールガス」のニューストピックワード