24件中 11 - 20件表示
  • G.I.ジョー (映画)

    G.I.ジョー (映画)から見たシエナ・ミラーシエナ・ミラー

    シエナ・ミラー:バロネス(日本語吹替:園崎未恵)G.I.ジョー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • マーロン・ウェイアンズ

    マーロン・ウェイアンズから見たシエナ・ミラーシエナ・ミラー

    1988年に兄であり映画監督のキーネン・アイヴォリーが監督した映画へ出演して映画デビュー。その後1992年から1993年にはジム・キャリーらと共にコメディ番組へ出演し、1995年から1998年には兄のショーンと共にシットコム『The Wayans Bros.』に出演して人気を博す。2000年に出演したジェニファー・コネリー共演の『レクイエム・フォー・ドリーム』ではシリアスな演技も披露した。同年、兄のショーンらと共同で脚本を書いた『最終絶叫計画』が大ヒット。その映画にはサブキャストとしてフラフラなマリファナ中毒の黒人青年をコミカルに演じており、アメリカ国内のみならず日本でも徐々に名前が知られ始める。その後も順調にキャリアを築いており、2004年にはコーエン兄弟の『レディ・キラーズ』へ出演し、トム・ハンクス率いる主要キャストの一人を演じた。大作アクション映画『G.I.ジョー』のプロモーションのために、2009年7月に来日。東京都江東区にあるららぽーと豊洲にて行われたジャパン・プレミアに監督のスティーヴン・ソマーズをはじめ、韓国俳優のイ・ビョンホンやシエナ・ミラーらと共にレッド・カーペットを歩いた。日本滞在中にはいくつかのwebサイトや雑誌のインタビューにも応じている。マーロン・ウェイアンズ フレッシュアイペディアより)

  • 第64回ゴールデングローブ賞

    第64回ゴールデングローブ賞から見たシエナ・ミラーシエナ・ミラー

    プレゼンターは、ティム・アレン、デヴィッド・アークエット、ドリュー・バリモア、ジェシカ・ビール、スティーヴ・カレル、ジョージ・クルーニー、ショーン・コムズ、デイン・クック、コートニー・コックス、ジーナ・デイヴィス、キャメロン・ディアス、ティナ・フェイ、ジェイミー・フォックス、ジェニファー・ガーナー、ヒュー・グラント、エイドリアン・グレニアー、ジェイク・ギレンホール、トム・ハンクス、サルマ・ハエック、ジェニファー・ラブ・ヒューイット、ダスティン・ホフマン、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジャイモン・フンスー、テレンス・ハワード、フェリシティ・ハフマン、ジェレミー・アイアンズ、エヴァ・ロンゴリア、ジェニファー・ロペス、シエナ・ミラー、サラ・ジェシカ・パーカー、ホアキン・フェニックス、チャーリー・シーン、デヴィッド・スペード、スティーブン・スピルバーグ、ジョン・ステイモス、ベン・スティラー、シャロン・ストーン、ヒラリー・スワンク、ジャスティン・ティンバーレイク、ナオミ・ワッツ、レイチェル・ワイズ、ヴァネッサ・ウィリアムス、リース・ウィザースプーン、ジェームズ・ウッズ、レネー・ゼルウィガー、「HEROES/ヒーローズ」のキャスト(アリ・ラーター、マシ・オカ、グレッグ・グランバーグ、エイドリアン・パスダー、ヘイデン・パネッティーア、センディル・ラママーシー、マイロ・ヴィンティミリア)1。(アルファベット順)第64回ゴールデングローブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 永島由子

    永島由子から見たシエナ・ミラーシエナ・ミラー

    アルフィー(ニッキー〈シエナ・ミラー〉)永島由子 フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・モス

    ケイト・モスから見たシエナ・ミラーシエナ・ミラー

    国際的なファッション・アイコンでもある。アメリカのファッション・インフル賞を始めとする多くの賞を獲得。21世紀初期には女優のシエナ・ミラーとともに“ボーホー・シック”の主な支持者の1人であった。『ヴァニティーフェア』2006年9月号のスタイル号の表紙を飾ることにもなった。近年、デニムカットオフのショーツ、HUNTERのラバーブーツ、UGGブーツ、バレエ・フラット、ヴィヴィアン・ウエストウッドのパイレーツブーツ、スキニージーンズ、チョッキ、アレキサンダー・マックイーンのスカルスカーフ、ルイ・ヴィトンのレオパードスカーフ、バレンシアガのハンドバッグとジーンズのハイウエストスタイルとウエストを固く縛っているベルトを敢えて緩めるスタイルを大衆化させた。ケイト・モス フレッシュアイペディアより)

  • 川庄美雪

    川庄美雪から見たシエナ・ミラーシエナ・ミラー

    レイヤー・ケーキ(タミー〈シエナ・ミラー〉)川庄美雪 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンラズベリー賞 最低助演女優賞

    ゴールデンラズベリー賞 最低助演女優賞から見たシエナ・ミラーシエナ・ミラー

    2009年 シエナ・ミラー - 『G.I.ジョー』ゴールデンラズベリー賞 最低助演女優賞 フレッシュアイペディアより)

  • ジェマ・アータートン

    ジェマ・アータートンから見たシエナ・ミラーシエナ・ミラー

    2007年に演劇学校在学中にテレビ映画『Capturing Mary』でデビューし、卒業前に『恋の骨折り損』で舞台デビューした。また、同年公開の『聖トリニアンズ女学院』でケリー・ジョーンズ役をシエナ・ミラーとオーディションで争い、ジェマがケリー役を得て、映画デビューした。ジェマ・アータートン フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンラズベリー賞

    ゴールデンラズベリー賞から見たシエナ・ミラーシエナ・ミラー

    最低助演女優賞: シエナ・ミラー (G.I.ジョー)ゴールデンラズベリー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 12月28日

    12月28日から見たシエナ・ミラーシエナ・ミラー

    1981年 - シエナ・ミラー、モデル、女優、ファッションデザイナー12月28日 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「シエナ・ミラー」のニューストピックワード