649件中 91 - 100件表示
  • マイク・マイヤーズ (左投手)

    マイク・マイヤーズ (左投手)から見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    2005年のシーズン終了と同時にまたもやフリーエージェントに。するとそこで手を出してきたのがヤンキース。ライバル球団であるレッドソックスの(左打の)主砲・デビッド・オルティーズを抑えるために2年契約を提示して獲得。は62試合で3.23という防御率を残したが、左打者に打たれるケースが目立つようになった。シーズンオフにメジャーリーグ代表として日米野球に参加したが、左打者である阿部慎之助にスリーランホームランを打たれている。翌8月にヤンキースから放出され、シカゴ・ホワイトソックスと契約した。マイク・マイヤーズ (左投手) フレッシュアイペディアより)

  • サウス・サイド・パーク

    サウス・サイド・パークから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1900年、シカゴ・ホワイトソックスオーナーのチャールズ・コミスキーによって、39番通りの北方に3軒目のサウス・サイド・パークが建設され、ホワイトソックスの本拠地として使用され始めた。1909年には火事のためスタンドが焼失したが、すぐに新しいスタンドが建設された。ホワイトソックスは1910年のシーズン半ばにより収容人数の多い新球場コミスキー・パークに移転するまでの間サウス・サイド・パークを本拠地にした。サウス・サイド・パーク フレッシュアイペディアより)

  • アール・ウェッブ

    アール・ウェッブから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1930年にレッドソックスで.323の打率を残す。翌シーズンは右翼手としてほぼフル出場し、打率.333と196安打、103打点を挙げる活躍をする。この年は67本の二塁打を打ち、1926年にジョージ・バーンズが記録したシーズン二塁打数のメジャーリーグ記録を更新する。しかしウェッブはレッドソックスにも長く居られず、翌1932年にはデトロイト・タイガースにトレードされ、1933年にシカゴ・ホワイトソックスでプレーしたのを最後に選手を引退した。アール・ウェッブ フレッシュアイペディアより)

  • ジム・モリス

    ジム・モリスから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    にミルウォーキー・ブルワーズにドラフト1巡目で入団したが、肩の故障のためメジャーに昇格することなく6月に解雇。翌9月にシカゴ・ホワイトソックスと契約するが1ヶ月で解雇され引退。ジム・モリス フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・フォッグ

    ジョシュ・フォッグから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    フロリダ大学出身。、シカゴ・ホワイトソックスからドラフト3巡目で指名され契約。9月2日にメジャーデビュー。シーズン後にピッツバーグ・パイレーツにトレードされた。から3年連続で2ケタ勝利を記録。ジョシュ・フォッグ フレッシュアイペディアより)

  • ロン・キトル

    ロン・キトルから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    鉄鋼所で働く労働者であったが、シカゴ・ホワイトソックスのマイナーに入団し、年間50本塁打を放ち、9月2日にメジャー初出場。初のフルシーズンとなったには145試合に出場し、打率こそ.254で、150三振を喫したが、35本塁打、100打点を記録し、オールスターにも出場。チームは、ワールドシリーズに出場した以来の地区優勝を果たし、キトルはア・リーグ新人王に選ばれた。ロン・キトル フレッシュアイペディアより)

  • J.P.リッチアーディ

    J.P.リッチアーディから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    2008年4月に、アレックス・リオスと6年総額6400万ドルで契約延長。翌2009年8月、打撃不振に陥っていたリオスをウェーバー公示し、シカゴ・ホワイトソックスに無償で譲渡した。リッチアーディは「経済状況がこの1年でがらりと変わってしまった」、「予算に柔軟性を持たせ、チームを前進させるため」と説明した。J.P.リッチアーディ フレッシュアイペディアより)

  • ディック・レーン

    ディック・レーンから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    ディック・レーン (野球) - 1949年にシカゴ・ホワイトソックスでプレーした野球選手。ディック・レーン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ヘンダーソン・ホワイトヘッド

    ジョン・ヘンダーソン・ホワイトヘッドから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    ジョン・ヘンダーソン・ホワイトヘッド(John Henderson Whitehead, 1909年4月27日 - 1964年10月20日)は、アメリカ合衆国の野球選手。1935年から1942年までメジャーリーグにて投手としてプレーした。彼はシカゴ・ホワイトソックスとセントルイス・ブラウンズに所属した。ジョン・ヘンダーソン・ホワイトヘッド フレッシュアイペディアより)

  • ロッキー・コラビト

    ロッキー・コラビトから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1951年のシーズン前にクリーブランド・インディアンスと契約。1955年9月10日に、インディアンスでメジャーデビューを果たした。1955年は、5試合に出場して打率.444という数字を記録した。1956年は、メジャー2年目にして21本塁打を記録。ルーキー・オブ・ザ・イヤーのタイトルこそ逃したものの、2位に付けた(1位は盗塁王のタイトルを獲得したシカゴ・ホワイトソックスのルイス・アパリシオ)。続く1957年は規定打席に到達。1958年は更に勢いを伸ばし、打率.303、41本塁打、113打点という素晴らしい成績を記録。MVP投票で3位に付けた(1位は打率.286、35本塁打、122打点を記録したボストン・レッドソックスのジャッキー・ジェンセン)。1959年6月10日には4打席連続本塁打を記録。この年は1958年並みの成績を残し、自身初の本塁打王を獲得。MVP投票でも4位に入っている(1位は打率.306、2本塁打、70打点を記録したホワイトソックスのネリー・フォックス。打撃成績を見るとMVPに相応しいと感じないが、1959年のフォックスは624打数でわずか13三振という少なさである)。ロッキー・コラビト フレッシュアイペディアより)

649件中 91 - 100件表示

「シカゴ・ホワイトソックス」のニューストピックワード