1091件中 11 - 20件表示
  • 1917年のメジャーリーグベースボール

    1917年のメジャーリーグベースボールから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1917年4月11日に開幕し10月15日に全日程を終え、ナショナルリーグはニューヨーク・ジャイアンツが4年ぶり8度目のリーグ優勝で、アメリカンリーグはシカゴ・ホワイトソックスが11年ぶり3度目のリーグ優勝を果たした。1917年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ヘクター・サンティアゴ

    ヘクター・サンティアゴから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    ヘクター・フェリペ・サンティアゴ(Hector Felipe Santiago, 1987年12月16日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク出身のプロ野球選手(投手)。左投右打。MLB・シカゴ・ホワイトソックス傘下。ヘクター・サンティアゴ フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・レッドソックス

    ボストン・レッドソックスから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1914年にベーブ・ルースを獲得。ルースは1915年に投手として18勝、打っては打率.314、4本塁打という活躍でチームのワールドシリーズ制覇に貢献。1916年も変わらぬ活躍で23勝、防御率1.75で最優秀防御率を獲得し、チームも2年連続でワールドシリーズ制覇を成し遂げる。1917年はシカゴ・ホワイトソックスにリーグ優勝を奪われるが、1918年に5度目のワールドシリーズ制覇を果たす。ベーブ・ルースもこの頃から打者に専念するようになり、この年には11本塁打、翌1919年にはそれまでの本塁打記録を大幅に塗り替える29本塁打を放ち、本塁打王に輝いている。ボストン・レッドソックス フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のワールドシリーズ

    2011年のワールドシリーズから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    MLBではにインターリーグが導入され、アメリカンリーグ所属球団とナショナルリーグ所属球団の対戦がレギュラーシーズン中も行われるようになった。だがこの両チームによる対戦はこれまで、レンジャーズの本拠地アメリクエスト・フィールド・イン・アーリントン(球場名は当時)で6月に3連戦が一度あったのみである。それはつまり、レンジャーズがミズーリ州セントルイスに遠征するのは今シリーズが球団史上初めて、ということを意味する。両チームとも他の28球団との対戦は最低でも6試合は経験しているのに、このカードだけは過去に3試合しかなかった。3試合というのはMLB全体でみても、ニューヨーク・メッツ対シカゴ・ホワイトソックスのカードと並んで最も少ない。2011年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 田澤純一

    田澤純一から見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    8月7日、DFAとなったジョン・スモルツに代わってメジャー初昇格。同日のニューヨーク・ヤンキース戦、延長14回0-0の場面でプルペンに残っていた最後の投手(8番手)としてメジャー初登板。最初に対戦した松井秀喜は中直に打ち取ったが、15回にアレックス・ロドリゲスにサヨナラ本塁打を打たれ敗戦投手となった。松坂大輔ら先発投手に故障者が相次いでいたこともあり、同月11日のデトロイト・タイガース戦でメジャー初先発。5回4安打3失点(自責1)に抑えてメジャー初勝利を挙げ、23歳66日での先発勝利は日本人メジャーリーガー最年少記録となった。同月22日にはヤンキース戦に先発し、6回無失点で2勝目をあげた。しかし、メジャー4度目の先発となった27日のシカゴ・ホワイトソックス戦で9失点と打ち込まれ、30日にロースター枠の都合でマイナー降格。9月1日にセプテンバーコールアップで再昇格したが、4日のホワイトソックス戦でリリーフ登板した際に股関節を痛め、60日故障者リストに掲載されてシーズンを終えた。シーズン通算で登板6試合(うち先発が4)、2勝3敗で防御率7.46、WHIP2.05という成績であった。田澤純一 フレッシュアイペディアより)

  • フェイ・ヴィンセント

    フェイ・ヴィンセントから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    委員会は同じ日に、従来のノーヒットノーランの定義を変更した。「少なくとも9回を投げ、なおかつ無安打に抑えたまま試合を終える」とした。このため、1990年8月1日にヤンキースのがシカゴ・ホワイトソックスを相手に8回を無安打に抑えながら4失点で敗戦投手となった試合を含め、それまで認められていた275試合のうち50試合(内訳:8回を無安打に抑えた38試合と9回を無安打に抑えたものの、延長戦に突入した後に安打を打たれた12試合)がノーヒットノーラン達成試合から除外されることになった。フェイ・ヴィンセント フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・リード

    ジェレミー・リードから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    に、ドラフト2巡目でシカゴ・ホワイトソックスから指名を受け、プロ入り。にマイナーリーグ(AA)で.407という高打率を記録。プロ3年目となる6月にトレードで移籍してシアトル・マリナーズでメジャーデビューを果たし、打率.397を残した。ジェレミー・リード フレッシュアイペディアより)

  • マット・パーク

    マット・パークから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    マシュー・テイラー・パーク(Matthew Taylor Purke , 1990年7月17日 - )は、アメリカ合衆国・テキサス州ハリス郡出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLB・シカゴ・ホワイトソックスに所属。マット・パーク フレッシュアイペディアより)

  • ノーラン・サンバーン

    ノーラン・サンバーンから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    ノーラン・リチャード・サンバーン(Nolan Richard Sanburn、1991年7月21日 - )は、アメリカ合衆国・インディアナ州コーコモー出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は、MLBのシカゴ・ホワイトソックス傘下に所属している。ノーラン・サンバーン フレッシュアイペディアより)

  • レッド・フェイバー

    レッド・フェイバーから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスで20年間活躍、通算254勝を挙げた。以降もスピットボールを公式に認められていた投手の一人であった。にアメリカ野球殿堂入りを果たした。レッド・フェイバー フレッシュアイペディアより)

1091件中 11 - 20件表示

「シカゴ・ホワイトソックス」のニューストピックワード