649件中 31 - 40件表示
  • フランシスコ・リリアーノ

    フランシスコ・リリアーノから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    は開幕から不安定な投球が続いたが、5月3日に敵地USセルラーフィールドで行われたシカゴ・ホワイトソックス戦で史上270人目となるノーヒットノーランを達成。投球内容はは打者30人に123球を投げて2三振、6与四球と荒れていたが、3併殺に打ち取り、味方の攻守に助けられての快挙となった。なお、リリアーノ自身はメジャー95試合目の先発で初完投・初完封となった。ツインズでの達成者は9月11日のアナハイム・エンゼルス戦で達成したエリック・ミルトン以来となった。フランシスコ・リリアーノ フレッシュアイペディアより)

  • ダヤン・ビシエド

    ダヤン・ビシエドから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    ダヤン・ビシエド・ペレス(Dayán Viciedo Pérez, 1989年3月10日 - )はMLBシカゴ・ホワイトソックス所属の三塁手。右投右打。キューバ、ビジャ・クラーラ州出身。ダヤン・ビシエド フレッシュアイペディアより)

  • コルビー・ルイス

    コルビー・ルイスから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    は傘下のAAA級トレドで24試合の登板で6勝7敗、防御率3.96、WHIP1.28の成績を残す。8月23日のシカゴ・ホワイトソックス戦で2年ぶりのメジャー登板を果たし、メジャーでは翌日の試合と合わせて2試合の登板に終わる。コルビー・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    2月18日 - 前ホワイトソックス・ケン・グリフィー・ジュニアがマリナーズと1年契約を交わし10年ぶりに同チームへ復帰。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • レイトン・パンギリナン

    レイトン・パンギリナンから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    レイトン・マイケル・パンギリオン(Leighton Michael Pangilinan , 1991年3月6日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のプロ野球選手。ポジションは一塁手。現在は、MLBのシカゴ・ホワイトソックス傘下に所属。レイトン・パンギリナン フレッシュアイペディアより)

  • 陳偉殷

    陳偉殷から見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    1月10日、ボルチモア・オリオールズと3年総額1200万ドル(4年目は年俸475万ドルの球団オプション)で契約を結んだ。4月10日のニューヨーク・ヤンキース戦でメジャー初先発するも、5回2/3を7安打、4失点で降板。17日のシカゴ・ホワイトソックス戦で、5回1/3を6安打、2失点の投球でメジャー初勝利を挙げる。5月10日のテキサス・レンジャーズ戦では元広島のコルビー・ルイスと投げ合い、7回2/3を6安打、2失点の投球で3勝目を挙げる。6月1日のタンパベイ・レイズ戦では、「あこがれの選手。全力で勝負したい」という松井秀喜と対戦するも、初回に松井から2点本塁打を打たれるなど初回だけで5失点を喫する。7月3日のシアトル・マリナーズ戦では白星はつかなかったもの、7回1死まで走者を出さない好投を見せ、イチローとの対戦でも3打数無安打に抑えた。前半戦は17試合の先発で7勝5敗、防御率3.93、WHIP1.27の成績で折り返し、29日のオークランド・アスレチックス戦では5回1/3を3安打、1失点、台湾人メジャーリーガー史上最多となる12奪三振を記録する好投で9勝目を挙げる。8月4日のレイズ戦では7回を5安打、無失点の好投で10勝目を挙げる。8月からは11試合の先発で防御率4.75、WHIP1.35と不調に陥るも、チーム最多の12勝を挙げた。陳偉殷 フレッシュアイペディアより)

  • 1959年の野球

    1959年の野球から見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    ロサンゼルス・ドジャース(ナ・リーグ) (4勝2敗) シカゴ・ホワイトソックス(ア・リーグ)1959年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • タイラー・フラワーズ

    タイラー・フラワーズから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    コール・タイラー・フラワーズ(Cole Tyler Flowers, 1986年1月24日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州出身の野球選手(捕手)。右投右打。MLBのシカゴ・ホワイトソックスに所属している。タイラー・フラワーズ フレッシュアイペディアより)

  • フレディ・ガルシア

    フレディ・ガルシアから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    にヒューストン・アストロズと契約しプロ入り。、ランディ・ジョンソンとのトレードでカルロス・ギーエンらとともにシアトル・マリナーズへ移籍。4月7日のホワイトソックス戦でメジャーデビューし初勝利を挙げると、シーズンで17勝8敗・防御率4.07という成績を残し、新人王投票でカルロス・ベルトラン(ロイヤルズ=当時)に次ぐ2位となった。フレディ・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・カブレラ

    ダニエル・カブレラから見たシカゴ・ホワイトソックスシカゴ・ホワイトソックス

    5月13日、対シカゴ・ホワイトソックス戦(ダブルヘッダー第1試合)においてメジャーデビューを果たす。エリック・デュボーズら先発ローテーションの若手4投手が不調に陥っていた当時のオリオールズにおいて、デビュー戦から2連勝を記録したカブレラは「救世主的な存在になる」と期待された。結局この年はチーム2位の12勝を挙げたが、防御率は5.00、与四球89はリーグワースト3位だった。翌は、2年連続となる2桁勝利を挙げ防御率を4点台に向上させるなどの活躍を見せたが、1年目と同じように四球の多さが目立った。ダニエル・カブレラ フレッシュアイペディアより)

649件中 31 - 40件表示

「シカゴ・ホワイトソックス」のニューストピックワード